ブログトップ | ログイン

HOME TOWN STORE River Side

futakohts.exblog.jp

NEW : Nigel Cabourn [FATIGUE SHIRT "SHORT SLEEVE" & [REVERSIBLE FATIGUE SHIRT] 2018SS!

RIVER SIDERの皆様、

本日は、[Nigel Cabourn]の2つの[ファティークシャツ]をご紹介させて頂きたいと思います!!

[FATIGUE SHIRT - SHORT SLEEVE] VINTAGE RIP STOP と [REVERSIBLE FATIGUE SHIRT] REVERSIBLE CAMOです!!

*いずれもベトナム戦争時の米軍の[JUNGLE FATIGUE JACKET]をモチーフにした、機能的な4つのフラップ付きポケットを装備したシャツですが、特徴的なディテールや頑丈な素材を生かしつつ、決してハードすぎる事のない[Nigel]らしい洗練された印象に仕上がっています!!

*洗い晒して繰り返し着込んで頂きたい生地と縫製の良さ、カバン代わりに何でもポケットに詰め込んで出掛けられる機能性は、キャンプやフィールド、もちろん街でも活躍してくれる事間違いありません!!

*ショーツとの相性も抜群で、これからの季節にもおすすめしたい[FATIGUE SHIRT]、[RIP STOP生地]のショートスリーブと、両面着られるリバーシブル素材のロングスリーブをご用意しております!


それでは、どうぞじっくりとご覧ください!!


a0132147_19295228.jpg

Nigel Cabourn [FATIGUE SHIRT - SHORT SLEEVE]

VINTAGE RIP STOP

color : Khaki

¥23,000+tax


a0132147_19302462.jpg

*米軍が、60年代前半にべトナム戦域における熱帯被服として導入した、[ジャングルファティーグジャケット]と呼ばれる[コンバット・トロピカル・コート](COAT, MAN’S, COMBAT, TROPICAL)をベースに作られた[ファティーグシャツ]です。


*[ジャングルファティーグジャケット]は、60年代前半から約10年間採用され、生産時期によるいくつかの外観的特徴によってコレクターの間では概ね4つのモデルに分類されています。

このシャツは肩に[エポレットなし]、フラップポケットにボタンが露出しない[隠しボタン]、ウエストのフィットを調整する[ウエストタブなし]等の特徴を持つ[3rd]モデルをベースにデザインされています。


a0132147_19305893.jpg
a0132147_19312837.jpg

*マチ付きで大容量の4つのフラップ付きポケット。

携帯や財布等も収まるサイズなので、Tシャツにこのシャツを羽織って手ぶらで外出も出来ます!


a0132147_19321035.jpg

*素材は[RIP-STOP]を使用しています。

[RIP-STOP]とは、温・熱帯地域に使用する際の通気性と強度を実現するために、米軍が開発した縦横、格子状に補強糸が織り込まれた生地の名称で、破れても裂け目が広がらないのが特徴です。

洗い込む程に格子状に色褪せて、[RIP-STOP]ならではの経年変化も楽しめる生地です。

*丈夫で長く愛用出来る、かつ流行にとらわれないシャツをお探しなら、迷わずおすすめ致します!


a0132147_19325558.jpg

Nigel Cabourn [FATIGUE SHIRT - SHORT SLEEVE]

VINTAGE RIP STOP

color : Olive

¥23,000+tax


------------------------------------------------------------------


a0132147_19333494.jpg

Nigel Cabourn [REVERSIBLE FATIGUE SHIRT]

REVERSIBLE CAMO

color : Olive

¥36,000+tax


a0132147_19343777.jpg

*こちらは一枚の生地の両面に異なるカモフラージュパターンをプリントした[REVERSIBLE FATIGUE SHIRT] です!

片面は米国の[タイガーストライプ]、もう片面は英国の伝統的なカモフラージュ柄である[ディスラプティブ・パターン・マテリアル][D.P.M.]を採用しています。


a0132147_19350619.jpg

*デザインは先ほどの[FATIGUE SHIRT - SHORT SLEEVE]と同様、[ジャングルファティーグジャケット]の3rdモデルをモチーフとしています。


a0132147_19353260.jpg

*素材をじっくりとご覧ください!

この素材は、英国陸軍がアフリカ戦線など熱帯や亜熱帯地域で運用していた格子状の特殊な生地を再現した物です。

平織は通気性が良く軽いかわりに強度が欠けますが、本ファブリックは格子状にする事で通気性と強度の両方を確保しています。

*ボタンもご覧ください!

ボタンとボタンホールを互い違いにしてリバーシブルに対応しています。

ボタンの種類も変えています!

細部まで拘った作りはさすがです!!


*ここで[TIGER STRIPE]パターンについて

ご説明させて頂きます・・・!!


*1950年代後半から60年代当初にかけて、[インドシナ紛争]でフランス軍の残していった[リザード迷彩]を[南ベトナム政府軍]が譲り受けて使用していましたが、やがて在庫不足となって困った政府軍は自前で現地生産を開始します。

その時作ったリザード・パターン迷彩のコピー品が[タイガーストライプ]の元祖と言われています。

*[ベトナム戦争]時には、そのデザインの良さから、[アメリカ軍]の[特殊部隊]を中心に現地市販物(日本、韓国製もあった)も含め、兵士達に非正規に着用されていました。

*その名の通り[トラの毛皮]に似た柄で、戦闘服に対し横縞のパターンに配置されます。

これは、人間が物を探すとき視線を横に移動させる習性から、より発見されにくく工夫されたものです。


a0132147_19362176.jpg

*裏側は英国伝統のカモフラージュ[D.P.M]になっています。

ドローコードでウエストを絞る事が出来ます。


a0132147_19370816.jpg

*ここで英国のカモフラージュパターン[D.P.M]についてご説明させて頂きます。


英国軍のカモフラージュパターンである[D.P.M](Disruptive Pattern Material)は、Disruptive(ディスラプティブ) = [分断した] の名の通り、大きく分断した色の固まりが配されたデザインのカモフラージュです。

第二次大戦中[デニソンスモック]で使用された三色迷彩がルーツで、 英国軍に1968年から採用されて以来、現在まで使用されています。


*ウッドランド迷彩と同じく緑・茶・黒・カーキが基本色で、筆で描いたような模様が特徴でブラッシュアップ迷彩とも呼ばれています。


*採用以来何度かマイナーチェンジが加えられ、英国の他、オランダやインドネシアでも採用され、別名[デニソン迷彩]とも呼ばれています。


------------------------------------------------------------------


Nigel Cabourn [FATIGUE SHIRT - SHORT SLEEVE] VINTAGE RIP STOP & [REVERSIBLE FATIGUE SHIRT] REVERSIBLE CAMO 2018SS、如何でしたでしょうか?


*いずれもミリタリーベースのデザインのシャツですが、機能性や無骨な素材感はそのままに、洗練された印象に仕上げています!

ハードになりすぎず[実物]の良さを生かした大人のカジュアルとしての[FATIGUE SHIRT]、是非店頭でお試し下さい!!


*最後にお知らせです!!

[BLOG]掲載の商品の通販を承ります!!

[銀行振り込み]、もしくは佐川急便[eコレクト]の代引き(現金のみ)でお支払い頂けます。

過去のBLOG掲載品も在庫している場合がございますので、[メール]、もしくは[電話]にてお気軽にお問い合わせ下さい!


HOME TOWN STORE River Side

TEL : 03-3707-7717

mail : hts-rs@excite.co.jp


*[twitter]でも随時最新入荷情報をつぶやいております!!

[BLOG]の更新情報もお知らせしておりますので、

フォローどうぞよろしくお願い致します!!

ユーザー名[hts_rs]です!!

[Instagram]も同じユーザー名です!

こちらも合わせてよろしくお願い致します!!



上の写真をクリック後、更に[hts_rs]のアイコンをクリックして頂ければ、

[RIVER SIDE]の[instagram]をご覧頂けます。


本日も、最後までお読み頂きまして、ありがとうございました。

感謝!


それでは、ご来店を心よりお待ちしております!!




by hts-rs | 2018-05-16 19:49 | Nigel Cabourn
<< NEW : Chaco [Z1... NEW : Stevenso... >>