ブログトップ | ログイン

HOME TOWN STORE River Side

futakohts.exblog.jp

NEW : Nigel Cabourn [BRITISH OFFICER’S SHIRT] “OXFORD” 2018 FW !!

RIVER SIDERの皆様、
本日は、[Nigel]の無くてはならない定番シャツ、[BRITISH OFFICER’S SHIRT]の新色をご紹介させて頂きます!

*1940年代に、英国陸軍によって運用されていた士官用シャツをベースにしたデザイン、緩やかなカーブを描く[前立て]や[隠しボタンダウン]等の特徴的なディテール、糸の前段階であるコットン短繊維(ステープル)の選択からスタートして作り上げたこだわりのファブリックを使用する等、[RIVER SIDER]の皆様におすすめしたい魅力が満載のシャツです!!

*秋冬シーズンは肉厚のざっくりとした質感の[OXFORD]生地での登場となります!

*洗い晒してデニムとシンプルに合わせても、タイを締めても、カジュアルにもドレスにもお使い頂ける、一枚あると大活躍間違いなしの[BRITISH OFFICER’S SHIRT]シャツ、それでは、どうぞじっくりとご覧下さい!!



a0132147_17521282.jpg

Nigel Cabourn [BRITISH OFFICER’S SHIRT] OXFORD
color : White
¥19,000+tax

*やや生成りかかった[White]です。


a0132147_17521990.jpg

*1940年代に、英国陸軍によって運用されていた士官用シャツをベースにした[BRITISH OFFICER’S SHIRT]です。


a0132147_17523090.jpg

*襟はネクタイも締められるワイドスプレッド。
[隠しボタンダウン]仕様になっています!
一般的には襟の先端にボタンが露出した[ボタンダウン]が有名ですが、最初に開発したのはご存知アメリカの[ブルックス・ブラザース]です。
当時は[ポロ・カラーシャツ]という名称でその名の通りポロ競技をイメージした、スポーティーなシャツとして商品化されました。


a0132147_17524053.jpg

*そんな背景から生まれた[ボタンダウンシャツ]は、厳密には正装にはそぐわないカジュアルでスポーティーなシャツなのですが、今回ご紹介させて頂くシャツは[隠しボタンダウン]とする事で、ボタンダウンの本来の機能を生かしながらドレッシーな仕様になっています。


a0132147_17525981.jpg

*[第5ボタン]の位置で終わった前立て、その位置からゆるやかにカーブを描きつつふくらむ左身頃もこのシャツの大きな特徴の一つです!

*当時のスタイルは当然パンツイン。
前立てはかなりの枚数の生地が重なり合う部分です。
そこで、パンツインした際にこの部分がゴワつかず、スッキリとしたシルエットに見える様、またパンツから裾が飛び出して乱れない様に配慮されたデザインです。

*前タテを持たない[第6ボタン]の強度不足を補うため、裏側から四角いガゼットがあてられています。


a0132147_1752496.jpg

*裾のマチ部分のディテールもご覧下さい!


a0132147_175395.jpg

*今回ご紹介させて頂くシャツの素材、Nigelオリジナルの[OXFORD]生地は、糸の前段階であるコットン短繊維(ステープル)の選択からスタートし、縫い上がりまでに半年を要する[Nigel Cabourn]の定番、 [BRITISH OFFICER’S SHIRT]の秋冬向けバージョンの肉厚な生地となります。

*タテ糸に細番の[コーマ単糸]、ヨコ糸は[スーピマコットン]と[サンフォーキンコットン]を最適な配合比率で紡績した、太番の超長綿を使用して織られています。

*さらに、防縮加工や艶出しの加工を施さず、上質なコットンの持つ肌触りの良さや洗い晒しの表情をそのまま生かした仕上げになっていますので、新品で着て頂いても自然にしっくりと馴染んでくれます。
ネクタイをしてドレスシャツとして着る時はプレスしてご着用下さい!


*[コーマ単糸]とは…
コーミングを付加することにより、微細な異物、奇形繊維、短い繊維を取り除き上質な[ステープル](短繊維)だけを撚糸した糸。


*[スーピマコットン]とは…
スーピマコットンとは、アメリカ合衆国カリフォルニア州やアリゾナ州などで栽培している綿花の中の、最高級ランクに分類される、超長綿繊維の上質綿の名称です。スーピマコットンで織られた生地は、しなやかでやわらかく、滑らかな肌触りが、一番の特徴です。スーピマ綿、スーピマ超長綿とも呼ばれています。


*[サンフォーキンコットン]とは…
カリフォルニアの[サンフォーキンバレー]で生産されるコットンの名称。アプランド綿という品種に属する。
[サンフォーキンコットン]は[スーピマコットン]の様な超長綿ではないが、単繊維(糸を作っている一本一本の細い繊維)の強度が強く、繊維に天然の撚りが多くあり、ふくらみやバルキー性に富んだ糸になります。この性質を活かしてニット生地やタオルのパイル糸、通常の織物にも使用される。


a0132147_17533637.jpg

*後ろ姿です!


a0132147_17534459.jpg

*背中に入ったダーツにより、ウエスト部分が自然にシェイプされ、洗練された印象になっています。
タイトすぎない、程よく体に沿うデザインです


------------------------------------------------------------------


a0132147_17535736.jpg

Nigel Cabourn [BRITISH OFFICER’S SHIRT] OXFORD
color : Green
¥19,000+tax

------------------------------------------------------------------


a0132147_17541075.jpg

Nigel Cabourn [BRITISH OFFICER’S SHIRT] OXFORD
[GINGHAM]

color : Dark Navy
¥22,000+tax

*Dark Navy/ Whiteのギンガムチェック。

------------------------------------------------------------------


a0132147_17542113.jpg

Nigel Cabourn [BRITISH OFFICER’S SHIRT] OXFORD
[TATTERSALL]

color : Green
¥22,000+tax

*英国らしいグリーン系のタッターソール。

*[タッターソール]についてご説明させて頂きます・・・!!

[タッターソール]とは、[乗馬格子]ともいわれるチェック柄です。
18世紀イギリスの騎手[リチャード・タッターソール](Richard Tattersall)がロンドンに創設した馬市で、馬にかけた毛布の柄からこの名がついています。


------------------------------------------------------------------


*Nigel Cabourn [BRITISH OFFICER’S SHIRT] “OXFORD” 2018 FW、
如何でしたでしょうか?

*何年も着続ける事を考慮した、しっかりとした厚みと上質な素材、大人のカジュアルに相応しい[Nigel]の [BRITISH OFFICER’S SHIRT]、どうぞ店頭でご覧下さい!!


*最後にお知らせです!!
[BLOG]掲載の商品の通販を承ります!!
[銀行振り込み]、もしくは佐川急便[eコレクト]の代引き(現金のみ)でお支払い頂けます。
過去のBLOG掲載品も在庫している場合がございますので、[メール]、もしくは[電話]にてお気軽にお問い合わせ下さい!

HOME TOWN STORE River Side
TEL : 03-3707-7717
mail : futakohts@gmail.com
(エキサイトメール終了に伴い、メールアドレスを変更致しました)


*[twitter]でも随時最新入荷情報をつぶやいております!!
[BLOG]の更新情報もお知らせしておりますので、
フォローどうぞよろしくお願い致します!!

ユーザー名[hts_rs]です!!
[Instagram]も同じユーザー名です!
こちらも合わせてよろしくお願い致します!!


上の写真をクリック後、更に[hts_rs]のアイコンをクリックして頂ければ、
[RIVER SIDE]の[instagram]をご覧頂けます。



本日も、最後までお読み頂きまして、ありがとうございました。
感謝!


それでは、ご来店を心よりお待ちしております!!
by hts-rs | 2018-09-17 18:06 | Nigel Cabourn
<< NEW : DESCENTE ... NEW : DESCENT [... >>