ブログトップ | ログイン

HOME TOWN STORE River Side

futakohts.exblog.jp

カテゴリ:Nigel Cabourn( 23 )

NEW : Nigel Cabourn [FATIGUE SHIRT "SHORT SLEEVE" & [REVERSIBLE FATIGUE SHIRT] 2018SS!

RIVER SIDERの皆様、

本日は、[Nigel Cabourn]の2つの[ファティークシャツ]をご紹介させて頂きたいと思います!!

[FATIGUE SHIRT - SHORT SLEEVE] VINTAGE RIP STOP と [REVERSIBLE FATIGUE SHIRT] REVERSIBLE CAMOです!!

*いずれもベトナム戦争時の米軍の[JUNGLE FATIGUE JACKET]をモチーフにした、機能的な4つのフラップ付きポケットを装備したシャツですが、特徴的なディテールや頑丈な素材を生かしつつ、決してハードすぎる事のない[Nigel]らしい洗練された印象に仕上がっています!!

*洗い晒して繰り返し着込んで頂きたい生地と縫製の良さ、カバン代わりに何でもポケットに詰め込んで出掛けられる機能性は、キャンプやフィールド、もちろん街でも活躍してくれる事間違いありません!!

*ショーツとの相性も抜群で、これからの季節にもおすすめしたい[FATIGUE SHIRT]、[RIP STOP生地]のショートスリーブと、両面着られるリバーシブル素材のロングスリーブをご用意しております!


それでは、どうぞじっくりとご覧ください!!


a0132147_19295228.jpg

Nigel Cabourn [FATIGUE SHIRT - SHORT SLEEVE]

VINTAGE RIP STOP

color : Khaki

¥23,000+tax


a0132147_19302462.jpg

*米軍が、60年代前半にべトナム戦域における熱帯被服として導入した、[ジャングルファティーグジャケット]と呼ばれる[コンバット・トロピカル・コート](COAT, MAN’S, COMBAT, TROPICAL)をベースに作られた[ファティーグシャツ]です。


*[ジャングルファティーグジャケット]は、60年代前半から約10年間採用され、生産時期によるいくつかの外観的特徴によってコレクターの間では概ね4つのモデルに分類されています。

このシャツは肩に[エポレットなし]、フラップポケットにボタンが露出しない[隠しボタン]、ウエストのフィットを調整する[ウエストタブなし]等の特徴を持つ[3rd]モデルをベースにデザインされています。


a0132147_19305893.jpg
a0132147_19312837.jpg

*マチ付きで大容量の4つのフラップ付きポケット。

携帯や財布等も収まるサイズなので、Tシャツにこのシャツを羽織って手ぶらで外出も出来ます!


a0132147_19321035.jpg

*素材は[RIP-STOP]を使用しています。

[RIP-STOP]とは、温・熱帯地域に使用する際の通気性と強度を実現するために、米軍が開発した縦横、格子状に補強糸が織り込まれた生地の名称で、破れても裂け目が広がらないのが特徴です。

洗い込む程に格子状に色褪せて、[RIP-STOP]ならではの経年変化も楽しめる生地です。

*丈夫で長く愛用出来る、かつ流行にとらわれないシャツをお探しなら、迷わずおすすめ致します!


a0132147_19325558.jpg

Nigel Cabourn [FATIGUE SHIRT - SHORT SLEEVE]

VINTAGE RIP STOP

color : Olive

¥23,000+tax


------------------------------------------------------------------


a0132147_19333494.jpg

Nigel Cabourn [REVERSIBLE FATIGUE SHIRT]

REVERSIBLE CAMO

color : Olive

¥36,000+tax


a0132147_19343777.jpg

*こちらは一枚の生地の両面に異なるカモフラージュパターンをプリントした[REVERSIBLE FATIGUE SHIRT] です!

片面は米国の[タイガーストライプ]、もう片面は英国の伝統的なカモフラージュ柄である[ディスラプティブ・パターン・マテリアル][D.P.M.]を採用しています。


a0132147_19350619.jpg

*デザインは先ほどの[FATIGUE SHIRT - SHORT SLEEVE]と同様、[ジャングルファティーグジャケット]の3rdモデルをモチーフとしています。


a0132147_19353260.jpg

*素材をじっくりとご覧ください!

この素材は、英国陸軍がアフリカ戦線など熱帯や亜熱帯地域で運用していた格子状の特殊な生地を再現した物です。

平織は通気性が良く軽いかわりに強度が欠けますが、本ファブリックは格子状にする事で通気性と強度の両方を確保しています。

*ボタンもご覧ください!

ボタンとボタンホールを互い違いにしてリバーシブルに対応しています。

ボタンの種類も変えています!

細部まで拘った作りはさすがです!!


*ここで[TIGER STRIPE]パターンについて

ご説明させて頂きます・・・!!


*1950年代後半から60年代当初にかけて、[インドシナ紛争]でフランス軍の残していった[リザード迷彩]を[南ベトナム政府軍]が譲り受けて使用していましたが、やがて在庫不足となって困った政府軍は自前で現地生産を開始します。

その時作ったリザード・パターン迷彩のコピー品が[タイガーストライプ]の元祖と言われています。

*[ベトナム戦争]時には、そのデザインの良さから、[アメリカ軍]の[特殊部隊]を中心に現地市販物(日本、韓国製もあった)も含め、兵士達に非正規に着用されていました。

*その名の通り[トラの毛皮]に似た柄で、戦闘服に対し横縞のパターンに配置されます。

これは、人間が物を探すとき視線を横に移動させる習性から、より発見されにくく工夫されたものです。


a0132147_19362176.jpg

*裏側は英国伝統のカモフラージュ[D.P.M]になっています。

ドローコードでウエストを絞る事が出来ます。


a0132147_19370816.jpg

*ここで英国のカモフラージュパターン[D.P.M]についてご説明させて頂きます。


英国軍のカモフラージュパターンである[D.P.M](Disruptive Pattern Material)は、Disruptive(ディスラプティブ) = [分断した] の名の通り、大きく分断した色の固まりが配されたデザインのカモフラージュです。

第二次大戦中[デニソンスモック]で使用された三色迷彩がルーツで、 英国軍に1968年から採用されて以来、現在まで使用されています。


*ウッドランド迷彩と同じく緑・茶・黒・カーキが基本色で、筆で描いたような模様が特徴でブラッシュアップ迷彩とも呼ばれています。


*採用以来何度かマイナーチェンジが加えられ、英国の他、オランダやインドネシアでも採用され、別名[デニソン迷彩]とも呼ばれています。


------------------------------------------------------------------


Nigel Cabourn [FATIGUE SHIRT - SHORT SLEEVE] VINTAGE RIP STOP & [REVERSIBLE FATIGUE SHIRT] REVERSIBLE CAMO 2018SS、如何でしたでしょうか?


*いずれもミリタリーベースのデザインのシャツですが、機能性や無骨な素材感はそのままに、洗練された印象に仕上げています!

ハードになりすぎず[実物]の良さを生かした大人のカジュアルとしての[FATIGUE SHIRT]、是非店頭でお試し下さい!!


*最後にお知らせです!!

[BLOG]掲載の商品の通販を承ります!!

[銀行振り込み]、もしくは佐川急便[eコレクト]の代引き(現金のみ)でお支払い頂けます。

過去のBLOG掲載品も在庫している場合がございますので、[メール]、もしくは[電話]にてお気軽にお問い合わせ下さい!


HOME TOWN STORE River Side

TEL : 03-3707-7717

mail : hts-rs@excite.co.jp


*[twitter]でも随時最新入荷情報をつぶやいております!!

[BLOG]の更新情報もお知らせしておりますので、

フォローどうぞよろしくお願い致します!!

ユーザー名[hts_rs]です!!

[Instagram]も同じユーザー名です!

こちらも合わせてよろしくお願い致します!!



上の写真をクリック後、更に[hts_rs]のアイコンをクリックして頂ければ、

[RIVER SIDE]の[instagram]をご覧頂けます。


本日も、最後までお読み頂きまして、ありがとうございました。

感謝!


それでは、ご来店を心よりお待ちしております!!




by hts-rs | 2018-05-16 19:49 | Nigel Cabourn

NEW : Nigel Cabourn [Fatigue Jacket - Vietnam Embroidery] & [Jungle Fatigue Jacket - M65 Type] !!


RIVER SIDERの皆様、
今シーズンの[Nigel Cabourn]のテーマ、[WHATEVER HAPPENED TO SEAN FLYNN?](ショーン・フリンに何があった?)は、ベトナム戦争時にハリウッド俳優からジャーナリストに転身した[ショーン・フリン]が着用したミリタリーウエアをベースに、平和への祈りを込めたコレクションです!
60年代のカルチャーや、音楽等リアルタイムで体験したNigelが、当時の空気感からインスパイアされた、独自の世界を展開しています!


a0132147_20203488.jpg

*そんな2018SSのコレクションの中から、本日は2つのジャケットをご紹介させて頂きます!!

*[Fatigue Jacket - Vietnam Embroidery]は、60年代前半にべトナム戦域における熱帯被服(コンバットトロピカルコート)として導入された[ジャングルファティーグジャケット]の1stモデルをベースデザインされ(フィット以外はほぼ実物に限りなく近い仕上がりです!)、Vintageの[ファティーグジャケット]に刺繍されている図案を、現地ベトナムの工場で(!!)刺繍した、超スペシャルな逸品!!

*[Jungle Fatigue Jacket - M65 Type]は、[M-65 フィールドジャケット]と[ジャングルファティーグジャケット]を絶妙に融合させたデザイン、2つの名品ジャケットが[Nigel]ならではのアレンジで新たに生まれ変わっています!

*いずれも素材には、ベトナム戦争当時にミリタリーウェアなどに多用された、[Cotton/Nylon
]の[ウェザークロス]を現代に蘇らせた[Nigel]オリジナルの生地を使用しています!!

*デザインの秀逸さは勿論の事、洗ってもすぐ乾き、超軽量で軽快な着心地は他にはない快適さで、春から夏に向かうこの時期に最適なジャケットに仕上がっています!!


それでは、どうぞじっくりとご覧ください!!


a0132147_20204689.jpg

------------------------------------------------------------------


a0132147_20205456.jpg

Nigel Cabourn [Fatigue Jacket - Vietnam Embroidery]
Cotton/Nylon
color : Black
¥62,000+tax

*ベトナム戦争時に米軍に採用された、[Jungle Fatigue Jacket]の1stモデルをベースに作られたジャケットです。


a0132147_2021191.jpg

*襟には[ピースマーク]の刺繍が良い味を出しています!
60’sサブカルチャーの象徴です!


a0132147_2021886.jpg

*素材には、超軽量で速乾性のある着心地抜群の[Nigel]オリジナル[Cotton/Nylon]が使用されています。
洗う事で現在生地に付いている[糊]が取れ、くたくたとした柔らかい質感に変化します。

*マチ付きのフラップポケットは、使い込むうちに立体感のある表情が生まれてきます。
ポケットのボタンは、表に露出する[1st]モデルの仕様です。


a0132147_20212093.jpg

*裏地を付ける事で着用する時の滑りが良く、よりスムーズな着心地になっています。
このストレスの無い快適さを皆様に味わって頂きたいです!




a0132147_20212992.jpg

*背中には[ベトジャン]を彷彿とさせる、実際にベトナムで施された刺繍が入ります!


a0132147_20213662.jpg

*刺繍をじっくりとご覧ください!!
ベトナム本国で[ベトジャン]の刺繍を行っていた工場を[Nigel]が見つけ出し、その工場に依頼した、[実物]の[ベトナム刺繍]が施されています。

[ANY GOOD WAR PICTURE IS AN ANTI WAR FRAME - TIM PAGE]
“最も優れた戦場写真は何よりの反戦の象徴だ” ティム・ペイジ

[ティム・ペイジ]は、ベトナムで[ショーン・フリン]の親友となったフォトジャーナリスト、今回のコレクションで使用されている[ショーン・フリン]の写真は、彼が撮影したものです。



a0132147_20214228.jpg

*ビンテージのファティーグジャケットに実際に存在する[ベトナムの地図]の図案。


a0132147_202149100.jpg

*[Fatigue Jacket - Vietnam Embroidery]の刺繍について、
さらにご説明させて頂きます!

*ジャングルファティーグのヴィンテージに刺繍されている図柄をベースにしています。このオリジナルのビンテージジャケットは、官給品であるジャケットに現地ベトナムで刺繍を施したものです。
そもそも官給品を勝手にカスタムする事は御法度ですがベースになったオリジナルは実際に存在します。
恐らくは終戦後にスーベニアとしてベトナムで刺繍が施されたものと推測します。日本におけるスカジャンと同じです。

*[ベトナム刺繍]は王宮文化をベースに育まれました。
古い時代のベトナム刺繍は一本の糸を染め分けた絣(かすり)糸を使用しているため、非常に深い陰影を持つことが大きな特徴です。
今回のコレクションではオリジナルの持つ陰影を表現するために2 色の色を使用しています。
刺繍を施すパーツをベトナムに持ち出し、現地で刺繍した後に再び日本に戻して日本で縫製して製品に仕上げます。
現在の刺繍製品のほとんどはコンピュータ制御で寸分違わぬ製品を大量生産します。
均一化したそれは味も素っ気も感じられません。
それに対し、本製品のベトナム刺繍は1 着ずつ職人がミシンを駆使して正に絵を描くように刺繍を施し完成させています。


------------------------------------------------------------------


a0132147_20215916.jpg

Nigel Cabourn [Fatigue Jacket - Vietnam Embroidery]
Cotton/Nylon
color : Olive
¥62,000+tax


a0132147_20545589.jpg

------------------------------------------------------------------


*ここで、このジャケットのベースとなった、
[Jungle Fatigue Jacket]についてご説明させて頂きます!

*[ジャングルファティーグジャケット]と呼ばれる[コンバット・トロピカル・コート](COAT, MAN’S, COMBAT, TROPICAL)は、60年代前半にべトナム戦域における熱帯被服として導入されました。
そもそも熱帯用のユニフォームも持たなかった米軍が、ベトナム戦用に開発したのが[ジャングルファティーグジャケット]です。

*60年代前半から約10年間採用され、生産時期によるいくつかの外観的特徴によってコレクターの間では概ね4つのモデルに分類されていますが、1stから4thモデルまではっきり区切りがなく、それぞれのデザイン混在を含みながらディテールが変化しています。

*比較的短いサイクルでリニューアルされている様子からは、未経験であった熱帯服を試行錯誤しながら何とか完成度を上げていこうという姿勢が窺えます。そこに、未知の戦闘状況に対する米軍の焦燥を感じてしまうのはこの戦局の帰結を既に知っているが故の色眼鏡かもしれません…。

*今回の[Fatigue Jacket - Vietnam Embroidery]では、[エポレット](ショルダーストラップ)、[フラップポケット]の露出したボタン、[ウエストタブ]等の特徴が見られる、[1st]モデルのディテールを取り入れています。


------------------------------------------------------------------


a0132147_20251642.jpg

------------------------------------------------------------------


a0132147_20252716.jpg

Nigel Cabourn [Jungle Fatigue Jacket - M65 Type]
Cotton/Nylon
color : Olive
¥56,000+tax

*こちらは[ジャングルファティーグジャケット]と[M-65 フィールドジャケット]、いずれも[1st]モデルのデザインを採用し、両者の折衷として完成させたデザインになっています!

*新品の時はアイロンを掛けたように平らで愛想がありませんが(笑)、着る程に洗う程に驚く程表情豊かに変化していきます。


a0132147_20253612.jpg

*ジッパー付きのスタンドカラーの襟(中にフードも入っています)


a0132147_20254163.jpg

*ボタンとジップのフロント、エポレット、袖口の仕様、ウエストのドローコード、ボタンの露出した斜めに付けられたフラップポケット…等々。
2つのジャケットのディテールが混在したユニークなジャケットに仕上がっています!


a0132147_20261977.jpg

a0132147_20264487.jpg

*カモフラージュの裏地。
[COTTON/NYLON]の素材の素晴らしさや、卓越した縫製、細かく計算された絶妙なフィット感も相まって、大人の為のミリタリージャケットと呼ぶに相応しい抜群の完成度となっています!


a0132147_2027866.jpg

*このモデルには刺繍敢えて施さず、シンプルに仕上げられています!


------------------------------------------------------------------


a0132147_20273985.jpg

Nigel Cabourn [Jungle Fatigue Jacket - M65 Type]
Cotton/Nylon
color : Khaki
¥56,000+tax

*ミリタリー感が程よく薄められた、Khakiもおすすめのカラーです!

------------------------------------------------------------------


*最後に本日ご紹介させて頂いたジャケットの使用素材、
[COTTON/NYLON]についてご説明させて頂きます!

*今回のコレクションのテーマである、ベトナム戦争当時にミリタリーウェアなどに多用された[COTTON/NYLON]の[ウェザークロス]をターゲットにして現代に蘇らせました。
ナイロンの出現自体は1950 年代と比較的歴史が浅く、ターゲットにしたオリジナルファブリックもコットンナイロンの混紡としてはごく初期の時代にあたります。
 オリジナルのファブリックは現代に至るまで50 年以上の時間を経過しているためドライでかさついた独特のタッチを持つに至っています。
そして風雨にさらされた事により表面には微細な色ムラが生じています。

*[反染め]であったオリジナルに対し、この色むらを表現するために[先染め]で生地を織り上げました。
タテとヨコを微妙な色調の違いで染め分ける事によって、ベタ無地の反染めが経年変化から豊かなカラーを持つに至った経過を表現しました。

*染料には硫化を使用することで、ゆっくりと色落ちやアタリが生じますので現時点からの変化を楽しむ事ができます。

*織りにはデニムの技法を取り入れ、サイジングの糊を残しました。これによりカパカパとした独自のタッチを生み出しました。さらにアウターウェアには撥水加工をかけました。
*そもそもウェザークロスとは雨風を防ぐ平織のファブリックを指しますが、名実ともに機能するオリジナルのコットンナイロンウェザークロスを開発しました。
 コットンとナイロンの混率はそれぞれ50%、軽くて丈夫である事が特徴です。


------------------------------------------------------------------


a0132147_2028554.jpg

------------------------------------------------------------------


*Nigel Cabourn [Fatigue Jacket - Vietnam Embroidery] & [Jungle Fatigue Jacket - M65 Type] & Cotton/Nylon 2018S/S、如何でしたでしょうか?

*重くて腕周りの太い[実物]の[ファティークジャケット]も良いですが、洗練されつつも[実物]の存在感を残して作られた [Fatigue Jacket - Vietnam Embroidery] と[Jungle Fatigue Jacket - M65 Type]の2つのジャケットは別格の仕上がり、是非店頭でご試着下さい!!


*最後にお知らせです!!
[BLOG]掲載の商品の通販を承ります!!
[銀行振り込み]、もしくは佐川急便[eコレクト]の代引き(現金のみ)でお支払い頂けます。
過去のBLOG掲載品も在庫している場合がございますので、[メール]、もしくは[電話]にてお気軽にお問い合わせ下さい!



HOME TOWN STORE River Side
TEL : 03-3707-7717
mail : hts-rs@excite.co.jp


*[twitter]でも随時最新入荷情報をつぶやいております!!
[BLOG]の更新情報もお知らせしておりますので、
フォローどうぞよろしくお願い致します!!

ユーザー名[hts_rs]です!!
[Instagram]も同じユーザー名です!
こちらも合わせてよろしくお願い致します!!


上の写真をクリック後、更に[hts_rs]のアイコンをクリックして頂ければ、
[RIVER SIDE]の[instagram]をご覧頂けます。



本日も、最後までお読み頂きまして、ありがとうございました。
感謝!


それでは、ご来店を心よりお待ちしております!!


by hts-rs | 2018-04-03 21:01 | Nigel Cabourn

NEW : Nigel Cabourn [MALLORY JACKET] “HALFTEX” + “C.W.C.” 2018 S/S !!


RIVER SIDERの皆様、
店内は春夏の新作アイテムが続々と入荷して来ました!!
皆様に詳しくご紹介したい商品も数多く入ってきておりますので、改めて[BLOG]でご紹介させて頂きたいと思います!

*本日は、[CAMERAMAN JACKETと並ぶ[Nigel Cabourn]のブランドアイコン、 [MALLORY JACKET] “HALFTEX” + “C.W.C.”ご覧下さい!!

*以前から[Nigel Cabourn]の商品をご存知の皆様には今更なご説明になるかもしれませんが、[MALLORY JACKET](マロリージャケット)は、2003年、人類で初めてのエベレスト登頂成功から50周年を記念して、Nigelが自身のコレクションで初めて発表したジャケットです。
以来、マイナーチェンジを繰り返しつつも基本的なデザインは変更せず、シーズン毎に素材を変えながら進化し続けています!

*今シーズンは [100年前のコットンキャンバスの経年変化を再現しつつ1/2の軽さ]を持つNigelオリジナルファブリック[HALFTEX](ハーフテックス)と、第二次大戦中開発された高密度コットン、[ベンタイル]をベースに作られた[COLD WEATHER CLOTH](C.W.C)を使用したバージョンで登場致しました!

*驚く程の軽さと高い剛性、撥水性、ビンテージコットンと同様の風合い…!!
本来、登山の際のアウターとして、コート的な役割を果たしていた上着がベースのデザインなので、是非カジュアルなコーディネートにも取り入れて頂きたいジャケットです!!


それでは、どうぞじっくりとご覧ください!!


a0132147_2071554.jpg

Nigel Cabourn [MALLORY JACKET]
“HALFTEX” + “C.W.C.”
color : Dark Navy
¥52,000+tax


a0132147_2072390.jpg

*1953年のエベレスト遠征隊が着用していたジャケットがデザインのベースとなっている[MALLORY JACKET]。
1924年にエベレストの頂上を目指し、北東稜の頂上付近で行方不明となったイギリスの登山家、[ジョージ・マロリー]の遺体が、その75年後の1999年にマロリー・アーヴィン探索隊によって発見されました。これをきっかけに彼に敬意を表して、このジャケットは[MALLORY JACKET](マロリー・ジャケット)と名付けられました。

*英国のトラディショナルなディテールを持ちながらも、カジュアルアップなコーディネートにもにも対応する、皆様に是非一枚はお持ち頂きたいジャケットです!


a0132147_2073185.jpg

*3つのフラップ付きポケットと、肩、肘、ヨーク部分に補強用の生地が貼り付けられているのが特徴です。
登山用のリュックを背負う際、肩や背への強い摩擦を防ぐ為の仕様です。


a0132147_2073980.jpg

*サイドのポケットには袋状のマチが付いています。
伝統的なデザインです。
着込む程に立体感のある表情を作り出します。


a0132147_2074741.jpg

*ボタンは[チェンジボタン]を採用しています。



a0132147_2075638.jpg

------------------------------------------------------------------


*ここでこのジャケットに使用されている素材[HALFTEX](ハーフテックス)について
ご説明させて頂きます!


*[Nigel Cabourn]の膨大なビンテージコレクションの中に第一次世界大戦で運用されたトレンチコートがあります。
分厚いコットンキャンバスで出来ており、冷たい雨や剥き出しの瓦礫から兵士の体を確実に守るよう設計されていますが、その剛性と同時にとてつもない重さを持っています。

*ビンテージのコットンキャンバスの持つ、経年変化により水分の飛び切ったドライタッチと、天然繊維であるコットン特有の滑らかでナチュラルなタッチを持ちながら、重量だけを軽減するファブリックを生み出す事は出来ないか…。

*そこで誕生したのが[HALFTEX]です!!
耐熱、耐摩擦、耐薬品、耐油等の面で通常のナイロンよりはるかに優れる[ナイロン66]を、ナイロン本来のテグス状の構造ではなく、[コットンの短繊維]と全く同様の短い繊維に形成し、それを天然繊維同様に撚り合せる事で一本の糸を形作っています。
更に、繊維の中を空洞にしつつ強度を保つ[中空設計]や、オリジナルの特殊加工を積層的に重ねる事でナチュラルなコットンキャンバスの100年の経年変化を再現するファブリックが完成しました!

*[ナイロン66]の持つ非常に高い剛性を持ち、ビンテージコットンと同様の風合いでありながら、驚異的に軽い着心地。
同様の厚みのコットンキャンバスの約半分の重さしかない新しいファブリック、それが[HALFTEX]です!!


------------------------------------------------------------------


*ジャケットの肩や肘、ヨーク部分に使用されている素材、[COLD WEATHER CLOTH](略してC.W.C.)についてご説明させて頂きます!

*[Nigel Cabourn]がオリジナルで開発した[コールドウェザークロス]。
ターゲットにした生地は、英国空軍のパイロット用の耐水服素材として第二次世界大戦中に英国で開発された[Ventile](ベンタイル)です。

*[ベンタイル]は引き裂き強度にに不足がある事や、反染めである為若干色落ちしやすいという点がありますが、[C.W.C.]は、染色を原反から糸に変更し、製織のバランスを取る事で本家[ベンタイル]を超える引き裂き強度がある上に、本家同様の撥水性、防風性を持つ生地です!
コットン100%の生地ですので、経年変化も楽しんで頂けます!!


------------------------------------------------------------------


*最後に[MALLORY JACKET]についてご説明させて頂きます!

*[MALLORY JACKET](マロリー・ジャケット)はNigel Cabournが独自にデザインし、今ではブランドのアイコンとなっている定番アイテムの1つで、2003年の‘The Ascent of Cabourn’ コレクションで初めて紹介されました。

遠征隊の一員の[シェルパ]が着用しているジャケットからインスパイアされた事から、[Sherpa Jacket](シェルパ・ジャケット)と呼ばれていましたが、後にエドモンド・ヒラリーに同行し、エベレスト登頂に成功した有名なシェルパであるTenzing Norgay(テンジン)にちなんで、Tenzing Jacket(テンジン・ジャケット)と呼ばれるようになりました。



a0132147_208838.jpg

[MALLORY JACKET]のベースとなった、シェルパが着用していたジャケット。


*Tenzing Jacket(テンジン・ジャケット)は、その後間もなく、[ハリスツィード]と[ベンタイル]といった、ナチュラルで非常に機能的、更に見た目にも美しい素材で注目され、寒い冬には不可欠なジャケットとなりました。

*1924年にエベレストの頂上を目指し、北東稜の頂上付近で行方不明となったイギリスの登山家、[ジョージ・マロリー]の遺体が、その75年後の1999年にマロリー・アーヴィン探索隊によって発見されました。これをきっかけに、彼に敬意を表して、このジャケットは[MALLORY JACKET]と名付けられ、冬には別注の[ハリスツィード]、夏は厳選した様々な薄手の素材を使用し、素材を変え毎シーズン進化し続けています!!



a0132147_2081451.jpg

[MALLORY JACKET]の原点となった2003年発表の[SHERPA JACKET]



a0132147_20181110.jpg

当時は、今見ると信じられないような[軽装]で、エベレスト登山が行われていました。
ダウンジャケットもゴアテックスも無い時代です...!

------------------------------------------------------------------


*Nigel Cabourn [MALLORY JACKET] “HALFTEX” + “C.W.C.” 2018 S/S、
如何でしたでしょうか?

*カーゴパンツや太目のチノ、デニム等とカジュアルとしてのコーディネートや、シャツ、レザーシューズと合わせて綺麗目なコーディネートも楽しんで頂けるジャケットです!

*店内には、[Nigel Cabourn]の新作シャツ、S/Sシャツ、ジャケット、Tシャツ、パンツ他、春夏アイテムが大量入荷しております!
是非あわせて店頭でご覧ください!!


*最後にお知らせです!!
[BLOG]掲載の商品の通販を承ります!!
[銀行振り込み]、もしくは佐川急便[eコレクト]の代引き(現金のみ)でお支払い頂けます。
過去のBLOG掲載品も在庫している場合がございますので、[メール]、もしくは[電話]にてお気軽にお問い合わせ下さい!



HOME TOWN STORE River Side
TEL : 03-3707-7717
mail : hts-rs@excite.co.jp


*[twitter]でも随時最新入荷情報をつぶやいております!!
[BLOG]の更新情報もお知らせしておりますので、
フォローどうぞよろしくお願い致します!!

ユーザー名[hts_rs]です!!
[Instagram]も同じユーザー名です!
こちらも合わせてよろしくお願い致します!!


上の写真をクリック後、更に[hts_rs]のアイコンをクリックして頂ければ、
[RIVER SIDE]の[instagram]をご覧頂けます。



本日も、最後までお読み頂きまして、ありがとうございました。
感謝!


それでは、ご来店を心よりお待ちしております!!

by hts-rs | 2018-03-16 20:25 | Nigel Cabourn

NEW : Nigel Cabourn “AUTHENTIC” [POM POM HAT]、[DROPZONE POM POM] & [BEANIE HAT] 2017FW !!


RIVER SIDERの皆様、
本日は、英国を始めヨーロッパの素材を使用し、伝統ある英国のファクトリーで生産する[最強]の[Nigel Cabourn] [AUTHENTIC]ラインから、[ニットキャップ]をご紹介させて頂きます!!
[POM POM HAT]、[DROPZONE POM POM]、[BEANIE HAT]です!!

*[Nigel]本人もお気に入りでよく被っている写真を見かける、非常に[浅い]作りの(頭に軽くのせる感覚です!)[ビーニー]で、50年代後半の南極大陸横断の探検の際に、 [George Lowe]が被っていたものをベースにデザインされています!

*ブリティッシュウール100%の[7ゲージニット]で編まれ、トップにポンポンが付き、リブを折り返すと[ブロードアロー]が描かれた[ラベル]が縫い付けられています!
[Made in Scotland]の上質な[ビーニー]です!

*懐かしさと新鮮さを併せ持った存在感抜群のこの[POM POM HAT]は、コーディネートの仕上げに大活躍してくれる事、間違いありません!!
今回は無地の[POM POM HAT]に加え、ボーダーカラーの[DROPZONE POM POM]、更に[POM POM]なしの[BEANIE HAT]をご用意させて頂きました!!


それでは、どうぞじっくりとご覧ください


a0132147_19375299.jpg

------------------------------------------------------------------


a0132147_1938289.jpg

Nigel Cabourn “AUTHENTIC” [POM POM HAT]
左から : color : BROWN/ ARMY、NAVY/ RAF
各¥18,000+tax

*50年代後半の南極大陸横断の探検の際に、 [エドモンド・ヒラリー]の長年のパートナーである探検家、[ジョージ・ロー]が被っていたものをベースにデザインされた[POM POM HAT]です!


a0132147_19381258.jpg

*ブリティッシュウール100%の[7ゲージニット]で編まれた、Made in Scotland。
もっちりとしたニットの厚みや暖かさ、高級感も満点です!


a0132147_19382031.jpg

*タグには[Broad Arrow](ブロードアロー)が描かれています。
[Broad Arrow] は英国の官有物である旨を示す矢印形のマークで、17世紀末頃から軍用品に付けられましたが、その後広く用いられています。
[Nigel]のアイテムには象徴的に使われているモチーフです。


------------------------------------------------------------------


a0132147_19382820.jpg

Nigel Cabourn “AUTHENTIC” [DROPZONE POM POM]
左から : color : NAVY、ARMY
各¥18,000+tax

*こちらは3色に色分けされた[POM POM HAT]のバリエーション!
存在感抜群で、シンプルなウエアに合わせると印象的なアクセントになります!


------------------------------------------------------------------


a0132147_19383712.jpg

Nigel Cabourn “AUTHENTIC” [BEANIE HAT]
上から : color : NAVY、ARMY、ORANGE
各¥15,000+tax

*こちらは[POM POM]無しのバーション!
カラーも雰囲気も変わります!
是非店頭で被ってみて下さい!


------------------------------------------------------------------


*Nigel Cabourn “AUTHENTIC” [POM POM HAT]、[DROPZONE POM POM] & [BEANIE HAT] 2017FW、
如何でしたでしょうか?

*[ピーコート]や[カメラマンジャケット]等のコート類にも良く似合います!
POM POMの有無やカラー等、店頭で色々被り比べてみて下さい!!


*最後にお知らせです!
店頭にはNigel Cabourn “AUTHENTIC”ラインのアイテム各種入荷しております!
[マッキントッシュクロス]と[ハリスツイード]のコンビの[CAMERAMAN JACKET]や、イタリア製の生地を使用した[NAM JACKET](同素材のCAMERAMAN JACKETもございます!)、いずれも英国の歴史あるファクトリーで生産された逸品です!!
是非店頭でご覧ください!!


*[BLOG]掲載の商品の通販を承ります!!
[銀行振り込み]、もしくは佐川急便[eコレクト]の代引き(現金のみ)でお支払い頂けます。
過去のBLOG掲載品も在庫している場合がございますので、[メール]、もしくは[電話]にてお気軽にお問い合わせ下さい!



HOME TOWN STORE River Side
TEL : 03-3707-7717
mail : hts-rs@excite.co.jp


*[twitter]でも随時最新入荷情報をつぶやいております!!
[BLOG]の更新情報もお知らせしておりますので、
フォローどうぞよろしくお願い致します!!

ユーザー名[hts_rs]です!!
[Instagram]も同じユーザー名です!
こちらも合わせてよろしくお願い致します!!


上の写真をクリック後、更に[hts_rs]のアイコンをクリックして頂ければ、
[RIVER SIDE]の[instagram]をご覧頂けます。



本日も、最後までお読み頂きまして、ありがとうございました。
感謝!

それでは、ご来店を心よりお待ちしております!!

by hts-rs | 2017-11-16 19:45 | Nigel Cabourn

NEW : Nigel Cabourn [LYBRO] FLIGHT JACKET 2017FW !!


RIVER SIDERの皆様、
本日は、[Nigel]のワークウエアライン、[LYBRO](ライブロ)から、ジャケットをご紹介させて頂きます!
[LYBRO] FLIGHT JACKETです!!

*コットンにキルティングのライナーが付いた、ミリタリーの[フライトジャケット]と[ワークウエア]をミックスしたデザイン、機能的なポケットも装備され,冬でも暖かいジャケットです!!

短め丈、肩幅広めのボックスシルエットで、コーディネートもしやすいのも特徴、カラーは[BLACK]と[US TAN]の2色をご用意させて頂きました!!

*世代を問わずお使い頂ける[Nigel]のウエア、シンプルさが魅力の皆様に是非お試し頂きたいジャケットです!


それでは、どうぞじっくりとご覧ください!!


a0132147_2017158.jpg

Nigel Cabourn [LYBRO] FLIGHT JACKET
color : Black
¥36,000+tax

*米軍の[フライトジャケット]をベースに、英国のワークテイストをミックスしたデザインの[FLIGHT JACKET]です!


a0132147_2017840.jpg

*[LYBRO]は、元は1927年に英国・リバプールで誕生したワークウェアブランド。
1960年代まで、英国を中心とした労働者向けに様々なタイプのワークウエアやミリタリーウエアを生産していました!
その後ブランドは消滅しましたが、以前からこのブランドに思い入れの深かった[ナイジェル]が同ブランドの商標を獲得し、自身のワークウエアラインとしてスタートさせました!

*ワークウエアに[ナイジェル]ならではのエッセンスを加えた[LYBRO]は、初めてナイジェルのウエアを着る方にもおすすめしたいラインナップが揃っています!!


a0132147_20171712.jpg

*サイドに[ハンドウォーマー]が付いたポケット。
上部はジッパーで開閉し、[マチ付き]なので、スマートフォンや財布等が収納出来ます!


a0132147_20172355.jpg

*表地の素材はコットンのツイル生地。
着込む程に艶が取れ、より自然でこなれた風合いに仕上がります!
キルティングの裏地付きで冬でも暖かい仕様です!
ジッパーは[TALON]製。
引き手にはリングを付けて扱いやすくしています。


a0132147_20173378.jpg

*[Vintage]の風合いを持った袖口と裾のリブ。
折り返す事でより丈夫に、風の侵入も防ぎます。


a0132147_20174188.jpg

*後ろ姿です。
両肩の[ショルダーパッチ]は、英国の[ワークジャケット]からのディテールです。
着丈はすっきりとして肩幅広めのデザインは、私たち日本人の体型にもフィットしてくれます!


------------------------------------------------------------------


a0132147_20174829.jpg

Nigel Cabourn [LYBRO] FLIGHT JACKET
color : US Tan
¥36,000+tax

*色違いの[US Tan]、[ベージュ]もご用意しております!


a0132147_20175760.jpg

------------------------------------------------------------------

*Nigel Cabourn [LYBRO] FLIGHT JACKET 2017FW、
如何でしたでしょうか?

*シンプルなデザインで幅広い着こなしを楽しんで頂けるおすすめのジャケットです!!
シャツ等のインナーやマフラー等、CAP等とのコーディネートを色々楽しんでみて下さい!!


*最後にお知らせです!!
[BLOG]掲載の商品の通販を承ります!!
[銀行振り込み]、もしくは佐川急便[eコレクト]の代引き(現金のみ)でお支払い頂けます。
過去のBLOG掲載品も在庫している場合がございますので、[メール]、もしくは[電話]にてお気軽にお問い合わせ下さい!



HOME TOWN STORE River Side
TEL : 03-3707-7717
mail : hts-rs@excite.co.jp


*[twitter]でも随時最新入荷情報をつぶやいております!!
[BLOG]の更新情報もお知らせしておりますので、
フォローどうぞよろしくお願い致します!!

ユーザー名[hts_rs]です!!
[Instagram]も同じユーザー名です!
こちらも合わせてよろしくお願い致します!!

上の写真をクリック後、更に[hts_rs]のアイコンをクリックして頂ければ、
[RIVER SIDE]の[instagram]をご覧頂けます。



本日も、最後までお読み頂きまして、ありがとうございました。
感謝!


それでは、ご来店を心よりお待ちしております!!

by hts-rs | 2017-11-15 20:27 | Nigel Cabourn

NEW : RED WING x Nigel Cabourn [MUNSON B-5 CHUKKA] #4632 & #4633 2017FW !!


RIVER SIDERの皆様、
本日は、早く皆様にご紹介したかった[スペシャル]なコラボレーションのブーツをご覧頂きたいと思います!!

*ヨーロッパを中心としたミリタリーウェアの歴史を追求し、
それらをベースにしたウェアを展開する[Nigel Cabourn]と、
アメリカで110 年以上もの間、伝統に基づくワークブーツを造り続けている[RED WING]、
2012年以来2度目となるコラボレーションブーツ、[MUNSON B-5 CHUKKA]です!!

*[第一次世界大戦時]に英国軍のコンバットブーツとして造られていた[B-5ブーツ]に着想を得て[マ作られた[マンソンB-5 チャッカ]は、[B-5ブーツ]と同時代にアメリカ軍で使われたミリタリーラストである[マンソン・ラスト]を用い、[B-5 ブーツ]同様、先芯を使わない仕様とし、その時代にアメリカのワークブーツの主流であったつま先のスタイル、[キャップドトゥ]を採用したチャッカブーツです!!

*素材には、[ラフアウトレザー]にオイルを染み込ませた[Hawthorne ”Muleskinner” Roughout]と、ブラウンの上からブラックの塗膜を施した[茶芯]レザー、[Black “Klondike"]の2種類のレザーを使用しています!

*コンバットブーツのティテールを持った[Nigel]らしい[チャッカブーツ]、[MUNSON B-5 CHUKKA]、5年振りの[Nigel]と[RED WING]の夢のコラボレーションです!!

*今回はかなり説明文が多くなっていますので、飛ばし読みで結構です!(笑)
それでは、どうぞご覧ください!!



a0132147_16544143.jpg

RED WING x Nigel Cabourn [MUNSON B-5 CHUKKA]
手前から : #4632 Hawthorne ”Muleskinner” Roughout
#4633 Black “Klondike"

各¥55,000+tax

------------------------------------------------------------------


a0132147_16545127.jpg

RED WING x Nigel Cabourn [MUNSON B-5 CHUKKA]
#4632 Hawthorne ”Muleskinner” Roughout

¥55,000+tax


*[RED WING]と[Nigel Cabourn]との5年ぶりのコラボレーションとなる第二弾は、[第一次世界大戦時]に英国軍のコンバットブーツとして作られていた[B-5 ブーツ]に着想を得て、それに両ブランドのテイストを加えてチャッカブーツに仕上げた、 [MUNSON B-5 CHUKKA]です!!


a0132147_16545949.jpg

*英国軍の[B-5 ブーツ]を、チャッカブーツに仕上げるに当り、[RED WING]と[Nigel]は、この英国軍ブーツと同時代にアメリカ軍で使われたミリタリーラストである[マンソン・ラスト]を用い、[B-5 ブーツ]同様、先芯を使わない仕様とし、その時代にアメリカのワークブーツの主流であったつま先のスタイル、[キャップドトゥ]を採用しました。



a0132147_1655993.jpg

*[マンソン・ラスト]は本来つま先の高さがあるタイプのラストですが、先芯を使わずに仕上げたことで、
そのボリューム感は控えめで、また履きこむと少しずつつま先が低くなってきます!


a0132147_16551736.jpg

*アッパーステッチのグリーン系の色に合わせた[ローデングリーン]のレザー・レース(靴紐)。
蝋引きの[ブラウン]の丸紐も付属します。


a0132147_16552558.jpg

*履き口の[コバ]はB-5 ブーツと同様の[切りっぱなし]で仕上げています。


a0132147_16553528.jpg

*ウエルトには[スプリットリバース・ウエルト]と呼ばれる、いわゆる[立ちコバ]を使い、
靴の全周をぐるりとソールに縫い付ける[オールアラウンド・グッドイヤー製法]とし、[コバ]をステインで染めて仕上げました。


a0132147_1655442.jpg

*[アウトポケット]を[RED WING]社が100年近く使い続けている[ピューリタン・ミシン]を使って[トリプルステッチ]で縫いつける仕様としました。
ブーツを縫い合わせるステッチの色は、[グリーン]ですが、一見それとは分からない程レザーと一体化した自然な仕上がりです。


a0132147_16555796.jpg

*後ろから見ると、[トリプルステッチ]の迫力が際立ちますね!
勿論、耐久性もアップします。


a0132147_1656429.jpg

*クロコードソール
[クロコードソール]は、オハイオ州の[リマ・コード・ソール&ヒール]社が、1920年代に[REDWING]社の為に発売したラバー製のソールです。

コード(紐)の切れ端をラバーに混ぜて成形し、すべりを防いだ事で、ワークの現場やハンティングのフィールドで、靴の性能を大きく高め、[REDWING]の売り上げに大きく貢献しました!

*この[クロコードソール]は、1920年代に主流であった[トレッドパターン]を取り入れ、レザーソールにラバーを組み合わせたソールに仕上げられています。



a0132147_16561234.jpg

*ここで、このブーツに使用されているレザー、[Hawthorn ”Muleskinner” Roughout](ホーソーン"ミュールスキナー"ラフアウト)についてご説明させて頂きます・・・!!

*一見すると普通のいわゆる[スエード]に見えますが、作りは全く異なります!!
多くのシューズメーカーでは、スエードの靴に、一枚革を二枚に薄くスライスし、内側の起毛面のみを使いますが、[RED WING]では、厚手の革をそっくり裏返しにして革の[銀面]を内側に、床面を表にした[ラフアウト]レザーを使用します!!
密な繊維層を持つ[銀面]をそのまま残す為、驚く程頑丈なブーツとなるのです。
単なるスエードとは(失礼!)一線を画す、粗削りな独特の風合いが特徴です。

*[REDWING]では、この[ラフアウト]レザーの事を[アビレーン]と呼んでいます。
[アビレーン]とは、かつて荒くれ者が集う町として名高かったテキサスにある町の名前から取られています。
なんとなく雰囲気が伝わって面白いですね!!

*[アビレーン]にオイルを染み込ませ、深みのある色合いとしっとりとした表情を持たせたのが[Hawthorn ”Muleskinner” Roughout]です!

*このベージュ色の[ラフアウト]レザーは、汚れを気にせず(既に汚してありますが…)ガンガン履き込んで頂いた方が、このレザーの持つ魅力が増します!!


------------------------------------------------------------------


a0132147_16562497.jpg

RED WING x Nigel Cabourn [MUNSON B-5 CHUKKA]
#4633 Black “Klondike"

¥55,000+tax


a0132147_16563216.jpg

*このブーツに使用されているレザー、[Black "Klondike"]
(ブラック"クローンダイク")についてもご説明させて頂きます・・・!!

*かつて[REDWING]のブーツレザー[ブラッククローム]は、革の芯まで黒色に染まった[芯通し]の革ではなく、芯が[茶色]の時期がありました。
これは[茶色]と[黒]2色のブーツを作る際、同じ茶色の[クラスト](2次鞣しを終えた最終仕上げ工程直前の革)を使用する事で生産効率を高め、在庫リスクを抑える目的でした。
この芯が[茶色]の[黒]の革は、表面の黒い塗膜が剥がれると[茶色]い下地が出てくる為、ブーツを長年履き込むと、黒かったブーツが徐々に茶色味を帯びてくるという性質を持っていました。

*80年代に入り、環境保護への関心が高まり、[有機溶剤型塗料]による環境への影響が懸念されるようになると、[REDWING]でも徐々に[水性塗料]へと移行していく事になりました。
しかし、オイルをふんだんに含ませた革は、[水性塗料]との相性が良くありません・・・!!
[塗膜]が銀面にしっかりと食いつきにくく、[茶色]の革を[黒]に塗りつぶす事が難しくなりました。
[茶色]の革の需要も減少し、染色技術の向上も伴い、徐々に[黒]の革には[黒のクラスト]を使用する様になりました。

*革の芯まで黒色に染まった[芯通し]の革(現在のブラック"クローム"レザー)は表面の[塗膜]が剥がれたり傷ついたりしても[黒色の下地]しか出てこない為、長年は履き込んでも購入当初の[真っ黒]の状態が保たれます。
これは時代の進化なのですが、逆に昔の革の味わいを楽しもうというのが、[Black "Klondike"]レザーなのです!!

*[Black "Klondike"](ブラック"クローンダイク")は、芯が[茶色]の頃の[ブラッククローム]レザーを再現したものです。ブーツマニアの間で、通称[茶芯]と呼ばれる稀少なこのレザーを蘇らせる為の[REDWING]の苦労は大変なものでした。環境保護基準の改訂により、当時と同じ塗料は使用出来ない為、度重なるサンプルを経てようやく当時の雰囲気を再現する事に成功しました!!

*履きはじめの頃は硬く感じますが、革の表面が擦れたりして色落ちし、下地の[茶色]がうっすらと見えてきます。
これが良い[味]となり、新品の状態よりブーツを更に魅力的なものにしていきます。
リペアしながら長く履き続ける事の出来る、[REDWING]ならではの経年変化を存分にお楽しみ下さい!!



a0132147_1656399.jpg

a0132147_16564725.jpg

*最後に、このブーツに使用されている靴型(ラスト)、
[MUNSON LAST]についてご説明させて頂きます!!

*1912年、マンソン博士がワシントンの陸軍学校の軍隊衛生学の教授であった時、
歩兵部隊用ブーツの為に開発したラストが[MUNSON LAST](マンソン・ラスト)です。

彼は4 年の歳月をかけて、約2,000 人もの兵士の足を調べ、靴のフィッティングについて調査して、この[マンソン・ラスト]を完成させました。
その後ミリタリーブーツのラストとして制式採用され続け、
現在でも一部のミリタリーブーツに使用されています。

*[マンソン・ラスト]の最大の特徴は、足の指先の並びに沿うように造られたつま先部の形状にあります。
つま先部の中心から親指にかけて大きく膨らむように造られたこのラストは、
足先を強く締め付けることがありません。
[外反母趾]や[ハンマートゥ]といった、靴が足に正しくフィットしていないことが
原因となる病気が起こりにくい設計となっています。

*また、つま先のデッドスペースを無くすことで、ソールや中底、
アッパーレザー等の浪費を防ぎ、靴を軽量化することも考慮してデザインされています。
このように、[マンソン・ラスト]は見た目の美しさよりも兵士達の足を守ることと、
戦場で求められる機能性を追求してつくられたラストです。

*第一次、第二次の両世界大戦期にミリタリーブーツを製造していた[REDWING]は、
この[マンソン・ラスト]をワークブーツにも採用していました。
[ワークブーツ]と[ミリタリーブーツ]はどちらも耐久性、機能性に加え足を保護することを重視してつくられています。
その為、ミリタリーブーツ用の[マンソン・ラスト]は、ワーカー達にも広く受け入れられたのです。
1928 年のレッド・ウィングのカタログに掲載されているワークブーツは、
その半数以上が[マンソン・ラスト]で作られていました。


------------------------------------------------------------------


*RED WING x Nigel Cabourn [MUNSON B-5 CHUKKA] #4632 Hawthorne ”Muleskinner” Roughout & #4633 Black “Klondike” 2017FW、如何でしたでしょうか?

*他ブランドとのコラボレーションを滅多にしないブランドとして知られる [RED WING]、それぞれのブランドのアイデンティティをひとつの商品に体現するのは、簡単なことではないと考えているからです!
今回のコラボレーションは、お互いがその道のスペシャリストとして妥協の無い活動を行っており、理解し合い、リスペクトし合うからこそ実現したのです!!

是非店頭で実際にその完成度の高さをご覧ください!!


*最後にお知らせです!!
[BLOG]掲載の商品の通販を承ります!!
[銀行振り込み]、もしくは佐川急便[eコレクト]の代引き(現金のみ)でお支払い頂けます。
過去のBLOG掲載品も在庫している場合がございますので、[メール]、もしくは[電話]にてお気軽にお問い合わせ下さい!



HOME TOWN STORE River Side
TEL : 03-3707-7717
mail : hts-rs@excite.co.jp


*[twitter]でも随時最新入荷情報をつぶやいております!!
[BLOG]の更新情報もお知らせしておりますので、
フォローどうぞよろしくお願い致します!!

ユーザー名[hts_rs]です!!
[Instagram]も同じユーザー名です!
こちらも合わせてよろしくお願い致します!!


上の写真をクリック後、更に[hts_rs]のアイコンをクリックして頂ければ、
[RIVER SIDE]の[instagram]をご覧頂けます。



本日も、最後までお読み頂きまして、ありがとうございました。
感謝!


それでは、ご来店を心よりお待ちしております!!
by hts-rs | 2017-11-10 17:06 | Nigel Cabourn

NEW : Nigel Cabourn [MILITARY P-COAT] 2017 WINTER !!


RIVER SIDERの皆様、
台風や雨続きですっきりしない週末続きの10月でしたが、店頭にはたくさんのおすすめしたいウエア類が揃っております!!

本日は、昨年大好評頂いた[Nigel Cabourn]の素晴らしい完成度の[P-COAT]を、今年もご紹介させて頂きます!!

この[P-COAT]は昨年に引き続き今年もラインナップに登場している、流行にとらわれる事なく、長く着続けて頂きたいコートです。

*1950年代に英国の沿岸警備隊(COAST GUARD)が運用していたビンテージの[P-COAT]をベースに作られたこの [MILITARY P-COAT]は、一般的に存在するメルトン生地のP-COAT]とは一線を画する、驚くほどの存在感を持っています!

*伝統的な[P-COAT]のスタイルに加え、袖口、衿など補強のため頑強なレザーをセットし、ビンテージウェアのデザインディテールを正確に再現、更に素材も高密度で剛性と耐久性の高いビンテージファブリックをも再現した、十数年後の[Vintage]になりうる程の逸品です!!
存在感のある佇まいと落ち着きのある風情は、まさに大人の為の[P-COAT]!!


それでは、どうぞじっくりとご覧下さい!!


a0132147_20162819.jpg

Nigel Cabourn [MILITARY P-COAT]
color : Black
¥76,000+tax

*[PEA COAT]の名前の由来は、[PEA=錨の爪]、[PIJ=厚手の起毛素材](オランダ語)など諸説あります。

*日本と同様に四方を海で囲まれた[英国]にとって、[沿岸警備隊]の役割は他国からの侵攻に対し警備するだけではなく、密輸防止・追跡・逮捕、海難防止・捜索・救助など多岐に渡ります。
その任務は非常に困難なものを多く含み、装備もそうした過酷な環境に耐えられるものであることが要求されます。


a0132147_20163638.jpg

*風の吹き付ける方向によって左右どちらでも合わせられるダブルブレスト、腐食しない素材のボタン、雨風をシャットアウトするための大きな衿、保温力の高いメルトン素材….。
これらが、伝統的な[P-COAT]のスタイルです。

*[Nigel Cabourn]の[MILITARY P-COAT] は、さらにビンテージウェアのデザインディテール、そしてファブリックを正確に再現して作られています!!


a0132147_20164355.jpg

*襟のすり切れやすい部分には、補強のため頑強なレザーがセットされています。


a0132147_20165132.jpg

*ハンドウォーマーポケット。
収納よりも[ハンドウォーマー]としての機能が優先するように考えられています。
ヒトの体の中心、すなわち最も体温の高い部分に位置するように計算され配置されています!
ポケットの両端には補強の為に三角形のレザーパーツが付けられています。


a0132147_20165937.jpg

*装備品などを収納するための、フラップポケット。
フラップは内容物の脱落防止の為です。


a0132147_2017661.jpg

*袖口もレザーで補強されています。
袖口の広さを調節するアジャスターも装備しています。

*写真にはありませんが、袖の内側にはウールのリブがセットされ、体温の流出を防ぐと共に、作業の際に袖口を固定する役割を兼ね備えています。
このリブは、腕側が緩め、手首側がきつめという2種類の異なった編地によって作られています。
非常に手間のかかる工程ですが、こうした構造のリブは手首に余分なテンションをかけ締め付けることなく確実にホールドする、といった優れた機能性を生み出しています。


a0132147_20171492.jpg

*渋い光沢を放つ[コロゾボタン]。
英語では[corozo]と書きます。
[ナットボタン]とも呼ばれています。
いずれも[タグワ椰子]の木の実を削って作られたボタンを指します。このボタンは表面のツヤとヤシの木目模様が特長です。

*洗濯や紫外線といった経年変化とともに色が褪せてくることがありますが、それが逆に良い風合いとなり、ヴィンテージ感が増すことになります。


a0132147_20172032.jpg

*素材もじっくりとご覧下さい!!
生地にも[Nigel]の並々ならぬこだわりが詰まっています!

この生地は[ナイジェル]のオリジナルファブリックで、一見すると[メルトン]に見えますが、このファブリックにはメルトンには付きもののふわふわした毛羽が存在しません!
このファブリックの表面には生地の縦糸と横糸がはっきりと確認出来る上に、触っただけではっきりとわかる打ち込み密度と重量を持っています。

一般的な[メルトン]の様な縮絨(しゅくじゅう)加工に頼る事なく、[織り]の技術だけで縮絨加工を遥かに超える密度を持った生地、製織段階で高密度の生地に織り上げる事により格段の[剛性]と[耐久性]を生み出しています!!


a0132147_20172998.jpg


*最後に後ろ姿もご覧下さい!
外観はスタンダードかつビンテージな[P-COAT]のスタイルに仕立てられていますが、フィットはタイト過ぎず、大きすぎない絶妙のバランスに仕上がっています!!
是非店頭でお試し下さい!!


------------------------------------------------------------------



*Nigel Cabourn [MILITARY P-COAT] 2017 WINTER、如何でしたでしょうか?

*一般的な[P-COAT]は、ともすると子供っぽくなりがちですが、この[MILITARY P-COAT] は全く違います!!
[本物]だけが持つ存在感を感じさせる、大人の為の[P-COAT]です!!

*店頭には[new balance]のMade in USAの新作、[Winter Peaks]、[Northern Lights]シリーズや、JELADOの[スカジャン]、ブランケット付き[Gジャン}、[Stevenson]のシャツ、今年も大好評の[水沢ダウン]、[High Large Leathers]改め[Fine Creek Leathers]のレザージャケット、そして[Nigel Cabourn]の英国製[CAMERAMAN JACKET]や[NAM JACKET]...!!
...等々まだまだとても書ききれません!!
是非CHECKしにお越しください!!

*最後にお知らせです!!
[BLOG]掲載の商品の通販を承ります!!
[銀行振り込み]、もしくは佐川急便[eコレクト]の代引き(現金のみ)でお支払い頂けます。
過去のBLOG掲載品も在庫している場合がございますので、[メール]、もしくは[電話]にてお気軽にお問い合わせ下さい!



HOME TOWN STORE River Side
TEL : 03-3707-7717
mail : hts-rs@excite.co.jp




*[twitter]でも随時最新入荷情報をつぶやいております!!
[BLOG]の更新情報もお知らせしておりますので、
フォローどうぞよろしくお願い致します!!

ユーザー名[hts_rs]です!!
[Instagram]も好評頂いております!!
こちらも合わせてよろしくお願い致します!!


本日も、最後までお読み頂きまして、ありがとうございました。
感謝!


それでは、ご来店を心よりお待ちしております!!




by hts-rs | 2017-10-28 11:25 | Nigel Cabourn

NEW : Nigel Cabourn [QUILTED JACKET] “C.W.C.” 2017 F/W !!


RIVERSIDERの皆様、
夏の様な暑さの次の日は上着が必要な寒さ…なんだか体がついて行きませんが、そろそろ秋冬アイテムの準備が必要な時期ですね!

*店頭には[Champion]や[Stevenson]のスエット、[PENDLETON]のウールシャツ、[Nigel]の[英国製]ラインのジャケット等も入荷してとても賑やかになっています!!

*本日は皆様に是非ご紹介したい[中綿]のジャケット、[QUILTED JACKET] “C.W.C”をご紹介させて頂きます!!

*ミリタリージャケットのライナーをイメージさせる様な軽やかさと着丈短めのボックスシルエット、段染めの糸を使用した表情豊かな[リブ]、左右非対称のポケットや、第二次世界大戦に英国で開発された生地、[ベンタイル]をベースに[Nigel]がオリジナルで制作した[COLD WEATHER CLOTH](略してC.W.C.)を使用する等、いつもながらの徹底的な拘りを感じさせる仕上がりになっています!!

*写真だけではこの独特なシルエットの良さと上質な素材感を伝えきれません!
是非店頭で試着してみて頂きたいジャケットです!


それではまずは写真から、どうぞじっくりとご覧ください!!


a0132147_203183.jpg

Nigel Cabourn [QUILTED JACKET] “C.W.C.”
color : Charcoal
¥42,000+tax


a0132147_20311582.jpg

*短めの着丈、身幅にやや余裕を持たせたボックスシルエットのキルティングジャケットです!
*ミリタリージャケットのライナーをイメージさせるデザイン、軽くて暖かく、アウター、インナーいずれにも活用出来る厚さです!


a0132147_20312246.jpg

*襟元と袖口のリブ部分です。
2つの色がランダムに混じり合ったニュアンスのある仕上がりです。


a0132147_20312978.jpg

a0132147_2031371.jpg

*左右非対称のポケット。
向かって左のポケットはマチが大きく取られており、収納力もたっぷりです。


a0132147_20314385.jpg

*右には縦長のスナップ付きポケットが二つ付けられています。


a0132147_20315160.jpg

*ウエストと裾はドローコードが付いていますので、お好きなバランスに調整して着用頂くことも出来ます!



a0132147_20315955.jpg

*ここでこのジャケットに使用されている素材、[COLD WEATHER CLOTH](略してC.W.C.)についてご説明させて頂きます!

*[Nigel Cabourn]がオリジナルで開発した[コールドウェザークロス]。
ターゲットにした生地は、英国空軍のパイロット用の耐水服素材として第二次世界大戦中に英国で開発された[Ventile](ベンタイル)です。

*[ベンタイル]は引き裂き強度にに不足がある事や、反染めである為若干色落ちしやすいという点がありますが、[C.W.C.]は、染色を原反から糸に変更し、製織のバランスを取る事で本家[ベンタイル]を超える引き裂き強度がある上に、本家同様の撥水性、防風性を持つ生地です!
コットン100%の生地ですので、経年変化も楽しんで頂けます!!


a0132147_2032654.jpg

a0132147_20321322.jpg

*後ろ姿です!短めの着丈が実に新鮮に感じられます!!
太いパンツやCAP類との相性も抜群です!!


------------------------------------------------------------------


a0132147_20322086.jpg

Nigel Cabourn [QUILTED JACKET] “C.W.C.”
color : Yellow
¥42,000+tax


a0132147_20322689.jpg

*少しくすんだ落ち着きのある[Yellow]はデニムやオリーブのパンツとも似合います!
コーディネートしやすいカラーです!


------------------------------------------------------------------


a0132147_20323941.jpg

Nigel Cabourn [QUILTED JACKET] “C.W.C.”
color : Dark Olive
¥42,000+tax


a0132147_20324566.jpg

*2色使いのリブがアクセントになり、ミリタリーウエアとは一線を画す仕上がりになっています!

------------------------------------------------------------------


*Nigel Cabourn [QUILTED JACKET] “C.W.C.” 2017 F/W、如何でしたでしょうか?

*さっと羽織れるストレスゼロの軽さと着心地の良さ、パーカやセーター、デニムやチノ+ブーツ等と組み合わせて着こなしを楽しんでみて下さい!


*最後にお知らせです!!
[BLOG]掲載の商品の通販を承ります!!
[銀行振り込み]、もしくは佐川急便[eコレクト]の代引き(現金のみ)でお支払い頂けます。
過去のBLOG掲載品も在庫している場合がございますので、[メール]、もしくは[電話]にてお気軽にお問い合わせ下さい!



HOME TOWN STORE River Side
TEL : 03-3707-7717
mail : hts-rs@excite.co.jp


*[twitter]でも随時最新入荷情報をつぶやいております!!
[BLOG]の更新情報もお知らせしておりますので、
フォローどうぞよろしくお願い致します!!

ユーザー名[hts_rs]です!!
[Instagram]も同じユーザー名ではじめました!!
下のリンクからどうぞご覧下さい!


本日も、最後までお読み頂きまして、ありがとうございました。
感謝!


それでは、ご来店を心よりお待ちしております!!
by hts-rs | 2017-10-14 20:51 | Nigel Cabourn

NEW : Nigel Cabourn [OMBRE CHECK SHIRT] 2017FW !!


RIVER SIDERの皆様、
大変ご無沙汰致しております!
久しぶりのBLOG更新となってしまいました!!
申し訳ございません!

*店頭は[Nigel]の新作から[水沢ダウン]、[ガンジーセーター]も入荷して、[BLOG]でご紹介しきれない程すっかり秋冬モードに様変わりしております!!

*沢山の新着アイテムの中から、本日は[Nigel Cabourn]の[OMBRE CHECK SHIRT]をご紹介させて頂きます!!

*美しいグラデーションと共になだらかに変化する[オンブレーチェック]は、独特な陰影と重厚感のあるチェック柄、この伝統ある柄を[2重ビーム織り機]と呼ばれる織り機で[完全2重織り]の組織に仕上げました!
ウールの様な厚みを持ちながら、軽くて着易いコットン100%の生地です!

*ボックス型でややオーバーサイズのシルエットは、インナーにパーカやセーターを着てシャツジャケットとしてもお使い頂けます!
カラーはREDとGREYの2色をご用意させて頂きました!!

それでは、どうぞじっくりとご覧ください!!



a0132147_1927312.jpg

Nigel Cabourn [OMBRE CHECK SHIRT]
color : RED
¥37,000+tax


a0132147_19273889.jpg

*幅広で着丈短めのボックスシルエットが特徴的な[OMBRE CHECK SHIRT]です!
太めのパンツでも、すっきりとしたシルエットのパンツでもバランスの取れる絶妙のサイズ感に仕上がっています!!


a0132147_192751100.jpg

*1950年代の[オンブレーチェックシャツ]をベースにしたデザインです。
ビンテージシャツ同様、襟とフラップにステッチが入らない仕様です。
(Pendletonのボードシャツに近い作りです)


a0132147_19275888.jpg

a0132147_19281115.jpg

*織り機において、タテ糸を巻き取る部分を[ビーム]と呼びます。
このファブリックはこの[ビーム]をダブルでセットした[2重ビーム織り機]を使って[完全2重織り]の組織に仕上げています。
そしてこの技法を最も良く現す事が出来るのが[オンブレーチェック]です!

*[オンブレ]とはフランス語で[陰影をつける]、という意味で、
[オンブレーチェック]とは、クラデーション共になだらかに変化するチェック柄を指します。

*一見ウールの様に見える肉厚の生地ですが、コットン100%で意外な程軽い着心地です!


a0132147_19282193.jpg

*袖口とフラップの裏側の丁寧な作りもご覧ください。


a0132147_19283218.jpg

*後ろ姿です。
インナーにパーカやセーターを着てシャツジャケットとして着て頂くのもおすすめです!


------------------------------------------------------------------


a0132147_19283878.jpg

Nigel Cabourn [OMBRE CHECK SHIRT]
color : GREY
¥37,000+tax


a0132147_19284874.jpg

*この色違いの[GREY]もおすすめカラーです!!
[RED]と着比べてみて下さい!!



a0132147_19285531.jpg

------------------------------------------------------------------

*Nigel Cabourn [OMBRE CHECK SHIRT] 2017FW、
如何でしたでしょうか?

*店頭にはおすすめしたい新作シャツやジャケット、[FILSON]や[MYSTERY RANCH]のバッグや[REDWING]のブーツ等が大量入荷しております!!
是非週末に遊びにいらして下さい!


*最後にお知らせです!!
[BLOG]掲載の商品の通販を承ります!!
[銀行振り込み]、もしくは佐川急便[eコレクト]の代引き(現金のみ)でお支払い頂けます。
過去のBLOG掲載品も在庫している場合がございますので、[メール]、もしくは[電話]にてお気軽にお問い合わせ下さい!



HOME TOWN STORE River Side
TEL : 03-3707-7717
mail : hts-rs@excite.co.jp


*[twitter]でも随時最新入荷情報をつぶやいております!!
[BLOG]の更新情報もお知らせしておりますので、
フォローどうぞよろしくお願い致します!!

ユーザー名[hts_rs]です!!
[Instagram]も同じユーザー名ではじめました!!
こちらも合わせてよろしくお願い致します!!


本日も、最後までお読み頂きまして、ありがとうございました。
感謝!


それでは、ご来店を心よりお待ちしております!!


by hts-rs | 2017-09-29 19:35 | Nigel Cabourn

NEW : Nigel Cabourn [PARATROOPER SHIRT] SATIN×HANDLE EMBROIDERY×HERRINGBONE 2017FALL !!


RIVER SIDERの皆様、
久しぶりのBLOGの更新となってしまいました!!
店頭には秋の新作TシャツやFILSONのBAG、CAP類、そして待望の[Nigel Cabourn]の新作も入荷が始まりました!!

*[Nigel]の2017F/Wのテーマは、[Denison & The British Airbone Troops Of WWII]、
[第二次世界大戦中の空挺作戦部隊]です!!

*空挺部隊のユニフォームや彼らをサポートした人々の着用していたビンテージウエアから
インスピレーションを受けてデザインされており、いつにも増して迫力満点のウエアが揃っています!!

*本日ご紹介させて頂くのは、[PARATROOPER SHIRT]、アメリカのミリタリーシャツをベースにしたデザインです!

*サテン生地とヘリンボーン生地を随所に使い分け、ウォッシュの掛かった抜群の風合いと、今は扱える職人も少なくなった[ハンドルミシン]による味わい深い[刺繍]、ショート丈で身幅広めのシルエット等、多くの魅力を持った是非皆様におすすめしたいシャツジャケットです!!

*カラーはOLIVEのみの展開です!

それでは、どうぞじっくりとご覧下さい!!


a0132147_2174356.jpg


Nigel Cabourn [PARATROOPER SHIRT]
SATIN×HANDLE EMBROIDERY×HERRINGBONE
color : OLIVE
¥32,000+tax


a0132147_2175014.jpg


*アメリカのミリタリーシャツをベースにデザインされた[PARATROOPER SHIRT]です!
[PARATROOPER]とは[空挺兵][パラシュート部隊]の事を意味します。
ショート丈、広めの身幅のボックスシルエット、肩幅も広くとられています。
ショーツにもチノやデニムとの相性も抜群です!


a0132147_2175780.jpg


*洗い込んでツヤの取れたサテン生地と地模様が浮き出たヘリンボーンの生地の、ざっくりとした質感が堪りません!!
洗う程に益々味わいが増していきます。
(ヘリンボーンがうまく写っていなくて申し訳ございません!)


a0132147_218563.jpg



*[ハンドルミシン]による手作業で仕上げられた刺繍。
現代ではコンピューターでより正確に大量の刺繍製品を生産する事が可能となりましたが、一点、一点異なった味のある[ハンドル刺繍]は、150年前に考案された[ハンドルミシン]で熟練した職人が手作業で行います。


a0132147_2181166.jpg


*フロントの2つのポケットは立体的な作りになっています。
何度か洗濯を繰り返すと次第にマチ部分が広がって袋状になってきます。


a0132147_2181871.jpg


*短い裾は太めのパンツとも相性が良く、ショーツにも良く合います。
夏の終わりから秋のコーディネートにも活躍してくれますよ!


a0132147_2182632.jpg


*後ろ姿です。
後ろ身頃は[ヘリンボーン]、袖は[サテン]です。
同じオリーブの色ですが、2つの素材を組み合わせる事でより個性ある表情が生まれています。


------------------------------------------------------------------


*Nigel Cabourn [PARATROOPER SHIRT] SATIN×HANDLE EMBROIDERY×HERRINGBONE 2017FALL、如何でしたでしょうか?
デザインと言い、素材と言い、素晴らしい完成度の傑作、店頭で是非皆様にご試着頂きたいシャツジャケットです!

*他にも定番の[MEDICAL SHIRT]、ギンガムチェックの[OFFICER SHIRT]、新色ボーダーの[BASQUE]シャツ、[メカニックCAP]、スニーカー、FILSONのバッグやCAP類、[水沢ダウン]でお馴染みのデザント[オルテライン]のシェルジャケット等、秋の新作が大量入荷中です!!

*新入荷アイテムは[twitter]や[Instagram]でいち早くご紹介しておりますのでCHECKよろしくお願い致します!!!


*最後にお知らせです!!
[BLOG]掲載の商品の通販を承ります!!
[銀行振り込み]、もしくは佐川急便[eコレクト]の代引き(現金のみ)でお支払い頂けます。
過去のBLOG掲載品も在庫している場合がございますので、[メール]、もしくは[電話]にてお気軽にお問い合わせ下さい!



HOME TOWN STORE River Side
TEL : 03-3707-7717
mail : hts-rs@excite.co.jp


*[twitter]でも随時最新入荷情報をつぶやいております!!
[BLOG]の更新情報もお知らせしておりますので、
フォローどうぞよろしくお願い致します!!

ユーザー名[hts_rs]です!!
[Instagram]も同じユーザー名ではじめました!!
こちらも合わせてよろしくお願い致します!!


本日も、最後までお読み頂きまして、ありがとうございました。
感謝!


それでは、ご来店を心よりお待ちしております!!


by hts-rs | 2017-08-24 21:12 | Nigel Cabourn