ブログトップ | ログイン

HOME TOWN STORE River Side

futakohts.exblog.jp

NEW : RED WING x Nigel Cabourn [MUNSON B-5 CHUKKA] #4632 & #4633 2017FW !!


RIVER SIDERの皆様、
本日は、早く皆様にご紹介したかった[スペシャル]なコラボレーションのブーツをご覧頂きたいと思います!!

*ヨーロッパを中心としたミリタリーウェアの歴史を追求し、
それらをベースにしたウェアを展開する[Nigel Cabourn]と、
アメリカで110 年以上もの間、伝統に基づくワークブーツを造り続けている[RED WING]、
2012年以来2度目となるコラボレーションブーツ、[MUNSON B-5 CHUKKA]です!!

*[第一次世界大戦時]に英国軍のコンバットブーツとして造られていた[B-5ブーツ]に着想を得て[マ作られた[マンソンB-5 チャッカ]は、[B-5ブーツ]と同時代にアメリカ軍で使われたミリタリーラストである[マンソン・ラスト]を用い、[B-5 ブーツ]同様、先芯を使わない仕様とし、その時代にアメリカのワークブーツの主流であったつま先のスタイル、[キャップドトゥ]を採用したチャッカブーツです!!

*素材には、[ラフアウトレザー]にオイルを染み込ませた[Hawthorne ”Muleskinner” Roughout]と、ブラウンの上からブラックの塗膜を施した[茶芯]レザー、[Black “Klondike"]の2種類のレザーを使用しています!

*コンバットブーツのティテールを持った[Nigel]らしい[チャッカブーツ]、[MUNSON B-5 CHUKKA]、5年振りの[Nigel]と[RED WING]の夢のコラボレーションです!!

*今回はかなり説明文が多くなっていますので、飛ばし読みで結構です!(笑)
それでは、どうぞご覧ください!!



a0132147_16544143.jpg

RED WING x Nigel Cabourn [MUNSON B-5 CHUKKA]
手前から : #4632 Hawthorne ”Muleskinner” Roughout
#4633 Black “Klondike"

各¥55,000+tax

------------------------------------------------------------------


a0132147_16545127.jpg

RED WING x Nigel Cabourn [MUNSON B-5 CHUKKA]
#4632 Hawthorne ”Muleskinner” Roughout

¥55,000+tax


*[RED WING]と[Nigel Cabourn]との5年ぶりのコラボレーションとなる第二弾は、[第一次世界大戦時]に英国軍のコンバットブーツとして作られていた[B-5 ブーツ]に着想を得て、それに両ブランドのテイストを加えてチャッカブーツに仕上げた、 [MUNSON B-5 CHUKKA]です!!


a0132147_16545949.jpg

*英国軍の[B-5 ブーツ]を、チャッカブーツに仕上げるに当り、[RED WING]と[Nigel]は、この英国軍ブーツと同時代にアメリカ軍で使われたミリタリーラストである[マンソン・ラスト]を用い、[B-5 ブーツ]同様、先芯を使わない仕様とし、その時代にアメリカのワークブーツの主流であったつま先のスタイル、[キャップドトゥ]を採用しました。



a0132147_1655993.jpg

*[マンソン・ラスト]は本来つま先の高さがあるタイプのラストですが、先芯を使わずに仕上げたことで、
そのボリューム感は控えめで、また履きこむと少しずつつま先が低くなってきます!


a0132147_16551736.jpg

*アッパーステッチのグリーン系の色に合わせた[ローデングリーン]のレザー・レース(靴紐)。
蝋引きの[ブラウン]の丸紐も付属します。


a0132147_16552558.jpg

*履き口の[コバ]はB-5 ブーツと同様の[切りっぱなし]で仕上げています。


a0132147_16553528.jpg

*ウエルトには[スプリットリバース・ウエルト]と呼ばれる、いわゆる[立ちコバ]を使い、
靴の全周をぐるりとソールに縫い付ける[オールアラウンド・グッドイヤー製法]とし、[コバ]をステインで染めて仕上げました。


a0132147_1655442.jpg

*[アウトポケット]を[RED WING]社が100年近く使い続けている[ピューリタン・ミシン]を使って[トリプルステッチ]で縫いつける仕様としました。
ブーツを縫い合わせるステッチの色は、[グリーン]ですが、一見それとは分からない程レザーと一体化した自然な仕上がりです。


a0132147_16555796.jpg

*後ろから見ると、[トリプルステッチ]の迫力が際立ちますね!
勿論、耐久性もアップします。


a0132147_1656429.jpg

*クロコードソール
[クロコードソール]は、オハイオ州の[リマ・コード・ソール&ヒール]社が、1920年代に[REDWING]社の為に発売したラバー製のソールです。

コード(紐)の切れ端をラバーに混ぜて成形し、すべりを防いだ事で、ワークの現場やハンティングのフィールドで、靴の性能を大きく高め、[REDWING]の売り上げに大きく貢献しました!

*この[クロコードソール]は、1920年代に主流であった[トレッドパターン]を取り入れ、レザーソールにラバーを組み合わせたソールに仕上げられています。



a0132147_16561234.jpg

*ここで、このブーツに使用されているレザー、[Hawthorn ”Muleskinner” Roughout](ホーソーン"ミュールスキナー"ラフアウト)についてご説明させて頂きます・・・!!

*一見すると普通のいわゆる[スエード]に見えますが、作りは全く異なります!!
多くのシューズメーカーでは、スエードの靴に、一枚革を二枚に薄くスライスし、内側の起毛面のみを使いますが、[RED WING]では、厚手の革をそっくり裏返しにして革の[銀面]を内側に、床面を表にした[ラフアウト]レザーを使用します!!
密な繊維層を持つ[銀面]をそのまま残す為、驚く程頑丈なブーツとなるのです。
単なるスエードとは(失礼!)一線を画す、粗削りな独特の風合いが特徴です。

*[REDWING]では、この[ラフアウト]レザーの事を[アビレーン]と呼んでいます。
[アビレーン]とは、かつて荒くれ者が集う町として名高かったテキサスにある町の名前から取られています。
なんとなく雰囲気が伝わって面白いですね!!

*[アビレーン]にオイルを染み込ませ、深みのある色合いとしっとりとした表情を持たせたのが[Hawthorn ”Muleskinner” Roughout]です!

*このベージュ色の[ラフアウト]レザーは、汚れを気にせず(既に汚してありますが…)ガンガン履き込んで頂いた方が、このレザーの持つ魅力が増します!!


------------------------------------------------------------------


a0132147_16562497.jpg

RED WING x Nigel Cabourn [MUNSON B-5 CHUKKA]
#4633 Black “Klondike"

¥55,000+tax


a0132147_16563216.jpg

*このブーツに使用されているレザー、[Black "Klondike"]
(ブラック"クローンダイク")についてもご説明させて頂きます・・・!!

*かつて[REDWING]のブーツレザー[ブラッククローム]は、革の芯まで黒色に染まった[芯通し]の革ではなく、芯が[茶色]の時期がありました。
これは[茶色]と[黒]2色のブーツを作る際、同じ茶色の[クラスト](2次鞣しを終えた最終仕上げ工程直前の革)を使用する事で生産効率を高め、在庫リスクを抑える目的でした。
この芯が[茶色]の[黒]の革は、表面の黒い塗膜が剥がれると[茶色]い下地が出てくる為、ブーツを長年履き込むと、黒かったブーツが徐々に茶色味を帯びてくるという性質を持っていました。

*80年代に入り、環境保護への関心が高まり、[有機溶剤型塗料]による環境への影響が懸念されるようになると、[REDWING]でも徐々に[水性塗料]へと移行していく事になりました。
しかし、オイルをふんだんに含ませた革は、[水性塗料]との相性が良くありません・・・!!
[塗膜]が銀面にしっかりと食いつきにくく、[茶色]の革を[黒]に塗りつぶす事が難しくなりました。
[茶色]の革の需要も減少し、染色技術の向上も伴い、徐々に[黒]の革には[黒のクラスト]を使用する様になりました。

*革の芯まで黒色に染まった[芯通し]の革(現在のブラック"クローム"レザー)は表面の[塗膜]が剥がれたり傷ついたりしても[黒色の下地]しか出てこない為、長年は履き込んでも購入当初の[真っ黒]の状態が保たれます。
これは時代の進化なのですが、逆に昔の革の味わいを楽しもうというのが、[Black "Klondike"]レザーなのです!!

*[Black "Klondike"](ブラック"クローンダイク")は、芯が[茶色]の頃の[ブラッククローム]レザーを再現したものです。ブーツマニアの間で、通称[茶芯]と呼ばれる稀少なこのレザーを蘇らせる為の[REDWING]の苦労は大変なものでした。環境保護基準の改訂により、当時と同じ塗料は使用出来ない為、度重なるサンプルを経てようやく当時の雰囲気を再現する事に成功しました!!

*履きはじめの頃は硬く感じますが、革の表面が擦れたりして色落ちし、下地の[茶色]がうっすらと見えてきます。
これが良い[味]となり、新品の状態よりブーツを更に魅力的なものにしていきます。
リペアしながら長く履き続ける事の出来る、[REDWING]ならではの経年変化を存分にお楽しみ下さい!!



a0132147_1656399.jpg

a0132147_16564725.jpg

*最後に、このブーツに使用されている靴型(ラスト)、
[MUNSON LAST]についてご説明させて頂きます!!

*1912年、マンソン博士がワシントンの陸軍学校の軍隊衛生学の教授であった時、
歩兵部隊用ブーツの為に開発したラストが[MUNSON LAST](マンソン・ラスト)です。

彼は4 年の歳月をかけて、約2,000 人もの兵士の足を調べ、靴のフィッティングについて調査して、この[マンソン・ラスト]を完成させました。
その後ミリタリーブーツのラストとして制式採用され続け、
現在でも一部のミリタリーブーツに使用されています。

*[マンソン・ラスト]の最大の特徴は、足の指先の並びに沿うように造られたつま先部の形状にあります。
つま先部の中心から親指にかけて大きく膨らむように造られたこのラストは、
足先を強く締め付けることがありません。
[外反母趾]や[ハンマートゥ]といった、靴が足に正しくフィットしていないことが
原因となる病気が起こりにくい設計となっています。

*また、つま先のデッドスペースを無くすことで、ソールや中底、
アッパーレザー等の浪費を防ぎ、靴を軽量化することも考慮してデザインされています。
このように、[マンソン・ラスト]は見た目の美しさよりも兵士達の足を守ることと、
戦場で求められる機能性を追求してつくられたラストです。

*第一次、第二次の両世界大戦期にミリタリーブーツを製造していた[REDWING]は、
この[マンソン・ラスト]をワークブーツにも採用していました。
[ワークブーツ]と[ミリタリーブーツ]はどちらも耐久性、機能性に加え足を保護することを重視してつくられています。
その為、ミリタリーブーツ用の[マンソン・ラスト]は、ワーカー達にも広く受け入れられたのです。
1928 年のレッド・ウィングのカタログに掲載されているワークブーツは、
その半数以上が[マンソン・ラスト]で作られていました。


------------------------------------------------------------------


*RED WING x Nigel Cabourn [MUNSON B-5 CHUKKA] #4632 Hawthorne ”Muleskinner” Roughout & #4633 Black “Klondike” 2017FW、如何でしたでしょうか?

*他ブランドとのコラボレーションを滅多にしないブランドとして知られる [RED WING]、それぞれのブランドのアイデンティティをひとつの商品に体現するのは、簡単なことではないと考えているからです!
今回のコラボレーションは、お互いがその道のスペシャリストとして妥協の無い活動を行っており、理解し合い、リスペクトし合うからこそ実現したのです!!

是非店頭で実際にその完成度の高さをご覧ください!!


*最後にお知らせです!!
[BLOG]掲載の商品の通販を承ります!!
[銀行振り込み]、もしくは佐川急便[eコレクト]の代引き(現金のみ)でお支払い頂けます。
過去のBLOG掲載品も在庫している場合がございますので、[メール]、もしくは[電話]にてお気軽にお問い合わせ下さい!



HOME TOWN STORE River Side
TEL : 03-3707-7717
mail : hts-rs@excite.co.jp


*[twitter]でも随時最新入荷情報をつぶやいております!!
[BLOG]の更新情報もお知らせしておりますので、
フォローどうぞよろしくお願い致します!!

ユーザー名[hts_rs]です!!
[Instagram]も同じユーザー名です!
こちらも合わせてよろしくお願い致します!!


上の写真をクリック後、更に[hts_rs]のアイコンをクリックして頂ければ、
[RIVER SIDE]の[instagram]をご覧頂けます。



本日も、最後までお読み頂きまして、ありがとうございました。
感謝!


それでは、ご来店を心よりお待ちしております!!
# by hts-rs | 2017-11-10 17:06 | Nigel Cabourn

NEW : FINE CREEK LEATHERS [HORSEHIDE JACKET] “LEVI’S 1st、2nd、LEE 1st Type” 2017FW !!


RIVER SIDERの皆様、
本日は、
昨年、一昨年に渡り大好評頂いてきた[HIGH LARGE LEATHERS]の山崎氏が、この秋新たに立ち上げたブランド、[FINE CREEK LEATHERS](ファインクリークレザーズ)の[HORSEHIDE JACKET]をご紹介させて頂きます!!

*[名前]以外は[ハイラージ]と変わらぬデザイン、変わらぬ縫製、変わらぬ素材で、抜群の経年変化を見せる素晴らしい[レザージャケット]としてこの秋も入荷が始まっております!!

*作業着として生まれた[ワークウエア]と、飛行機の搭乗員達を守る防護服として生まれた[レザージャケット]、この2つのプロダクトを融合させて誕生した、[FINE CREEK LEATHERS]の [HORSEHIDE JACKET]!!

*幾つものサンプルを解体し、パターンを分析しながら作り上げたこの、[ワークウエアのディテールを持ったレザージャケット]は、[フルベジタブルタンニン鞣し]、[アニリン仕上げ]の[1.2mm厚のホースハイド]で作られています!!

*[馬革]の持つ魅力を最大限に生かす為にこだわり抜いた[鞣し]や[仕上げ]、[縫製]技術の素晴らしさをじっくりとご堪能頂ける仕上がりと、着た瞬間から刻々と着る人の体に馴染み、[劇的]な味わい深い変化を遂げるこのレザージャケットは、私達を魅了する、大きな魅力を持っています!!


*お陰様で今シーズンも絶大な支持を集め、相変わらずの品薄状態!
現在、新旧ブランドネームが混在する状況ですが、もちろん品質の高さに変わりありません!!


それでは、どうぞじっくりとご覧ください!!


a0132147_18441719.jpg

FINE CREEK LEATHERS
[Richmond]
LEVI’S 1st Type

color : Black
¥125,000+tax

*[LEVI’S 1st Type]のワークジャケットをベースにした“Richmond”です!!


a0132147_18442385.jpg

*[HORSEHIDE]の魅力を最大限に引き出す、手間と時間をかけた[フルベジタブルタンニン鞣し]、[アニリン仕上げ]。
*[1.2mm]の厚みは、存在感を持ちながらも、日常使いとしても、バイカーの皆様にも、体を動かしやすく、非常に使いやすい厚さです。
鎧の様に硬くて重い[HORSEHIDE]とは一線を画します!!


a0132147_18443117.jpg

*レザーが本来持つ[キズ]や[シボ]、[血管]、[毛穴]の跡等をそのまま生かした仕上げをしている為、パーツによって革の表情は様々です。
その表情は2つとして同じものはありません!!


a0132147_18443850.jpg

*革の内部までは色が入らない染色方法、通称[茶芯]レザーで染められていますので、表面にキズが付くと[黒]の下から中の[茶色]が見えてきます。(それもこのジャケットの大きな魅力の一つです!!)
その時にも違和感無く馴染む様に、縫い糸はあえて[茶色]になっています。


a0132147_18444535.jpg

*裏地の付け方にも[フライトジャケット]を感じさせます!


a0132147_18445261.jpg

*袖口のボタンの位置も正確に再現、リベットも付いています。


a0132147_1845234.jpg

*後ろ姿です。


a0132147_184588.jpg

[尾錠]の作りにもご注目下さい!



*ここで[フルベジタブルタンニン鞣し]について、
ご説明させて頂きます・・・!!

*[フルベジタブルタンニン鞣し]とは、
化学薬品で処理される[クロム鞣し]に対し、[植物性タンニンのみ](植物性に合成のタンニンを混ぜる方法もありますが、ここでは植物性タンニンだけを使用しています)を使って鞣される製法を言います。
何十工程にも及ぶ非常に手間や時間がかかり、生産効率の悪い生産方法ですが、丈夫でハリとコシのあるしっかりとした革になります。
脂分を吸収しやすい特徴がある為、使い込む程に革本来の持つ経年変化を存分に楽しむ事が出来ます!!



*[アニリン仕上げ]について、ご説明させて頂きます・・!!

*[アニリン]とは、[塗料]の一種で、皮革の仕上げに[アニリン染料]を用いる手法を[アニリン仕上げ]と言います。
この手法を用いると、[アニリン]によって透明な塗料の膜ができる為、革の持つ表情や質感を最大限に活かす事が出来ます。

*ちなみに[染料]ではなく、[顔料]を使用すると、上から[ペンキ]を塗った様な仕上がりになり、革の持つ表情は消えてしまいます。


------------------------------------------------------------------


a0132147_18451875.jpg

FINE CREEK LEATHERS
[Richmond]
LEVI’S 1st Type

color : Brown
¥125,000+tax

*[茶のホースハイド]に[茶の裏地]、[A-2]を強く意識させる[Brown]は、
[RIVER SIDE]おすすめのカラーです!!
[BLACK]よりもカジュアルなウエアと馴染みやすいカラーなのでハードになりすぎずコーディネートもし易いです!
ワークウエアとフライトジャケットの融合を実感できる色です!!



a0132147_18452431.jpg

FINE CREEK LEATHERS
[Richmond]
LEVI’S 1st Type [Aging Sample]

color : Brown

* [Richmond] Brownの[エイジングサンプル]です!!
着る度にシワが入り、革が柔らかく馴染み、刻々と着る人の体型にフィットしてくるのが実感できます!!
革の表面の艶も取れ、[つや消し]の質感に変化していきます。


------------------------------------------------------------------


a0132147_18453594.jpg

FINE CREEK LEATHERS
[Virginia Beach]
LEVI’S 2nd Type

color : Black
¥125,000+tax

*こちらは[LEVI’S 2nd Type]のワークジャケットをベースにした“Virginia Beach”です!!

*[HIGH LARGE LEATHERS]の全てのホースハイドジャケットは、往年のワークジャケットのディテールを再現しつつ、パターンを見直し、現代に合った絶妙なシルエットで作られていますので、[Vintage]の様に、着丈が短すぎたり身幅が広すぎる事はありません。



a0132147_18454174.jpg

FINE CREEK LEATHERS
[Virginia Beach]
LEVI’S 2nd Type [Aging Sample]

color : Black

*[Virginia Beach] Blackのエイジングサンプルです!
恐ろしい程の迫力に仕上がっています!!


a0132147_18455020.jpg


*こちらは[新品]のバックスタイルです。
[2nd]には当然[尾錠]がありません!


------------------------------------------------------------------


a0132147_18455862.jpg

FINE CREEK LEATHERS
[Virginia Beach]
LEVI’S 2nd Type

color : Brown
¥125,000+tax

*どのモデルを選ぶか、どのカラーにするか、実に悩ましい選択ですが、
既に2着目、3着目のお客様もいらっしゃいます!!
1着に絞るのは難しいですね…!!


------------------------------------------------------------------


a0132147_1846544.jpg

FINE CREEK LEATHERS
[Lynchburg]
LEE 1st Type

color : Black
¥125,000+tax


a0132147_18464422.jpg

*こちらは[LEE 1st Type]のワークジャケットをベースにした“Lynchburg”です!!
[LEVI’S 1st Type]よりも古い時代のジャケットで、ラウンドしたフラップポケットが大きな特徴です!


------------------------------------------------------------------


*ここからは、もしも[FINE CREEK LEATHERS]が物資統制が行われた大戦時に存在していたら・・・フラップ、ステッチなどの簡素化を余儀なくされ、さらには着色剤も規制されていたに違いない、という仮定に基づいて作られた[WW II]モデルは、2つの品番がございます!
いずれもカラーは[Tannd](タン)のみです!



a0132147_18471370.jpg

FINE CREEK LEATHERS
[Richmond WW ll]
LEVI’S 1st Type

color : Taned
¥125,000+tax

*経年変化の過程を存分に楽しんで頂けるのがこの[Tanned](ヌメ革)モデルです!!
新品の時はまさに[肌色]で、触るのもはばかられる程に繊細ですが、はじめに日光に数日当て、[日焼け]させてから着込むのがおすすめです。
更に日光浴、オイルの塗布(マスタングペーストがおすすめです!)、着込む事を繰り返す事で美しい[アメ色]に変化してくれます!!



a0132147_18473277.jpg

------------------------------------------------------------------


a0132147_184756100.jpg

FINE CREEK LEATHERS
[Lynchburg WW ll]
LEE 1st Type

color : Taned
¥125,000+tax


a0132147_18481541.jpg

FINE CREEK LEATHERS
[Lynchburg WW ll]
LEE 1st Type [Aging Sample]

color : Taned

*あれほどに薄かった[肌色]から、ここまで変化します!
はじめの内は気遣いが必要ですが、色が濃くなる程に汚れも付きにくく、多少の汚れは目立たなくなってきます。


a0132147_18484150.jpg

*[新品]の後ろ姿もご覧ください!!



------------------------------------------------------------------


*FINE CREEK LEATHERS [HORSEHIDE JACKET] “LEVI’S 1st、2nd、LEE 1st Type” 2017FW、
如何でしたでしょうか?

*数あるレザージャケットのブランドの中でも[ワークウエア]のデザインと[馬革]に拘り続けるのは[FINE CREEK LEATHERS]のみです!

*ともするとハードになりすぎてしまうレザージャケットを、デイリーウエアと自然にコーディネートできる、往年の[デニムジャケット]の完成されたデザインで作りあげた[FINE CREEK LEATHERS]の[HORSEHIDE JACKET]は、他ブランドのレザーとは一線を画します!


*[RIVER SIDER]の皆様に、是非日常的に[馬革]の良さを楽しんで頂きたい、自信を持っておすすめできるレザージャケット、それがこの[FINE CREEK LEATHERS]です!!


*最後にお知らせです!!
[BLOG]掲載の商品の通販を承ります!!
[銀行振り込み]、もしくは佐川急便[eコレクト]の代引き(現金のみ)でお支払い頂けます。
過去のBLOG掲載品も在庫している場合がございますので、[メール]、もしくは[電話]にてお気軽にお問い合わせ下さい!



HOME TOWN STORE River Side
TEL : 03-3707-7717
mail : hts-rs@excite.co.jp


*[twitter]でも随時最新入荷情報をつぶやいております!!
[BLOG]の更新情報もお知らせしておりますので、
フォローどうぞよろしくお願い致します!!

ユーザー名[hts_rs]です!!
[Instagram]も同じユーザー名です!
こちらも合わせてよろしくお願い致します!!


上の写真をクリック後、更に[hts_rs]のアイコンをクリックして頂ければ、
[RIVER SIDE]の[instagram]をご覧頂けます!



本日も、最後までお読み頂きまして、ありがとうございました。
感謝!


それでは、ご来店を心よりお待ちしております!!

# by hts-rs | 2017-11-06 19:43 | FINE CREEK LEATHERS

NEW : JELADO “VINTAGE COLLECTION” [Mountain Pass Jacket V/F] 2017 WINTER !!


RIVER SIDERの皆様、
雨ばかりの10月が終わり、早くも11月になりました!!
今年はRIVER SIDE初登場の[Made in UK]の[Nigel]や、[JELADO]の[アラスカジャン]、恒例の[ガンジーセーター]、[Pledleton]のボードシャツ、[Stevenson]の[ウールシャツ]や[ベトジャン]、[REDWING]の[先芯なし]の店舗限定モデル、もちろん[水沢ダウン]や[FINE CREEK LEATERS]も大好評発売中!…その他にもおすすめしたいアイテムがたっぷりと揃っております!!

そんな数あるおすすめアイテムの中から、本日は[JELADO]のブランケット付きジャケット、[Mountain Pass Jacket V/F] をご紹介させて頂きます!!

*[Lee]の名品[STORM RIDER]をベースに作られたこのジャケットは、素材にキャメルカラーの[ダック]生地を使用し、裏には [ブランケット]を張り、保温性を高めています!

*更に[ウォッシュ加工]を施し、全体に擦れ感を出して何年も着込んだかの様な雰囲気に仕上げられ、シルエットはビンテージの風情を残しつつスッキリと、着丈は長くなりすぎない絶妙のバランスに作られています!
新品ながら雰囲気抜群の仕上がりで是非とも皆様におすすめしたいジャケットです!!!


それでは、どうぞじっくりとご覧ください!!


a0132147_16185973.jpg

JELADO "THE CENTURIAL HISTORY OF JELADO”
VINTAGE COLLECTION [Mountain Pass Jacket V/F]

color : Camel
¥39,800+tax


a0132147_1619644.jpg

*過酷な環境の中で山を越えるカウボーイをイメージして作られた[Mountain Pass Jacket ]です!!

*素材はキャメルカラーの[ダック](コットンキャンバス)生地を使用し、裏地には気温の変化に対応する[ブランケット]を張っています。
デザインベースは[LEE]の名作ジャケット[101LJ] Storm Riderです!!
[Storm Rider]をブラウンダックで作ったらここまで格好良くなるのか!!
…という目からウロコの感動の仕上がりです!


a0132147_1619127.jpg

*今回ご紹介させて頂く"THE CENTURIAL HISTORY OF JELADO"は、
JELADO100年の歴史という架空の設定で、この100年間のアメリカンクロージングをJELADOらしく追及したシリーズで、中でも[VINTAGE COLLECTION]は100年の歴史の中、アイテムが現代まで生き残ったビンテージという設定で表現されています。
時代を超えて現代まで生き残ったビンテージをよりリアルに表現すべく、当時のダメージや汚れ、それらを修復した工程までにもこだわって製作されています!!


a0132147_16192080.jpg

*このジャケットには大きなダメージは付けられていませんが、[ストーンウォッシュ加工]により、色褪せや擦れ等の表情を引き出し、長年着込んだ[ダック]素材独特の風合いに仕上げています!


a0132147_16192718.jpg

*裏地のブランケットもじっくりとご覧ください!


a0132147_16193469.jpg

a0132147_16194399.jpg

*後ろ姿です!
着丈や身幅のバランスも着やすいシルエットに変更しています。


a0132147_1619518.jpg

*背中のアジャスターはフロントと同じ金属のボタンが付けられています。


------------------------------------------------------------------


*JELADO "THE CENTURIAL HISTORY OF JELADO” VINTAGE COLLECTION [Mountain Pass Jacket V/F]、
如何でしたでしょうか?

*新入荷の商品はなかなか[BLOG]ではご紹介しきれないのですが、画面下からRIVER SIDEの[instagram]をご覧頂けるようになりました!
フォローしてい頂ければ最新の入荷情報やおすすめアイテムの情報をご覧頂けます!!
是非ご覧ください!


*最後にお知らせです!!
[BLOG]掲載の商品の通販を承ります!!
[銀行振り込み]、もしくは佐川急便[eコレクト]の代引き(現金のみ)でお支払い頂けます。
過去のBLOG掲載品も在庫している場合がございますので、[メール]、もしくは[電話]にてお気軽にお問い合わせ下さい!



HOME TOWN STORE River Side
TEL : 03-3707-7717
mail : hts-rs@excite.co.jp


*[twitter]でも随時最新入荷情報をつぶやいております!!
[BLOG]の更新情報もお知らせしておりますので、
フォローどうぞよろしくお願い致します!!

ユーザー名[hts_rs]です!!
[Instagram]も同じユーザー名です!
こちらも合わせてよろしくお願い致します!!



上の写真をクリック後、更に[hts_rs]のアイコンをクリックして頂ければ、
[RIVER SIDE]の[instagram]をご覧頂けます。


本日も、最後までお読み頂きまして、ありがとうございました。
感謝!


それでは、ご来店を心よりお待ちしております!!

# by hts-rs | 2017-11-04 16:27 | JELADO

NEW : DESCENT [ALLTERRAIN] “水沢ダウン” [Mountaineer]、[Anchor] & [STORM] 2017 F/W !!


RIVER SIDERの皆様、
お陰さまで昨年大好評頂いたDESCENT [ALLTERRAIN]の
[水沢ダウン]、今年も入荷致しました!!

2008年に誕生した[水沢ダウン]は、2010年に[バンクーバーオリンピック]の[日本選手団]のユニフォームに採用されてからその名が知られる様になり、
近年では、雑誌やネット等でも数多く取り上げられ、知名度も急上昇しています!!

*[圧倒的な暖かさ]と[通気性能]を兼ね備え、従来のダウンの弱点だった[雨や雪にも強く]、[驚く程軽く]、[動きやすく]、[トラッド]から[ストリート]まで、着る人のスタイルを問わない[シンプルなデザイン]…更に最新テクノロシーを駆使し、より快適に[道具として着る]為の機能性を高めた、かつて無い[最強のダウンジャケット]がこの[水沢ダウン]なのです!!

*今年の[RIVER SIDE]では、[水沢ダウン]のラインナップの中から厳選した[Mountaineer](マウンテニア)と[Anchor](アンカー)、そして[STORM](ストーム)の3モデルをご紹介させて頂きます!!

* [Mountaineer]は[水沢ダウン]の中でもさらなる快適性と機能性を追求したハイスペックモデル、そして[水沢ダウン]初期モデルとしてロングセラーを続ける[Anchor]、雨等の水滴の流れをコントロールする[STREAM LINE テクノロジー]を搭載した[STORM]…!!!
いずれも甲乙付け難い大きな魅力を持ったダウンジャケットです!


それでは、どうぞじっくりとご覧下さい!!


a0132147_16214118.jpg


DESCENT [ALLTERRAIN]
“水沢ダウン” [Mountaineer]
color : Black
¥100,000+tax

*皆様ご存知のスポーツメーカー[DESCENT]のブランド、[ALLTERRAIN](オルテライン)から発売されるダウンジャケットのシリーズ[水沢ダウン]は、岩手県水沢市(現 奥州市)にある工場で生産されるためこの名があります。


a0132147_1621521.jpg


* [Mountaineer]は、[水沢ダウン]の中でもさらなる快適性と機能性を追求したハイスペックモデル。
[熱接着ノンキルト加工]と[シームテープ]加工により、水分含浸を防ぎ
高い耐水性を実現。
雨や雪などの悪天候での着用も考慮しフードに水や雪たまりを防ぐ[Para-hood]システムを搭載。

フロントジッパー部分に採用された[Dualzip]ベンチレーションは、2列のジッパーとその間に配置されたメッシュ生地により、ジャケットの外の空気を取り込み衣服内にこもりやすい不快な熱や湿気を逃がす事が可能です。
また、生地にはDESCENTオリジナル保温素材[HEAT NAVI®]を使用し、ジャケット内を快適な温度に保ちます。

*スタイリッシュでスポーティーなデザインは、ストリートからトラッドまで、合わせるスタイルを選びません。
[本物]にこだわる方に着て頂きたい逸品です!
[ISPO]パフォーマンスセグメント、マウンテンパフォーマンスカテゴリーアワード受賞モデル。

*[ISPO]とは…
ドイツミュンヘンで行われる世界最大スポーツ展示会。この賞は3大陸の各国から選出されたジュリーという審査員によって厳正に審査され、コンセプト、デザイン、技術的に優れた製品に授与される非常に名誉ある賞です。


a0132147_16215991.jpg


*首からの冷たい風の侵入を防ぐ、ハイネックのデザイン。
ネック部分にまでダウンを使用することで、完璧な保温力を維持します!


a0132147_1622724.jpg


*[Para-hood]

[フード]に水や雪が溜まるのを防ぐ[Para-hood]システム。
[フード]を装着しない時にはコンパクトに収納されていますが、フード内部のファスナートップを[オープンする時と逆方向]に引っ張る、1アクションでフードを片手で開く事が出来ます。
[STORM]にも採用されている仕様です!


------------------------------------------------------------------

*ここからは [Mountaineer][Anchor][Storm]共通の仕様となります。


a0132147_16221730.jpg


*[Dualzip](デュアルジップ)

フロントジッパーに部分に採用されている[Dualzip]ベンチレーションは、2列のジッパーとその間に配置されたメッシュ生地からジャケットの外の空気を取り込み衣服内にこもりやすい不快な熱や湿気を逃がす事が可能です!


*[熱接着ノンキルト加工]

*今までのダウンジャケットは、縫い目の穴から水が入ると入りダウンが濡れて保温性が損なわれてしまったり、穴からダウンがはみ出してしまう事があり、それが[ダウンジャケットの弱点]でもありました。
[水沢ダウン]は、[デサント水沢工場]の高い技術により[熱接着ノンキルト加工]で生地と生地を繋いていますので、[ダウンパック]にステッチが無く、[雨や雪]が侵入するのを防ぎます!
縫製が必要な箇所には[シームテープ加工]を施す事で、これまでに無い高い[耐水性]を実現しています!!


*[Dermizax® MICRO STRETCH]

表地には、TORAY社の4WAYストレッチ素材[Dermizax® MICRO STRETCH](ダミーザックスマイクロストレッチ)を使用しています。
耐水性と透湿・防水性に優れたハイテク素材。ソフトでしなやか、ストレッチ性にも優れていますので体の動きを妨げません!


a0132147_16222456.jpg


*体に沿うデザインに付けられたジップポケット。
脇の下にあるのは[ベンチレーションジップ]。
フロントの[Dualzip]だけで無く、ここでもジャケット内の温度・湿度の調整が可能です。


a0132147_16223279.jpg


*フロントジッパーを開いたところ。
このジャケットは裏地にも暖かさの秘密があります!


a0132147_16224089.jpg


*[HEAT NAVI®]

裏地にはDESCENTオリジナルの素材[[HEAT NAVI®](ヒートナビ)を採用。
[光]を[熱へと変換]し積極的な保温性能を発揮する[HEAT NAVI®]。
体から発生する水分を吸収し、[熱]に変える[吸湿発熱]も兼ね備えています!!
[光]と[水分]から[発熱]する事で、従来の上昇温度を更に上回る[発熱力]を発揮します。


a0132147_16224835.jpg


*裾の内側には[パウダースカート]を装備(こちらは[Mountaineer]だけの仕様です)、裾からの風や雨、雪の侵入を防ぎます。


a0132147_16225486.jpg


*内側の両サイドにもジッパーがあります。
このジッパーはクリーニングの通水用で、クリーニングの際には開いておきます。
防水性が高い生地のため、しっかりと洗浄出来るように配慮された作りです。


a0132147_1623277.jpg


*後ろ姿です。
保温性の高い素材と機密性の高い[熱接着ノンキルト加工]の相乗効果で驚く程の保温性能を実現します!
冬にダウンジャケットを着ても時寒いと感じた事はありませんか?
それは[本物]のダウンジャケットでは無いからです(失礼!)
水沢ダウンは真冬の北海道でも全く寒くありません!

寒さが苦手な方は[水沢ダウン]があれば快適で幸せな冬が過ごせますよ!


------------------------------------------------------------------


a0132147_16231169.jpg


DESCENT [ALLTERRAIN]
“水沢ダウン” [Anchor]
color : Black
¥78,000+tax

*2008年に初めて発売され、[水沢ダウン]の初期モデルとしてロングセラーを続ける[Anchor](アンカー)。
[熱接着ノンキルト加工]と[シームテープ]加工により高いウォータープルーフ性能を備えたダウンジャケット。

フロントジッパー部分に採用された[Dualzip]ベンチレーションは、2列のジッパーとその間に配置されたメッシュ生地により、ジャケットの外の空気を取り込み衣服内にこもりやすい不快な熱や湿気を逃がす事が可能です。
表地には光を熱へと変換し積極的な保温性能を発揮するDESCENTオリジナル保温素材[HEAT NAVI®]を採用した、[水沢ダウン]ベーシックモデルです!


a0132147_16232011.jpg


*このダウンに採用されているテクノロジーは…

*[熱接着ノンキルト加工]・[シームテープ]加工
*[Dualzip]ベンチレーション
*表地[Dermizax® MICRO STRETCH]
*裏地[HEAT NAVI®]

*先にご紹介させて頂いた[Mountaineer]と同じ機能性の高い素材を採用しております!
ベーシックで飽きのこないデザインは[ザ・ダウンジャケット]の趣です!


a0132147_16233287.jpg


*着脱可能な[フード]。
[フード]を外すとこのシンプルさが魅力です!!


------------------------------------------------------------------


a0132147_16234312.jpg


DESCENT [ALLTERRAIN]
“水沢ダウン” [Storm]
color : Black
¥118,000+tax


a0132147_16244011.jpg


*[Storm](ストーム)は、表地に4WAYストレッチ新素材[Dermizax® MATTE 4WAY STRETCH]を採用。
[熱接着ノンキルト加工]と[シームテープ加工]による高いウォータープルーフ性能に加え、雨天時、胸部分にデザインされた[StreamLine Technology]は水の流れをコントロールしポケット部分への水の流れを抑制します。

*またフード部分の[StreamLine Technology]は水滴が落ちる方向をサイドに流すことで視界を確保します。

*フロントジッパー部分に採用された[Dualzip]ベンチレーションは2列のジッパーとその間に配置されたメッシュ生地によりジャケット外より空気を取り込み衣服内にこもりやすい不快な熱や湿気をにがすことが可能です。

*さらにフード部分には雨等の悪天候下での着用も考慮し、フードに水たまりを防ぐ[Para-hood]システムを搭載。



*このダウンに採用されているテクノロジーは…

*[熱接着ノンキルト加工]・[シームテープ]加工
*[Dualzip]ベンチレーション
*表地[Dermizax® MATTE 4WAY STRETCH]
*裏地[HEAT NAVI®]
*[Para-hood]システム
*[StreamLine Technology]
*2015年ISPOアワード金賞受賞モデル


a0132147_1625730.jpg


*[StreamLine Technology]

胸部分にデザインされた[StreamLine Technology]は水の流れをコントロールしポケット部分への水の流れを抑制します。
言わば[雨どい]の役目を果たす事に加え、このダウンジャケット[Storm]を象徴する印象的なディテールとなっています。


a0132147_16253527.jpg


*拡大するとこのような[溝]になっています。


a0132147_16261064.jpg


*袖口やフード部分にも[StreamLine Technology]が採用されています!


------------------------------------------------------------------


*最後に[水沢ダウン]の由来についてご説明させて頂きます!

*岩手県奥羽山脈の麓、大自然の緑に囲まれ聳え立つデサントアパレル水沢工場は創業以来、スポーツウェアの機能性と品質を重視した物づくりで数々の優れた商品を生み出しています!

[水沢ダウン]は、水沢工場の最先端縫製技術を駆使して生産された高い保湿性と快適性を兼ね備えた新しいダウンウェア、ダウンを詰める工程と防水の為の工程を同時に行えるのはここ、[水沢工場]だけなのだそうです。

*名前の冠である[水沢]は生産工場である水沢工場(岩手県旧水沢市)から命名されたもので、この[水沢工場]はこれまでに[スキーウェア]や[騎手用ジョッキーベスト]、[消防防火服]など、製造過程における高難易度の技術を必要とする商品を生産してきました。
[水沢ダウン]にも工場で培われたノウハウが随所に反映されているのです!!


------------------------------------------------------------------

*DESCENT [ALLTERRAIN] “水沢ダウン”
[Mountaineer] 、[Anchor] & STORM]、
如何でしたでしょうか?

*日本が誇る最強のダウンジャケット、[水沢ダウン]についてご説明させて頂きましたが、実際に着て頂く事で全てを納得して頂ける事、間違いありません!!
まだ[水沢ダウン]未体験の皆様も、今年こそは…と計画中の皆様も、是非CHECKしにお越しください!!


*最後にお知らせです!!
[BLOG]掲載の商品の通販を承ります!!
[銀行振り込み]、もしくは佐川急便[eコレクト]の代引き(現金のみ)でお支払い頂けます。
過去のBLOG掲載品も在庫している場合がございますので、[メール]、もしくは[電話]にてお気軽にお問い合わせ下さい!



HOME TOWN STORE River Side
TEL : 03-3707-7717
mail : hts-rs@excite.co.jp


*[twitter]でも随時最新入荷情報をつぶやいております!!
[BLOG]の更新情報もお知らせしておりますので、
フォローどうぞよろしくお願い致します!!

ユーザー名[hts_rs]です!!
[Instagram]も同じユーザー名ではじめました!!
こちらも合わせてよろしくお願い致します!!


本日も、最後までお読み頂きまして、ありがとうございました。
感謝!


それでは、ご来店を心よりお待ちしております!!
# by hts-rs | 2017-10-20 17:20 | DESCENTE 水沢ダウン

NEW : Nigel Cabourn [QUILTED JACKET] “C.W.C.” 2017 F/W !!


RIVERSIDERの皆様、
夏の様な暑さの次の日は上着が必要な寒さ…なんだか体がついて行きませんが、そろそろ秋冬アイテムの準備が必要な時期ですね!

*店頭には[Champion]や[Stevenson]のスエット、[PENDLETON]のウールシャツ、[Nigel]の[英国製]ラインのジャケット等も入荷してとても賑やかになっています!!

*本日は皆様に是非ご紹介したい[中綿]のジャケット、[QUILTED JACKET] “C.W.C”をご紹介させて頂きます!!

*ミリタリージャケットのライナーをイメージさせる様な軽やかさと着丈短めのボックスシルエット、段染めの糸を使用した表情豊かな[リブ]、左右非対称のポケットや、第二次世界大戦に英国で開発された生地、[ベンタイル]をベースに[Nigel]がオリジナルで制作した[COLD WEATHER CLOTH](略してC.W.C.)を使用する等、いつもながらの徹底的な拘りを感じさせる仕上がりになっています!!

*写真だけではこの独特なシルエットの良さと上質な素材感を伝えきれません!
是非店頭で試着してみて頂きたいジャケットです!


それではまずは写真から、どうぞじっくりとご覧ください!!


a0132147_203183.jpg

Nigel Cabourn [QUILTED JACKET] “C.W.C.”
color : Charcoal
¥42,000+tax


a0132147_20311582.jpg

*短めの着丈、身幅にやや余裕を持たせたボックスシルエットのキルティングジャケットです!
*ミリタリージャケットのライナーをイメージさせるデザイン、軽くて暖かく、アウター、インナーいずれにも活用出来る厚さです!


a0132147_20312246.jpg

*襟元と袖口のリブ部分です。
2つの色がランダムに混じり合ったニュアンスのある仕上がりです。


a0132147_20312978.jpg

a0132147_2031371.jpg

*左右非対称のポケット。
向かって左のポケットはマチが大きく取られており、収納力もたっぷりです。


a0132147_20314385.jpg

*右には縦長のスナップ付きポケットが二つ付けられています。


a0132147_20315160.jpg

*ウエストと裾はドローコードが付いていますので、お好きなバランスに調整して着用頂くことも出来ます!



a0132147_20315955.jpg

*ここでこのジャケットに使用されている素材、[COLD WEATHER CLOTH](略してC.W.C.)についてご説明させて頂きます!

*[Nigel Cabourn]がオリジナルで開発した[コールドウェザークロス]。
ターゲットにした生地は、英国空軍のパイロット用の耐水服素材として第二次世界大戦中に英国で開発された[Ventile](ベンタイル)です。

*[ベンタイル]は引き裂き強度にに不足がある事や、反染めである為若干色落ちしやすいという点がありますが、[C.W.C.]は、染色を原反から糸に変更し、製織のバランスを取る事で本家[ベンタイル]を超える引き裂き強度がある上に、本家同様の撥水性、防風性を持つ生地です!
コットン100%の生地ですので、経年変化も楽しんで頂けます!!


a0132147_2032654.jpg

a0132147_20321322.jpg

*後ろ姿です!短めの着丈が実に新鮮に感じられます!!
太いパンツやCAP類との相性も抜群です!!


------------------------------------------------------------------


a0132147_20322086.jpg

Nigel Cabourn [QUILTED JACKET] “C.W.C.”
color : Yellow
¥42,000+tax


a0132147_20322689.jpg

*少しくすんだ落ち着きのある[Yellow]はデニムやオリーブのパンツとも似合います!
コーディネートしやすいカラーです!


------------------------------------------------------------------


a0132147_20323941.jpg

Nigel Cabourn [QUILTED JACKET] “C.W.C.”
color : Dark Olive
¥42,000+tax


a0132147_20324566.jpg

*2色使いのリブがアクセントになり、ミリタリーウエアとは一線を画す仕上がりになっています!

------------------------------------------------------------------


*Nigel Cabourn [QUILTED JACKET] “C.W.C.” 2017 F/W、如何でしたでしょうか?

*さっと羽織れるストレスゼロの軽さと着心地の良さ、パーカやセーター、デニムやチノ+ブーツ等と組み合わせて着こなしを楽しんでみて下さい!


*最後にお知らせです!!
[BLOG]掲載の商品の通販を承ります!!
[銀行振り込み]、もしくは佐川急便[eコレクト]の代引き(現金のみ)でお支払い頂けます。
過去のBLOG掲載品も在庫している場合がございますので、[メール]、もしくは[電話]にてお気軽にお問い合わせ下さい!



HOME TOWN STORE River Side
TEL : 03-3707-7717
mail : hts-rs@excite.co.jp


*[twitter]でも随時最新入荷情報をつぶやいております!!
[BLOG]の更新情報もお知らせしておりますので、
フォローどうぞよろしくお願い致します!!

ユーザー名[hts_rs]です!!
[Instagram]も同じユーザー名ではじめました!!
下のリンクからどうぞご覧下さい!


本日も、最後までお読み頂きまして、ありがとうございました。
感謝!


それでは、ご来店を心よりお待ちしております!!
# by hts-rs | 2017-10-14 20:51 | Nigel Cabourn

休業日振替のお知らせ*10/10(火)は営業致します!


RIVER SIDERの皆様、
毎度お引き立て頂きまして誠にありがとうございます!

誠に勝手ながら展示会の為、明後日10/11(水)は休業日とさせて頂きます。
振替の為、明日10/10(火)は営業とさせて頂きますので、皆様のご来店をお待ち致しております!

HOME TOWN STORE
River Side
# by hts-rs | 2017-10-09 16:37 | OTHERS

NEW : Nigel Cabourn [OMBRE CHECK SHIRT] 2017FW !!


RIVER SIDERの皆様、
大変ご無沙汰致しております!
久しぶりのBLOG更新となってしまいました!!
申し訳ございません!

*店頭は[Nigel]の新作から[水沢ダウン]、[ガンジーセーター]も入荷して、[BLOG]でご紹介しきれない程すっかり秋冬モードに様変わりしております!!

*沢山の新着アイテムの中から、本日は[Nigel Cabourn]の[OMBRE CHECK SHIRT]をご紹介させて頂きます!!

*美しいグラデーションと共になだらかに変化する[オンブレーチェック]は、独特な陰影と重厚感のあるチェック柄、この伝統ある柄を[2重ビーム織り機]と呼ばれる織り機で[完全2重織り]の組織に仕上げました!
ウールの様な厚みを持ちながら、軽くて着易いコットン100%の生地です!

*ボックス型でややオーバーサイズのシルエットは、インナーにパーカやセーターを着てシャツジャケットとしてもお使い頂けます!
カラーはREDとGREYの2色をご用意させて頂きました!!

それでは、どうぞじっくりとご覧ください!!



a0132147_1927312.jpg

Nigel Cabourn [OMBRE CHECK SHIRT]
color : RED
¥37,000+tax


a0132147_19273889.jpg

*幅広で着丈短めのボックスシルエットが特徴的な[OMBRE CHECK SHIRT]です!
太めのパンツでも、すっきりとしたシルエットのパンツでもバランスの取れる絶妙のサイズ感に仕上がっています!!


a0132147_192751100.jpg

*1950年代の[オンブレーチェックシャツ]をベースにしたデザインです。
ビンテージシャツ同様、襟とフラップにステッチが入らない仕様です。
(Pendletonのボードシャツに近い作りです)


a0132147_19275888.jpg

a0132147_19281115.jpg

*織り機において、タテ糸を巻き取る部分を[ビーム]と呼びます。
このファブリックはこの[ビーム]をダブルでセットした[2重ビーム織り機]を使って[完全2重織り]の組織に仕上げています。
そしてこの技法を最も良く現す事が出来るのが[オンブレーチェック]です!

*[オンブレ]とはフランス語で[陰影をつける]、という意味で、
[オンブレーチェック]とは、クラデーション共になだらかに変化するチェック柄を指します。

*一見ウールの様に見える肉厚の生地ですが、コットン100%で意外な程軽い着心地です!


a0132147_19282193.jpg

*袖口とフラップの裏側の丁寧な作りもご覧ください。


a0132147_19283218.jpg

*後ろ姿です。
インナーにパーカやセーターを着てシャツジャケットとして着て頂くのもおすすめです!


------------------------------------------------------------------


a0132147_19283878.jpg

Nigel Cabourn [OMBRE CHECK SHIRT]
color : GREY
¥37,000+tax


a0132147_19284874.jpg

*この色違いの[GREY]もおすすめカラーです!!
[RED]と着比べてみて下さい!!



a0132147_19285531.jpg

------------------------------------------------------------------

*Nigel Cabourn [OMBRE CHECK SHIRT] 2017FW、
如何でしたでしょうか?

*店頭にはおすすめしたい新作シャツやジャケット、[FILSON]や[MYSTERY RANCH]のバッグや[REDWING]のブーツ等が大量入荷しております!!
是非週末に遊びにいらして下さい!


*最後にお知らせです!!
[BLOG]掲載の商品の通販を承ります!!
[銀行振り込み]、もしくは佐川急便[eコレクト]の代引き(現金のみ)でお支払い頂けます。
過去のBLOG掲載品も在庫している場合がございますので、[メール]、もしくは[電話]にてお気軽にお問い合わせ下さい!



HOME TOWN STORE River Side
TEL : 03-3707-7717
mail : hts-rs@excite.co.jp


*[twitter]でも随時最新入荷情報をつぶやいております!!
[BLOG]の更新情報もお知らせしておりますので、
フォローどうぞよろしくお願い致します!!

ユーザー名[hts_rs]です!!
[Instagram]も同じユーザー名ではじめました!!
こちらも合わせてよろしくお願い致します!!


本日も、最後までお読み頂きまして、ありがとうございました。
感謝!


それでは、ご来店を心よりお待ちしております!!


# by hts-rs | 2017-09-29 19:35 | Nigel Cabourn

NEW : Nigel Cabourn [PARATROOPER SHIRT] SATIN×HANDLE EMBROIDERY×HERRINGBONE 2017FALL !!


RIVER SIDERの皆様、
久しぶりのBLOGの更新となってしまいました!!
店頭には秋の新作TシャツやFILSONのBAG、CAP類、そして待望の[Nigel Cabourn]の新作も入荷が始まりました!!

*[Nigel]の2017F/Wのテーマは、[Denison & The British Airbone Troops Of WWII]、
[第二次世界大戦中の空挺作戦部隊]です!!

*空挺部隊のユニフォームや彼らをサポートした人々の着用していたビンテージウエアから
インスピレーションを受けてデザインされており、いつにも増して迫力満点のウエアが揃っています!!

*本日ご紹介させて頂くのは、[PARATROOPER SHIRT]、アメリカのミリタリーシャツをベースにしたデザインです!

*サテン生地とヘリンボーン生地を随所に使い分け、ウォッシュの掛かった抜群の風合いと、今は扱える職人も少なくなった[ハンドルミシン]による味わい深い[刺繍]、ショート丈で身幅広めのシルエット等、多くの魅力を持った是非皆様におすすめしたいシャツジャケットです!!

*カラーはOLIVEのみの展開です!

それでは、どうぞじっくりとご覧下さい!!


a0132147_2174356.jpg


Nigel Cabourn [PARATROOPER SHIRT]
SATIN×HANDLE EMBROIDERY×HERRINGBONE
color : OLIVE
¥32,000+tax


a0132147_2175014.jpg


*アメリカのミリタリーシャツをベースにデザインされた[PARATROOPER SHIRT]です!
[PARATROOPER]とは[空挺兵][パラシュート部隊]の事を意味します。
ショート丈、広めの身幅のボックスシルエット、肩幅も広くとられています。
ショーツにもチノやデニムとの相性も抜群です!


a0132147_2175780.jpg


*洗い込んでツヤの取れたサテン生地と地模様が浮き出たヘリンボーンの生地の、ざっくりとした質感が堪りません!!
洗う程に益々味わいが増していきます。
(ヘリンボーンがうまく写っていなくて申し訳ございません!)


a0132147_218563.jpg



*[ハンドルミシン]による手作業で仕上げられた刺繍。
現代ではコンピューターでより正確に大量の刺繍製品を生産する事が可能となりましたが、一点、一点異なった味のある[ハンドル刺繍]は、150年前に考案された[ハンドルミシン]で熟練した職人が手作業で行います。


a0132147_2181166.jpg


*フロントの2つのポケットは立体的な作りになっています。
何度か洗濯を繰り返すと次第にマチ部分が広がって袋状になってきます。


a0132147_2181871.jpg


*短い裾は太めのパンツとも相性が良く、ショーツにも良く合います。
夏の終わりから秋のコーディネートにも活躍してくれますよ!


a0132147_2182632.jpg


*後ろ姿です。
後ろ身頃は[ヘリンボーン]、袖は[サテン]です。
同じオリーブの色ですが、2つの素材を組み合わせる事でより個性ある表情が生まれています。


------------------------------------------------------------------


*Nigel Cabourn [PARATROOPER SHIRT] SATIN×HANDLE EMBROIDERY×HERRINGBONE 2017FALL、如何でしたでしょうか?
デザインと言い、素材と言い、素晴らしい完成度の傑作、店頭で是非皆様にご試着頂きたいシャツジャケットです!

*他にも定番の[MEDICAL SHIRT]、ギンガムチェックの[OFFICER SHIRT]、新色ボーダーの[BASQUE]シャツ、[メカニックCAP]、スニーカー、FILSONのバッグやCAP類、[水沢ダウン]でお馴染みのデザント[オルテライン]のシェルジャケット等、秋の新作が大量入荷中です!!

*新入荷アイテムは[twitter]や[Instagram]でいち早くご紹介しておりますのでCHECKよろしくお願い致します!!!


*最後にお知らせです!!
[BLOG]掲載の商品の通販を承ります!!
[銀行振り込み]、もしくは佐川急便[eコレクト]の代引き(現金のみ)でお支払い頂けます。
過去のBLOG掲載品も在庫している場合がございますので、[メール]、もしくは[電話]にてお気軽にお問い合わせ下さい!



HOME TOWN STORE River Side
TEL : 03-3707-7717
mail : hts-rs@excite.co.jp


*[twitter]でも随時最新入荷情報をつぶやいております!!
[BLOG]の更新情報もお知らせしておりますので、
フォローどうぞよろしくお願い致します!!

ユーザー名[hts_rs]です!!
[Instagram]も同じユーザー名ではじめました!!
こちらも合わせてよろしくお願い致します!!


本日も、最後までお読み頂きまして、ありがとうございました。
感謝!


それでは、ご来店を心よりお待ちしております!!


# by hts-rs | 2017-08-24 21:12 | Nigel Cabourn