ブログトップ | ログイン

HOME TOWN STORE River Side

futakohts.exblog.jp

2009年 07月 31日 ( 1 )

日本の底力!! Digress


River Side BLOG、お陰様で、開始から一ヶ月がたちました!
みなさん、楽しんで下さっていますか?
ご来店頂いたお客様から、「BLOG見たよ」と声をかけて頂くと嬉しくて、つい、ペンを持つ手
(パソコン打つ手に、ですね)に力が入ります!
今後とも、River Side 店舗 共々 どうぞよろしくお願いします!

さて、本日は、日本の底力!! ハンドメイド・レザーのDigress、
ご紹介いたします!!

*モーターサイクル等に乗る時の為だけではなく、室内等で大切な物を保管する道具としての使用もおすすめします。(その時は"スティングレー"か"オルテガ"がおすすめです!)



Digress "スティングレー" SHORT WALLET ¥45,000+tax, LONG WALLET ¥55,000+tax, ケイタイCASE ¥25,000+tax, ROOP HOLDER ¥13,000+tax

a0132147_2343193.jpg

         *画像をクリックして下さい。

「ラッキーフィッシュ」とも呼ばれ、古くからお守りとして大切にされてきたスティングレ−(エイ革)。
このエイ革は、本質的にもの凄く頑丈な特徴を兼ね備えており、
海外等では親子代々に渡り使い続けている方達が沢山います。
さらに表面加工を施し、パールの様な光沢に仕上げてあります。
ブラックレザーとの組み合わせは最高に"COOL!"の一言です!
(*中央部分の白い星形の突起は、"スティングレー連石"と呼ばれ、非常に手に入りにくく、希少価値が高い素材です!)




Digress "NATURAL" SHORT WALLET ¥37,000+tax, LONG PLAIN WALLET ¥47,000+tax, ケイタイCASE ¥21,000+tax, "PISON" ROOP HOLDER ¥10,000+tax

a0132147_23441811.jpg


"NATURAL"は、使い込んだ分だけ非常に風合いがでる素材です。使い始める前に、オイルを塗っておくと汚れが付きにくく、かつ、味わいが素晴らしく出ます!!
(重ね塗りもおすすめです。色に深みが出てアメ色になってきますよ!*このオイルの重ね塗りは防水効果が大幅にUPします!
街乗り、ツーリング等で大いに役立ちます!)



Digress "ORTEGA" LONG WALLET color : Red, Navy ¥53,000+tax

a0132147_23454621.jpg


"本物"の"オルテガ・チマヨ・ブランケット"を使用したウォレット。ターコイズのコンチョ付きです。

●オルテガ・チマヨ・ブランケット
日本では、ベスト等でも知られる、米・ニューメキシコ州チマヨ地方を代表とする手織りの伝統工芸品。
1900年、ニカシオ・オルテガ氏が手織りの工芸品売る店を開業し、親類、知人に織りの技術を教え、次第に世界にその名を知られるようになりました。彼らやその多くの子孫が現在でもオルテガ社のブランケットを織っています。
デザイン、パターンはそれぞれ微妙に表情が異なり、一点物に限りなく近い仕上がりになっています。

また、織り目が密になっている為、強度もあり、耐久性にも優れています!



*Digress の一つ一つの工程へのこだわりをご紹介します!


●糸について: シニュー糸を使用しています。シニューとは元々動物の腱の繊維をまとめて糸にしたのもですが、現代のシニュー糸は、ナイロンの糸を編まずにたっぷりとロウを付け、束ね、自然の風合いを再現しています。編んでいない為ほつれが進むことが無いので丈夫で長持ちです。
ミシンでの使用が出来ない為、手縫いである事の何よりの証明となるのです。

縫った後の革と糸との一体感をご覧いただければ一目瞭然です!


●革について : フルベジタブル・タンニンなめしの"栃木レザー"を使用。タンニン槽で約3週間かけてなめした革は、使う人の手に大変良く馴染み、使えば使うほど色艶が大変良く出る、最高級の革素材なのです!
コバも3〜6回も磨き上げで丈夫に仕上げていますので、一生使える頑丈さ!!是非手に取ってこの温もりのあるハードさをご確認下さい!!

●穴の大きさ : 通常は目打ちを使って4個から10個まとめて革に穴を開け、縫い合わせるのですが、穴を多く開けられる道具を使うと穴が大きくなりすぎ、革に負担が掛かり強度が落ちてしまいます。
穴開けが早い・楽に縫える等は作り手側のメリットでしかありません。買い手のメリットなど一つもないのです!
Digressでは穴をひとつづつ開けることにより穴の大きさやステッチの幅を調節し、革の負担を最小限に抑えています。より丈夫に仕上げるコツですね!


ハンドメイドの革製品、色々な会社が製作していますが、日本で唯一、River Sideが太鼓判を押すのが、"Digress"です!!
これだけ手間暇かけていながらコストパフォーマンスも素晴らしい!オイルを塗り、磨き、使いながら、一生かけて自分の物に仕上げて行って頂きたい、

"日本人ならではの底力"を感じる究極のブランドなのです!!
by hts-rs | 2009-07-31 23:58 | Digress