ブログトップ | ログイン

HOME TOWN STORE River Side

futakohts.exblog.jp

NEW : Nigel Cabourn [MODIFIED MALLORY JACKET - WASHABLE WOOL TWEED] 2018F/W !!


RIVER SIDERの皆様、
まだ今ひとつこの時期らしい気温にはなりませんが、季節は確実に秋から冬へと変わって来ています!
冬のウエアの準備は如何ですか?

*本日は、[CAMERAMAN JACKETと並ぶ[Nigel Cabourn]のブランドアイコン、 [MODIFIED MALLORY JACKET WASHABLE WOOL TWEED]をご紹介させて頂きます!

*以前から[Nigel Cabourn]の商品をご存知の皆様には今更なご説明になるかもしれませんが、[MALLORY JACKET](マロリージャケット)は、2003年、人類で初めてのエベレスト登頂成功から50周年を記念して、Nigelが自身のコレクションで初めて発表したジャケットです。
以来、マイナーチェンジを繰り返しつつも基本的なデザインは変更せず、シーズン毎に素材を変えながら進化し続けています!

*今シーズンは[MODIFIED](モデファイ)バージョンとして、肩と肘に付けられていたパッチを排除し、よりドレスよりの着こなしにも対応できるデザインで登場致しました!

*素材には[紡毛](ぼうもう)でありながら[洗える]、画期的なナイジェルのオリジナルファブリック[WASHABLE WOOL]を採用し、ご自身の手で洗濯する事で紡毛の経年変化を手に入れる事が可能となっています!

*本来、登山の際のアウターとして、コート的な役割を果たしていた上着がベースのデザインなので、是非カジュアルなコーディネートにも取り入れて頂きたいジャケットです!!


それでは、どうぞじっくりとご覧ください!!


a0132147_1822789.jpg

Nigel Cabourn [MODIFIED MALLORY JACKET -
WASHABLE WOOL TWEED]

color : Grey
¥79,000+tax


a0132147_182364.jpg

*1953年のエベレスト遠征隊が着用していたジャケットがデザインのベースとなっている[MALLORY JACKET]。
1924年にエベレストの頂上を目指し、北東稜の頂上付近で行方不明となったイギリスの登山家、[ジョージ・マロリー]の遺体が、その75年後の1999年にマロリー・アーヴィン探索隊によって発見されました。これをきっかけに彼に敬意を表して、このジャケットは[MALLORY JACKET](マロリー・ジャケット)と名付けられました。

*英国のトラディショナルなディテールを持ちながらも、カジュアルアップなコーディネートにもにも対応する、皆様に是非一枚はお持ち頂きたいジャケットです!


a0132147_1824420.jpg

*登山用のリュックを背負う際、肩や背への強い摩擦を防ぐ為、肩、肘、ヨーク部分に補強用の生地が貼り付けられているのが従来の[マロリージャケット]の特徴ですが、それに対しこの[モデファィドマロリージャケット]は定番のショルダーパッチ、エルボーパッチを排除しシンプルな仕上がりになっています。


a0132147_1825198.jpg

*寒い時期には[チンストラップ]で襟を立てて着用可能。
コート感覚でややオーバーサイズで着て頂くのもおすすめです。


a0132147_1825999.jpg

*ライニングはコットン100%。
袖の裏は、ポリエステル100%なので袖の通りもスムーズです。


a0132147_183812.jpg

*袖口は[本切羽]になっています。
横の逆三角形の布タグは外れます。


a0132147_1831688.jpg

*サイドのポケットには袋状のマチが付いています。
伝統的なデザインです。
着込む程に立体感のある表情を作り出します。


a0132147_1832449.jpg

*ボタンは荒削りな質感が魅力的な[ホーンボタン]を採用しています。



a0132147_1833474.jpg

*ここでこのジャケットに使用されている素材[WASHABLE WOOL](ウォッシャブルウール)についてご説明させて頂きます!


*ウォッシャブルウールの登場で、それまで洗えなかったウールをコットン製品同様に水洗いすることが出来るようになりました。
その代表格は、大企業のスーツブランドが展開する洗えるスーツです。
ウールが洗えなかった理由は、縮んだり歪んだりするから。
これは、縮絨(しゅくじゅう)と呼ばれる現象で、ウールの繊維の表面を覆うスケールと言うウロコ状の組織が絡みあう事で起こります。このスケールを樹脂などで固めてしまう事で洗えるようにします。
そして、世の中に流通するウォッシャブルウールの殆どは、上述のようなスーツに代表される梳毛(そもう)です。
繊維長が細く、しなやかで、柔らかい梳毛であればウォッシャブル加工をしてもその風合いは大して変わりません。
元々艶やかな表面に樹脂加工を施すのですから。
今シーズンに[ナイジェル]が提案するこの製品は、これらとは全く異なるアプローチで生み出されたものです。

[ナイジェル]オリジナルのこのウールファブリックは、ご覧のように太く短い[紡毛](ぼうもう)です。
太く短い繊維は、暖房の効いた部屋ではなく雪雨まじりの屋外で着用者を守り抜く事を目的としています。
これまでこうした[紡毛]のウォッシャブルウールは開発不可能と思われていました。
英国羊毛同様に力強いタッチと、着用者を寒風から守る機能性を持ちつつ水洗いが出来るスペシャルファブリックの誕生です。

*冷たい海を好むイワシは英国の近く、北海に多く生息し同国では薫製など様々な食材として古くから親しまれています。その身近な魚の骨に見立てた[ヘリンボーン]。
日本では杉綾(すぎあや)と呼ばれています。

*洗濯ネットに入れて水洗い、もしくは軽い押し洗いをして頂く事で[紡毛]の経年変化を手に入れる事ができます。


------------------------------------------------------------------


a0132147_1834294.jpg

*後ろ姿です。
裾はセンターベントになっています。


------------------------------------------------------------------


a0132147_1835362.jpg

Nigel Cabourn [MODIFIED MALLORY JACKET -
WASHABLE WOOL]

color : Black
¥79,000+tax


a0132147_184094.jpg

*同じく[WASHABLE WOOL]を採用した[Black]もご用意しております。

------------------------------------------------------------------


*最後に[MALLORY JACKET]についてご説明させて頂きます!


*[MALLORY JACKET](マロリー・ジャケット)はNigel Cabournが独自にデザインし、今ではブランドのアイコンとなっている定番アイテムの1つで、2003年の‘The Ascent of Cabourn’ コレクションで初めて紹介されました。

遠征隊の一員の[シェルパ]が着用しているジャケットからインスパイアされた事から、[Sherpa Jacket](シェルパ・ジャケット)と呼ばれていましたが、後にエドモンド・ヒラリーに同行し、エベレスト登頂に成功した有名なシェルパであるTenzing Norgay(テンジン)にちなんで、Tenzing Jacket(テンジン・ジャケット)と呼ばれるようになりました。


a0132147_184967.jpg

[MALLORY JACKET]のベースとなった、シェルパが着用していたジャケット。


*Tenzing Jacket(テンジン・ジャケット)は、その後間もなく、[ハリスツィード]と[ベンタイル]といった、ナチュラルで非常に機能的、更に見た目にも美しい素材で注目され、寒い冬には不可欠なジャケットとなりました。

*1924年にエベレストの頂上を目指し、北東稜の頂上付近で行方不明となったイギリスの登山家、[ジョージ・マロリー]の遺体が、その75年後の1999年にマロリー・アーヴィン探索隊によって発見されました。これをきっかけに、彼に敬意を表して、このジャケットは[MALLORY JACKET]と名付けられ、冬には別注の[ハリスツィード]、夏は厳選した様々な薄手の素材を使用し、素材を変え毎シーズン進化し続けています!!


a0132147_1841680.jpg

[MALLORY JACKET]の原点となった2003年発表の[SHERPA JACKET]


a0132147_1843338.jpg

当時は、今見ると信じられないような[軽装]で、エベレスト登山が行われていました。
ダウンジャケットもゴアテックスも無い時代です...!


------------------------------------------------------------------


*Nigel Cabourn [MODIFIED MALLORY JACKET - WASHABLE WOOL TWEED] 2018F/W、
如何でしたでしょうか?

*カーゴパンツや太目のチノ、デニム等とカジュアルとしてのコーディネートや、シャツや革靴と合わせて綺麗目なコーディネートも楽しんで頂けるジャケットです!

*他にもナイジェルのコートやN-1デッキジャケット、セーター、シャツ類も入荷中!合わせて是非CHECKして下さい!!



*最後にお知らせです!!
[BLOG]掲載の商品の通販を承ります!!
[銀行振り込み]、もしくは佐川急便[eコレクト]の代引き(恐縮ですがお支払いは現金のみとなります)でお支払い頂けます。
過去のBLOG掲載品も在庫している場合がございますので、[メール]、もしくは[電話]にてお気軽にお問い合わせ下さい!


HOME TOWN STORE River Side
TEL : 03-3707-7717
mail : futakohts@gmail.com
(エキサイトメールサービス終了に伴い、メールアドレスを変更致しました)


*[twitter]でも随時最新入荷情報をつぶやいております!!
[BLOG]の更新情報もお知らせしておりますので、
フォローどうぞよろしくお願い致します!!

ユーザー名[hts_rs]です!!
[Instagram]も同じユーザー名です!
こちらも合わせてよろしくお願い致します!!


上の写真をクリック後、更に[hts_rs]のアイコンをクリックして頂ければ、
[RIVER SIDE]の[instagram]をご覧頂けます。



本日も、最後までお読み頂きまして、ありがとうございました。
感謝!


それでは、ご来店を心よりお待ちしております!!
by hts-rs | 2018-11-07 18:18 | Nigel Cabourn
<< "年末年始の営業時間... NEW : DESCENT [... >>