ブログトップ | ログイン

HOME TOWN STORE River Side

futakohts.exblog.jp

タグ:シューズ ( 25 ) タグの人気記事

REDWING [Mil-1 Oxford] “Blucher Oxford” & “Saddle Oxford” !!


RIVER SIDERの皆様、
 本日は[REDWING]の2016SSモデルを、大変遅ればせながらご紹介させて頂きます!!

*[REDWING]では、春夏シーズンには必ず[ミッドカット]か[オックスフォード](短靴)を発売するのが恒例ですが、今シーズンも新作オックスフォードシューズが発売されました!
1950年前後のミリタリーシューズに広く使われていたラスト(靴型)、[Mil-1]ラストを用いて作られたアメリカの正統的オックスフォード、[Blucher Oxford]と[Saddle Oxford]です!!

*デニムにもスーツにも合わせて頂ける[REDWING]の[Classic Dress]ラインに属するこれらのシューズは、むしろこれから秋冬シーズンに大活躍してくれる事、間違いありません!!


それでは、どうぞじっくりとご覧下さい!!


a0132147_1332866.jpg


 右から : REDWING [Mil-1 Oxford] #9087 “Blucher Oxford”
color : Black “Esquire”

 REDWING [Mil-1 Oxford] #9088 “Saddle Oxford”
color : Black Cherry “Featherstone”
各¥50,800+tax

------------------------------------------------------------------


a0132147_1333727.jpg


 REDWING [Mil-1 Oxford] “Blucher Oxford”
color : Black “Esquire”
Sole : Gro Cord on Leather
¥50,800+tax


a0132147_1334489.jpg


 *[外羽根](Blucher)タイプのオーソドックスなプレーン・トゥ。
[コードバン]を思わせるきめ細かな[Esquire](エスカイヤ)レザーを使用しています!


*ここでこのシューズ、[Blucher Oxford](ブルーチャー・オックスフォード)についてご説明させて頂きます!!

*甲の上に[鳩目]の部分の革が乗った形状の靴を[外羽根式]と呼びます。
この靴のルーツは、実はヨーロッパでの有名な戦いにあります。
プロシアの陸軍元帥だった[ゲルハルト・レーバレヒト・フォン・ブラヘル]が、[外羽根式]の戦闘用ロングブーツを仕立てさせ、1815年にかの[ワーテルローの戦い]で、フランスのナポレオンに立ち向かったのです。


a0132147_1335151.jpg


*[羽根]の部分が全開するので、着脱が素早くできるうえに、フィット感の調節も容易にできる点が靴本来の要素として大変理にかない、以後狩猟用や屋外労働用など一般的にも広く浸透していきました。
1860年代にはブーツだけでなく短靴、つまり今日の一般的なシューズにも採り入れられ、今日に至っています。


a0132147_1335877.jpg


*[羽根]部分の形が競馬のゲートに似ているため、この形状の靴は英国やフランス等のヨーロッパ諸国では[ダービー]、もしくは[デルビィ](Derby) と呼ばれます。
アメリカでは、考案者の苗字を英語読みし、[Blucher](ブルーチャー)と呼ばれています。


a0132147_134499.jpg


*使用レザーの[“Esquire”](エスカイヤ)についてご説明させていただきます!

*[Caverly Chukka]のレザー、[“Esquire”](エスカイヤ)は、他のREDWINGのレザーとは一味違う特性を持っています。
通常、REDWINGが使用するレザーは、[ステアハイド](オスの肉牛の皮)から作られますが、“Esquire”には[ヘファーハイド](若い未経産の牝牛の皮)のみを使います。
[ヘファー]は、[ステア]に比べ、キメの細かい肌目を持っていますが、その数は限られており、貴重なものです。

また、“Esquire”レザーは、その銀面を[レジン]で固めたものです。
通常、ペニーローファーやモカシントゥを持つスリップオン等に使われるタイプのレザーです。
[Cigar]は、軽くブラッシュオフ(2色の色の塗膜を乗せた後、表面をこすって濃淡の模様を作る加工)されており、独特の深みを持ったカラーになっています!

*靴クリームを付けて磨いた後、ウエス(古い布でもTシャツの切れ端でも)に水を少々付けてさらに磨き上げれば、[コードバン]の様な美しい艶が出ます!!
是非お試し下さい!!


a0132147_1341247.jpg


*かかと部分もご覧下さい。


a0132147_1342174.jpg


*インソールには[REDWING]のロゴマークが型押しされています。


a0132147_1344135.jpg


*[クロコードソール]
[クロコードソール]は、オハイオ州の[リマ・コード・ソール&ヒール]社が、1920年代に[REDWING]社の為に発売したラバー製のソールです。

コード(紐)の切れ端をラバーに混ぜて成形し、すべりを防いだ事で、ワークの現場やハンティングのフィールドで、靴の性能を大きく高め、[REDWING]の売り上げに大きく貢献しました。

*今回、この[クロコードソール]を採用するにあたり、1920年代に主流であった[トレッドパターン]を取り入れ、このソールの全盛期の雰囲気を漂わせるクラシックな靴に映えるよう、レザーソールにラバーを組み合わせたソールに仕上げられています。

*当時を思わせるデザインを楽しみつつ、馴染むにつれて[反り]が良くなるレザーソールの履き心地と、滑りを気にせず履ける実用性を両立させたソールです!


------------------------------------------------------------------


a0132147_1345096.jpg


 REDWING [Mil-1 Oxford] “Blucher Oxford”
color : Cigar “Esquire”
Sole : Gro Cord on Leather
¥50,800+tax


a0132147_1345765.jpg


a0132147_135413.jpg


------------------------------------------------------------------


a0132147_1351212.jpg


 REDWING [Mil-1 Oxford] “Saddle Oxford”
color : Black “Featherstone”
Sole : Gro Cord on Leather
¥50,800+tax


a0132147_1352650.jpg


 *もうひとつの[Mil-1 Oxford]はベックマンブーツと同じ[Featherstone]レザーを使用しています!

*ここで[Saddle Oxford](サドルシューズ)についてご説明させて頂きます!!
*[サドルシューズ]とは、甲に文字通り[サドル](馬の鞍)状に独立した革を上から下までグルッと載せ、そこに鳩目を付けた状態の紐靴の事を言います。


a0132147_1353844.jpg


*サドルシューズいうとコンビ(2色使い)の靴をイメージする方も多いと思いますが、発祥の地である英国では一色使いでレザーソールを搭載したトラディショナルなタイプが主流です。
もちろんアメリカン・トラッドにも似合うシューズです。
ジーンズやチノ、スーツにも合わせて下さい!!


a0132147_1361547.jpg


*このつま先から甲にかけての一枚革が[サドル]状である事から[サドルシューズ]と呼ばれているのです。

*ここで使用レザーの[“Esquire”](エスカイヤ)についてご説明させていただきます!

*[Caverly Chukka]のレザー、[“Esquire”](エスカイヤ)は、他のREDWINGのレザーとは一味違う特性を持っています。
通常、REDWINGが使用するレザーは、[ステアハイド](オスの肉牛の皮)から作られますが、“Esquire”には[ヘファーハイド](若い未経産の牝牛の皮)のみを使います。
[ヘファー]は、[ステア]に比べ、キメの細かい肌目を持っていますが、その数は限られており、貴重なものです。

また、“Esquire”レザーは、その銀面を[レジン]で固めたものです。
通常、ペニーローファーやモカシントゥを持つスリップオン等に使われるタイプのレザーです。
[Cigar]は、軽くブラッシュオフ(2色の色の塗膜を乗せた後、表面をこすって濃淡の模様を作る加工)されており、独特の深みを持ったカラーになっています!

*靴クリームを付けて磨いた後、ウエス(古い布でもTシャツの切れ端でも)に水を少々付けてさらに磨き上げれば、[コードバン]の様な美しい艶が出ます!!
是非お試し下さい!!


------------------------------------------------------------------


a0132147_1364060.jpg


 REDWING [Mil-1 Oxford] “Saddle Oxford”
color : Black Cherry “Featherstone”
Sole : Gro Cord on Leather
¥50,800+tax


a0132147_137661.jpg


a0132147_1372898.jpg


 *最後に今回ご紹介させて頂いている[Mil-1 Oxford]に使用されている[Mil-1]ラストについてご紹介させて頂きます!!

*[Mil-1]ラストの[Mil]は[Millitary]の略です。
アメリカのミリタリー用の靴のラスト(靴型)としては、[マンソンラスト]が有名ですが、それ以外にも靴のタイプに応じたいくつかのラストが存在していました。
それらには番号が振られ、 [Mil-1]のほかにも[Mil-5]、[Mil-7]等のラストがありました。

その中で[Mil-1]は、士官クラスの正装に合わせるべくデザインされており、1950年代前後から存在していたものと思われ、フォーマルでオーソドックスで無駄の無いかたちをしています。

このラストは1930年代の[REDWING]社のカタログに登場するオックスフォードにも通じるものを持っています!!


------------------------------------------------------------------


 *REDWING [Mil-1 Oxford] “Blucher Oxford” & “Saddle Oxford”、如何でしたでしょうか?

*ベックマンをはじめとする[REDWING]の[Classic Dress]ラインは、[REDWING]が創業した1905年から1930年代の、靴やワークウエアが多分にフォーマルであった時代を背景として作られていますので(当時のREDWINGで働く人々もワイシャツにネクタイといういでたちで作業をしていました)通常のドレスシューズよりも骨太でワークの要素を持っているのが特徴です!
本日ご紹介させて頂いた[Mil-1 Oxford]も然り。
[REDWING]ならではの[Classic Dress]ライン、是非お試し下さい!!

*最後にお知らせです!!
[BLOG]掲載の商品の通販を承ります!!
[銀行振り込み]、もしくは佐川急便[eコレクト]の代引き(現金のみ)でお支払い頂けます。
過去のBLOG掲載品も在庫している場合がございますので、[メール]、もしくは[電話]にてお気軽にお問い合わせ下さい!



HOME TOWN STORE River Side
TEL : 03-3707-7717
mail : hts-rs@excite.co.jp


*[twitter]でも随時最新入荷情報をつぶやいております!!
[BLOG]の更新情報もお知らせしておりますので、
フォローどうぞよろしくお願い致します!!

ユーザー名[hts_rs]です!!
[Instagram]も同じユーザー名ではじめました!!
こちらも合わせてよろしくお願い致します!!


本日も、最後までお読み頂きまして、ありがとうございました。
感謝!


それでは、ご来店を心よりお待ちしております!!


by hts-rs | 2016-08-05 13:20 | Red Wing

REDWING “#8145” & “#8142” [ROMEO] 2015 SS !!


RIVER SIDERの皆様、
  本日は、[2015 SS]の[REDWING]の限定モデルの中から[ROMEO](ロメオ)を改めてご紹介させて頂きます!!

*[ROMEO]という名前だけでピンとくる方は、かなりのブーツ通!!
[ROMEO]とは、両サイドにゴアを配し、紐を使わずに足にフィットさせる、スリップオンタイプのオックスフォード(短靴)の事を指し、主にアメリカで使われている名称です!!

*[REDWING]のカタログに[ROMEO]が初めて登場したのが1934年、その取り回しのやすさから当初から[サービス・オックスフォード]のカテゴリーに分類され、ワークブーツとして販売されてきました!

*その後ソールや使用レザーの変更を繰り返しながら、ワークシューズの一つの型として、今日まで時代を超えて履かれ続けてきた[ROMEO]が、よりバージョンアップして[2015 SS]の限定モデルとして発売されました!!

*紐をほどいたり縛ったりの手間が省けるだけでなく、その完成されたデザインの機能的な美しさも[ROMEO]の魅力になっています!!


それでは、どうぞ秋に向けてのBOOTS選びのご参考に、じっくりとご覧ください!!


a0132147_18383875.jpg


 REDWING [ROMEO]
奥から : color :
#8142 Black “Chrome”
#8145 Oro-Russet “Portage”
各¥34,200+tax

------------------------------------------------------------------


a0132147_1838504.jpg


 REDWING [ROMEO] #8145
color : Oro-Russet “Portage”
¥¥34,200+tax


a0132147_1839121.jpg


 *創業当初、主にワークブーツを生産していた[REDWING]は、大恐慌後の1930年代には積極的に紳士用の短靴を製造するようになりました。
この厳しい時代、低価格志向が強まり、ブーツの丈が短くなり、短靴の需要が伸びました。
[REDWING]も生き残りをかけてそうしたニーズを取り込もうとしたのです。
そんな中、1934年に短靴のラインナップの一つとして発売されたのがこの[ROMEO]です!!


a0132147_1839133.jpg


*靴ひもの無い取り回しのしやすさから、[ROMEO]はロングセラーとなり、時代毎に様々なレザーやソールのバリエーションが誕生しました。

*今回の[限定モデル]は、[グッドイヤー・ウエルト]製法で製造された初めてのモデルをベースとして、[ゴア]部分を縫うミシン針の形状の見直し、ステッチの耐久性の向上などの改良点を加えたものです!!



a0132147_18392467.jpg

*このシューズに使用されているレザー、
Oro-Russet “Portage”についてご説明させて頂きます!!

 *[オロラセット”ポーテージ”]
履きこむほどに味わいを深める赤みかかったブラウン。
1950年代に当時の#877に採用されて以来高い評価を得て、[アイリッシュ・セッター]といえばこのカラーをイメージする方も多い、今日の[REDWING]を代表するレザーです!!



a0132147_18393520.jpg


 *[ゴア]部分です。
サイドゴアブーツ[Side Gore Boots]とはその名の通り、足の内外双方のくるぶしの周辺に[Gore]、つまり[マチ]が施されたアンクル~ショート丈のブーツのことを指します。

*この[マチ]は通常、ゴムを織り込んだ伸縮性のある生地で出来ていて、靴紐やストラップ・バックルの代わりに施されます。

*このアイデアは1830年代中盤にロンドンの靴屋が、当時即位したばかりの[ヴィクトリア女王]のために、脱ぎ履きが容易でフィット感の得やすいブーツを作るべく採り入れたのが始まりなのだとか・・・!!


a0132147_1839507.jpg


*踵に付いた[ループ]を持ってすっと履けます!!
紐をゆるめる手間はありません!


a0132147_1840139.jpg


*後ろ姿です。

春夏シーズンには、やはり[オックスフォード]が快適ですね。
もちろん秋冬シーズンにも活躍してくれます!


a0132147_18402353.jpg


*アウトソールは[Traction Tred]ソールを採用しています。
クレープソールが持つアーチサポートと軽量性はそのままに、グリップ力を高める溝が特徴です。


------------------------------------------------------------------


a0132147_18403488.jpg


 REDWING [ROMEO] #8142
color : Black “Chrome”
¥34,200+tax


a0132147_18404247.jpg


 *このシューズに使用されているレザー、
Black “Chrome”についてご説明させて頂きます!!

*[ブラック”クローム”]
表面に施された鈍い艶を放つ[ブラック]の塗膜は、オイル、化学薬品に対する耐性を実現する為に施されています。
極めて頑強な、まさにワークブーツの為のレザーです!!


------------------------------------------------------------------


 *REDWING “#8145” & “#8142” [ROMEO] 2015 SS、如何でしたでしょうか?

*新品の時はどうしてもシワも入っていないので、平らな感じに見えてしまうかもしれませんが、履き込む事で表情が生まれて足にもフィットし、見た目も履き心地も劇的に変化してきます!!

*ブーツは靴ひもをいちいち解くのが面倒、とお思いの皆様にも一度是非このサイドゴアにチャレンジして頂きたいと思います!!
履きやすさとデザインの完成度の高さ、根強いファンの多い[REDWING]のサイドゴア[ROMEO]限定モデル、是非お試し下さい!


*最後に皆様にちょっとお見せしたいものがございます・・・!!

昨日、[REDWING]のショールームにお邪魔したのですが、その一角に大きなミシンを発見!!
(奥のブーツと見比べると大きさが解ります!)
その名も[ピューリタンミシン]!!


a0132147_1938035.jpg


*[ピューリタン社製ミシン]は、1905年の創業時から[REDWING]で使われているミシンです。
[Irishi Setter]の裏側の部分のバックスティ(市革)を縫う為にも使われているので、名前をご存知の方も多いと思います!!

[REDWING]独特の[トリプルステッチ]には欠かせないミシンです!!
[ピューリタン]社はなくなってしまいましたが、現在も約30台のこのミシンが[REDWING]社で現役で活躍しています。


a0132147_19381434.jpg


*針のアップです!!
針が3本並んでいるのがご覧頂けますか?
何枚も重ねた分厚い革を縫い合わせるのには、この位大型のミシンのパワーが必要なんでしょうね・・・!!

[REDWNIG]では、このミシンの専任メンテナンスチームが日々の調整・修理から交換部品の製作(!)まで社内で行っているそうです。

*創業当時から変わらない真摯な姿勢でブーツ作りを続ける[REDWING]、みんなで、もっともっと履きましょう(^ ^)!!


 *[twitter]でも随時最新入荷情報をつぶやいております!!
[BLOG]の更新情報もお知らせしておりますので、
フォローどうぞよろしくお願い致します!!

ユーザー名[hts_rs]です!!


本日も、最後までお読み頂きまして、ありがとうございました。
感謝!!


それでは、ご来店を心よりお待ちしております!!


by hts-rs | 2015-07-29 19:49 | Red Wing

NEW : REDWING [Irish Setter] “Oxford” #9895 2015 SS !!


RIVER SIDERの皆様、
ご紹介が遅くなって申し訳ございません!!
*毎シーズンご好評いただいている、REDWING [Irish Setter]の限定復刻シリーズ、2015 SS、満を持して登場したのがこの“Oxford” #9895です!!

*1954年、[Irish Setter]6 inch BOOTSのバリエーションとして発売され、1964年のカタログに掲載されたのを最後に姿を消した[幻のオックスフォード]が、見事に再現されました!!

*ゴロンとした無骨なフォルムが魅力の[OXFORD](短靴)に、ようやく加わった [Irish Setter] “Oxford”、どうぞじっくりとご覧下さい!!



a0132147_2033308.jpg


 REDWING [Irish Setter] “Oxford” #9895
color : Gold Russet “Sequoia”
¥35,500+tax


a0132147_20333943.jpg


*[Irish Setter]は、1950年、[REDWING]社の新たなハンティング・ブーツのシリーズとして誕生しました。
[セコイア]の木の樹皮を使って鞣した、オレンジのトーンを帯びた革[オロ・ラセット・レザー]が猟犬[アイリッシュ・セッター]の毛色に似ていた事がその名の由来です。


a0132147_20335036.jpg


*1952年、底の平らなクッション性の高い白い[クッションクレープソール]が、採用され、それをきっかけに高い評価を得る事となり、後に[ペコス]や[チャッカ]等のバリエーションが加えられました。

*1954年、[Irish Setter]”OXFORD”も、そうした初期のバリエーションとして誕生しました!!



a0132147_20335730.jpg


*つま先部分をご覧ください!


*[縫い合わせモカ]

6インチブーツと同じ、二つのパーツを縫い合わせたモカ。
通常のREDWINGのOXFORDは、縫い合わせではなく、型押しでモカシン部分を仕上げています。



a0132147_2034767.jpg


*[レザー・シューレース]

[Irish Setter]発売当初は革のシューレースが付けられていました。
このクラシカルなディテールも再現しています。
(イエロー&ブラウンのシューレースも付属しますので、コーディネートに合わせて付け変えてお楽しみ下さい)



*[レクタングル・バータック・ステッチ]

一番下のアイレットの更に下にある四角いステッチに注目して下さい!
これは[レクタングル・バータック・ステッチ]と呼ばれる、 1980年代まで、腰革のカン止め補強として縫われていた長方形(レクタングル)のカン止めステッチを再現したものです。

*型紙の改良等の理由で廃止となったこのステッチを再現する為に、引退した技術者を工場に呼び(!!)、専用の機械のメンテナンスを行わなければなりませんでした。
地域の人々との繋がりを持ち続ける[REDWING]社ならではのエピソードです。



a0132147_20341773.jpg


*[サイズ刻印]

写真には写っていませんが(失礼しました)、サイズ表記はヒール裏に刻印されています。
これも当時の仕様のままです。



a0132147_20342578.jpg


*[アイリッシュ・セッター]織りタグ

猟犬[アイリッシュ・セッター]をデザインしたタグは、[織りタグ]、[プリントタグ]、[半円形タグ]等、時代と共に変化を続けました。
今回の[Irish Setter]には1950年代登場当初の[織りタグ]を採用しています。


a0132147_20343620.jpg


*かかと部分も通常のOXFORDとは異なり、ライニングの付かない一枚革の[腰革]を[市革]で縫い合わせてあります。


a0132147_20344413.jpg


*ソールは[TRACTION TRED](トラクショントレッド)、
1958年に[アイリッシュ・セッター]に採用されていたクッションクレープソールが持つアーチサポートと軽量性能はそのままに更にグリップ力を高めたソールです。


------------------------------------------------------------------

*最後に1950年代の[Irish Setter] OXFORD (実物)をご覧ください!!


a0132147_20345315.jpg


*この丸みのあるフォルム、そしてアメ色に輝く[オロ・ラセット・レザー]、当時はこんな色でした。
今回の復刻も、[実物]に限りなく近い素晴らしい仕上がりです!!

*[OXFORD]は、[6 inch BOOTS]とはまた違った[靴]としての魅力がありますね。

*脱ぎ履きもしやすく、一年を通じてお使いいただける[Irish Setter] OXFORD、[オックスフォード](短靴)は毎年春夏シーズンに新作が発売されます!
今年のラインナップは、サイドゴアの[ROMEO]、、クラシックドレス・ラインの[Caverly Chukka]、そして[Irish Setter] OXFORDと、いずれも[最強]の逸品揃い、どれを選んでも間違いありません!!
是非店頭で実際にお試し下さい!!


*[twitter]でも随時最新入荷情報をつぶやいております!!
[BLOG]の更新情報もお知らせしておりますので、
フォローどうぞよろしくお願い致します!!

ユーザー名[hts_rs]です!!


本日も、最後までお読み頂きまして、ありがとうございました。
感謝!!


それでは、ご来店を心よりお待ちしております!!


by hts-rs | 2015-05-09 22:00 | Red Wing

NEW : RUSSELL MOCCASIN CO.[Sporting Clays Chukka] & [Knock-A-Bout Boot with Strap] !!


RIVER SIDERの皆様、
2014年もあと残り僅かとなりました・・・!!
今年も[RIVER SIDE]をかわいがって頂き、感謝致します!!
どうもありがとうございました!!

*来年も[RIVER SIDE]が厳選した、流行を超えた[スタイル]の
あるアイテムをさらに増やしていきたいと思います!!
2015年の[RIVER SIDE]も是非ご期待下さい!!

さて、2014年最後のBLOGを飾るのは、創業から100年以上経った現在でも[オールハンドメイド]でハイクオリティーなモカシンシューズを作り続けているブランド、ご存知[RUSSELL MOCCASIN](ラッセル・モカシン)の[スポーティング・グレー](クレー射撃)用シューズ[Sporting Clays Chukka]、そしてシューレースの無い、脱ぎ履きが容易に出来る、ローファー(怠け者)ブーツ、[[Knock-A-Bout Boot]です!!

*いずれもオーダーから[2年半待ち]でようやく届いた超稀少品!!
いつかは[RUSSELL]を、とお考えの皆様は是非この機会にご検討頂きたいと思います!!


それでは、どうぞじっくりとご覧下さい!!


a0132147_1184142.jpg

         *画像をクリックして下さい。

RUSSELL MOCCASIN
左から :
[Knock-A-Bout Boot with Strap]
color : G. Choco Brown Weather Tuff Suede/Tan Laramie Suede
¥89,000+tax

[Sporting Clays Chukka]
color : Brown Navigator
¥88,000+tax

------------------------------------------------------------------


a0132147_1182567.jpg


RUSSELL MOCCASIN
[Sporting Clays Chukka]

color : Brown Navigator
¥88,000+tax


a0132147_1174493.jpg


*[スポーティング・グレー](クレー射撃)用に作られたチャッカブーツです。
ハンティングやキャンプ他あらゆる用途に対応してくれる、オールハンドメイドのシューズ。
[RUSSELL MOCCASIN]のラインナップの中でも最もポピュラーなデザインの一つです。
今回使用している素材[Brown Navigator]は、ベーシックにお使い頂けるカラー、まず一足持つには理想的な[RUSSEL]です!!


a0132147_1165938.jpg


*やわらかく鞣されたレザーが足を包み込むような履き心地は[RUSSELL]のシューズの特徴、足首にあたる革も柔らかく、新品の状態で履いても足の痛みや靴擦れの心配もありません。


a0132147_1171087.jpg


*[レザー]のアップです!!
使用レザーは[Brown Navigator]と呼ばれる[茶色]の[ベジタブルタンニングレザー]、しっとりとした艶と高級感のある革です。


a0132147_1171445.jpg


*シューズの内側は[内張りなし]、シンプルな作りのモカシンシューズです。


a0132147_1163265.jpg


*アウトソールの上、横に張られた[船底]型の革は[モルテッドソール]と呼ばれています。
[内張りなし]の一枚革+[モルテッドソール]の構造は[RUSSELL MOCCASIN]において、[ダブルモカシン]と呼ばれる仕様です。

*今回の[Sporting Clays Chukka]のスペシャルな仕様は、写真中央に見える[ブローギング](穴飾り)!!
現在は[ウィングチップ]等のドレスシューズに見られる装飾ですが、本来[ウィングチップ]はアイルランドやスコットランドの湿地で履かれていた[作業靴]でした。

*特徴的な[穴飾り]も、本来は装飾ではなく、中まで濡れてしまった靴が乾きやすいように設けられた通気用の穴だったものです。
この[RUSSEL]はその伝統を継承しています!!


a0132147_1155173.jpg


*後ろから見ても安定感のあるしっかりとした作りが解ります。


a0132147_1155069.jpg


*ソールは[2060 Vibram]、[EVA素材]を使用した、より薄く、見た目と履き心地の双方で軽量化を図ったソールです。
あらゆるブーツと相性が良いソールです!!
ソールの交換も可能ですので(国内で行います)お気軽にお申し付け下さい。


------------------------------------------------------------------


a0132147_1153327.jpg


RUSSELL MOCCASIN
[Knock-A-Bout Boot with Strap]

color : G. Choco Brown Weather Tuff Suede/
Tan Laramie Suede
¥89,000+tax

*[RUSSELL MOCCASIN]のラインナップの中でも高い人気を誇るこのモデルは、シューレースの無い、脱ぎ履きが容易に出来る、ローファー(怠け者)ブーツ!!
足を締め付けないストレスの無さは、フィールドへの散策やキャンプサイト、もちろん街でも快適に過ごせます!!


a0132147_1153831.jpg


*今回は全体の印象を引き締めつつ、よりフィット感のある履き心地が楽しめるストラップを装備、さらに履き口部分がアーチ状に広がった、より足入れがスムーズな仕様、[Vintage]のウエスタンブーツを思わせるデザインに仕上がっています。

*素材はチョコレートブラウンの[Weather Tuff Suede]と、[Laramie Suede]のコンビの渋いカラーリングです!!


a0132147_1153210.jpg


*このブーツのソールも[2060 Vibram]を採用しています!!


------------------------------------------------------------------


*最後に[RUSSELL MOCCASIN CO.]について
改めてご説明させて頂きます!!

*[RUSSELL MOCCASIN](ラッセルモカシン)は、1898年にアメリカのウィスコンシン州に設立されました。
創業者の[Will Russell]氏が、森林伐採作業を行う[木こり]の為に、ハンドメイドでブーツを作ったのが始まりでした。
そのクオリティーは、すぐに他の[猟師]達にも評価されるようになり、[RUSSELL]社の評判が広がります。
その後、1920年代に加わった [Bill Gustin]氏の手腕により、
現在の製品群に近い幅広いラインアップが開発・生産されるようになりました。

*設立から100 年以上たった現在でも、昔とまったく変わらない製法で、少数の熟練した職人によりすべての靴が作られています。
厳選した良質な一枚革を使用し、足全体を包み込むように作るモカシン製法は、耐久性・耐水性、そして最高の履き心地を兼ね備え、長く履きこなせるクオリティの高さは、今も多くの人に支持されています。
一足ごとにハンドメイドにて生産されるため、希少性の高いブランドでもあります。
もちろん、ラスト(靴型)の制作、皮の裁断から縫製にいたるまでの全工程が手作業で行われています。
また自分達が作るモカシンシューズに誇りを持って[True Moccasin Construction](=真のモカシン構造)と呼んでいます。


------------------------------------------------------------------


*RUSSELL MOCCASIN CO.[Sporting Clays Chukka] & [Knock-A-Bout Boot with Strap]、如何でしたでしょうか?

*店頭にはまだまだおすすめの[RUSSELL]がございます、が、
在庫も残りわずかとなりました!!
是非併せてCHECKお願い致します!!



a0132147_1151697.jpg


RUSSELL MOCCASIN CO.
[Sporting Clays Chukka]

color : Laramie Suede ¥67,800+tax


a0132147_114505.jpg


RUSSELL MOCCASIN CO.
["PREMIER" COUNTRY OXFORD]

color : MULTI /Brown ¥69,800+tax


*[twitter]でも随時最新入荷情報をつぶやいております!!
[BLOG]の更新情報もお知らせしておりますので、
フォローどうぞよろしくお願い致します!!

ユーザー名[hts_rs]です!!


本日も、最後までお読み頂きまして、ありがとうございました。
感謝!!


それでは、ご来店を心よりお待ちしております!!


by hts-rs | 2014-12-30 01:34 | RUSSELL MOCCASIN

RUSSELL MOCCASIN CO.[Sporting Clays Chukka] & ["PREMIER" COUNTRY OXFORD]


RIVER SIDEDRの皆様、
もう夏が終わったかの様な肌寒さですね!!
この隙に、暑い時は見る気になれなかった(笑)秋物アイテムを是非CHECKして頂きたいと思います!!
[POST]や[REDWING]等の最新モデルの他にも、流行を意識せず、長きに渡り愛用して頂きたい魅力的なアイテムが[RIVER SIDE]には沢山ございます!!

本日はそんなアイテムの一つ、[RUSSELL MOCCASIN]を代表する人気の高さを誇る名品、[Sporting Clays Chukka]、そして[パーツ]毎に異なるレザーを使った[プレミアム仕様]の["PREMIER" COUNTRY OXFORD]をご紹介させて頂きます!!

*ご存知[RUSSELL MOCCASIN](ラッセル・モカシン)は、創業から100年以上経った現在でも[オールハンドメイド]でハイクオリティーなモカシンシューズを作り続けている、季節を問わず、大人のカジュアルスタイルに欠かす事の出来ないブランドです!!


それでは、どうぞじっくりとご覧下さい!!


a0132147_21283142.jpg

         *画像をクリックして下さい。

RUSSELL MOCCASIN CO.
[Sporting Clays Chukka]

color : Laramie Suede ¥67,800+tax


a0132147_2128530.jpg


*[Sporting Clays Chukka]は、その名の通り[スポーティング・グレー](クレー射撃)用に作られた靴ですが、アウトドアでの使用にも、街でのコーディネートにも大活躍してくれる、優れた機能性とデザイン性、そして抜群の履き易さを兼ね備えた素晴らしいシューズ!!

*[RUSSELL MOCCASIN]は、創業から100年以上経った今でも[Made in USA]にこだわり続ける信頼のブランドです!!


a0132147_21275427.jpg


*ソフトな感触のレザーが足を包み込むような履き心地は[RUSSELL]のシューズの特徴、足首にあたる革も柔らかく、新品の状態で履いても足の痛みや靴擦れの心配もありません。


a0132147_21271166.jpg


*[レザー]のアップです!!
サンドカラーの[Laramie Suede](ララミー・スエード)は、[RUSSELL]レザーの中でもポピュラーな革、コーディネートもしやすく、汚れる程により味わい深く変化していきます。


a0132147_2127287.jpg


*シューズの内側は[内張りなし]、シンプルな作りのモカシンシューズです。


a0132147_21271296.jpg


*斜め後ろから見ても機能美溢れる美しさ・・・!!


a0132147_21273259.jpg


*ソールの上部、横に張られた[船底]型の革は[モルテッドソール]と呼ばれています。
[内張りなし]の一枚革+[モルテッドソール]の構造は[RUSSELL MOCCASIN]において、[ダブルモカシン]と呼ばれる仕様です。


a0132147_21254617.jpg


*後ろから見ても頑丈な作りがよく解ります。


a0132147_2126993.jpg


*ソールは[2060 Vibram]、[EVA素材]を使用した、より薄く、見た目と履き心地の双方で軽量化を図ったソールです。
あらゆるブーツと相性が良いソールです!!
ソールの交換も可能ですので(国内で行います)お気軽にお申し付け下さい。


------------------------------------------------------------------


a0132147_2125949.jpg


RUSSELL MOCCASIN CO. ["PREMIER" COUNTRY OXFORD]
color : MULTI /Brown ¥69,800+tax


a0132147_2125825.jpg


*RUSSELL MOCCASIN [COUNTRY OXFORD]はその名の通りカントリーウォーキングシューズとして誕生しました。
その歴史は、ニューヨークの[Abercrombie & Fitch](今のじゃないですよ!!)の時代に遡ります。

*サポート性を高める5つの[アイレット]、防水加工されたミッドソール、インソールは、(写真にはございませんが・・・また後日UPします)足を包み込むように[一枚革で張られた[ダブルバンプ]製法により、最高の履き心地と、抜群の耐久性、耐水性を誇ります!!


a0132147_21243334.jpg


*各パーツ毎に[RUSSELL]のシューズに欠かせない[Expresso Navigator]、[French Veal]、[Weather Tuff]等のレザーが使用されています!!


a0132147_2124666.jpg


*踵に使用されているのが[Laramie Suede]、質感も含め、味わい深いスエードです。


a0132147_21235529.jpg


*アウトソールは、[Vibram #4014] トラクションソール。
軽量かつクッション性に優れ、山から街まで幅広いシーンで活躍するソールです。
底の波型の形状の鋭さが他のトラクションソールとの大きな違いです。


------------------------------------------------------------------


a0132147_21233877.jpg


*最後に[RUSSELL MOCCASIN CO.]について
ご説明させて頂きます!!

*[RUSSELL MOCCASIN](ラッセルモカシン)は、1898年にアメリカのウィスコンシン州に設立されました。
創業者の[Will Russell]氏が、森林伐採作業を行う[木こり]の為に、ハンドメイドでブーツを作ったのが始まりでした。
そのクオリティーは、すぐに他の[猟師]達にも評価されるようになり、[RUSSELL]社の評判が広がります。
その後、1920年代に加わった [Bill Gustin]氏の手腕により、
現在の製品群に近い幅広いラインアップが開発・生産されるようになりました。

*設立から100 年以上たった現在でも、昔とまったく変わらない製法で、少数の熟練した職人によりすべての靴が作られています。
厳選した良質な一枚革を使用し、足全体を包み込むように作るモカシン製法は、耐久性・耐水性、そして最高の履き心地を兼ね備え、長く履きこなせるクオリティの高さは、今も多くの人に支持されています。
一足ごとにハンドメイドにて生産されるため、希少性の高いブランドでもあります。
もちろん、ラスト(靴型)の制作、皮の裁断から縫製にいたるまでの全工程が手作業で行われています。
また自分達が作るモカシンシューズに誇りを持って[True Moccasin Construction](=真のモカシン構造)と呼んでいます。


------------------------------------------------------------------


*RUSSELL MOCCASIN CO.[Sporting Clays Chukka] & ["PREMIER" COUNTRY OXFORD]、如何でしたでしょうか?

*是非皆様に一度は経験して頂きたいシューズ、[RUSSELL MOCCASIN]、[Sporting Clays Chukka]は現在サイズも揃っておりますので、気になっていた皆様はどうぞお早めにCHECKお願い致します!!


*[twitter]でも随時最新入荷情報をつぶやいております!!
[BLOG]の更新情報もお知らせしておりますので、
フォローどうぞよろしくお願い致します!!

ユーザー名[hts_rs]です!!


本日も、最後までお読み頂きまして、ありがとうございました。
感謝!!


それでは、ご来店を心よりお待ちしております!!


by hts-rs | 2014-08-28 22:20 | RUSSELL MOCCASIN

NEW : HACKETT LONDON [ESPADRILLES] WASHED !!


RIVER SIDERの皆様、
昨日は秋冬のブーツをご紹介させて頂きましたが、本日は季節が夏に逆戻り!!
HACKETT LONDON [ESPADRILLES WASHED]です!!

*コットンキャンバスのアッパーにレザーのインソール、 [HACKETT]のワンポイント刺繍、夏の装いに欠かせない[エスパドリーユ]を[HACKETT]が作るとこうなります!!

*カラーは[BLUE]と[OFF WHITE]の2色、ちょっと気取ったリゾート気分で[SHORT]と合わせてみて下さい!!


それでは、どうぞじっくりとご覧下さい!!


a0132147_0211050.jpg

         *画像をクリックして下さい。

HACKETT LONDON [ESPADRILLES] WASHED
奥から : color OFF WHITE、BLUE
各¥11,000+tax

------------------------------------------------------------------


a0132147_0211972.jpg


HACKETT LONDON [ESPADRILLES] WASHED
color : BLUE ¥11,000+tax


a0132147_0203077.jpg


*[RED]の裏地が印象的な[BLUE]のエスパドリーユ、[HACKETT]らしい、高級感漂う丁寧な作りです、
"WASHED"の名の通り、洗いざらしたコットンキャンバスの風情もお楽しみ頂けます!!


a0132147_0195341.jpg


*横から見ると踵にワンポイントの刺繍があるのが見えますか?


a0132147_0195428.jpg


*これは[HACKETT]のワンポイントマーク、英国紳士の装いに欠かせない[ハット]と[傘]を組み合わせたデザイン、ポロシャツにも同じマークが刺繍されていましたね。



a0132147_0183935.jpg


*ここで[エスパドリーユ]についてご説明させて頂きます!!

*[ESPADRILLES]とは、わらじのような素朴なサンダル式履物で、フランスとスペインにまたがる[バスク地方]や[カタルーニャ地方]などの春夏用の靴として知られています。

*スペインでは[エスパルティニャ]と言い、元はスペイン南部やアフリカ北部に分布するイネ科の[エスパルト]から作られたためこの名があります。
現在では黄麻(ジュート)から作った撚りのかかった縄を靴底とし、布で足の甲とかかとを覆っています。

*[フランス]と[スペイン]が[エスパドリーユ]の2大産地で、フランス製が本来のエスパドリーユらしい素朴でシンプルなつくりのものが多いのに対し、スペイン製は高級感のあるしっかりとしたつくりのものが多い。
本日ご紹介させて頂いている[HACKETT]の[エスパドリーユ]は、[スペイン製]です!!


a0132147_017797.jpg


*この[エスパドリーユ]は、裏地付き、インソールはレザーを貼る等、かなり丁寧な作りになっています。


a0132147_0175480.jpg


*ゴムのアウトソールが付きます。
グリップし、足にもやさしい作りです。


------------------------------------------------------------------


a0132147_0172939.jpg


HACKETT LONDON [ESPADRILLES] WASHED
color : OFF WHITE ¥11,000+tax


a0132147_016335.jpg


*こちらは色違いの[OFF WHITE]、裏地やインソールの色は[NAVY]です!!


a0132147_0154985.jpg


*刺繍も[NAVY]です!!


------------------------------------------------------------------


*HACKETT LONDON [ESPADRILLES] WASHED、
如何でしたでしょうか?

*[エスパドリーユ]はトラディショナルな夏のシューズですが、今年は特に注目が高まっている様です!!
夏になると履きたくなる、素足に心地よい[エスパドリーユ]、今年はこの[HACKETT]のバージョンを是非お試し下さい!!

*[twitter]でも随時最新入荷情報をつぶやいております!!
[BLOG]の更新情報もお知らせしておりますので、
フォローどうぞよろしくお願い致します!!

ユーザー名[hts_rs]です!!


本日も、最後までお読み頂きまして、ありがとうございました。
感謝!!


それでは、ご来店を心よりお待ちしております!!


by hts-rs | 2014-07-21 00:33 | HACKETT LONDON

NEW : [NICK'S BOOTS] "OXFORD 4inch" Oiled & Rough Out Leather !!


RIVER SIDERの皆様、
この所[BLOG]の更新をサボり気味で申し訳ございません(汗)!!
そうこうしている内に店頭には新作アイテムが続々と入荷してきております!!
本日は新作の中でも[超おすすめ]の、季節を問わずに履いて頂きたい素晴らしい[ブーツ]をご紹介させて頂きます!!

*[NICK'S BOOTS] "OXFORD 4inch"です!!

*[NICK'S BOOTS] は、あの[WHITE'S BOOTS]で修行を積んだ職人[Nick Blahcuzyn]氏が1964年に創業した[カスタムブーツ]専門のファクトリー、全ての工程を[ハンドメイド]で仕上げるアメリカでも実力No.1と言われるブーツメーカーです!!

*[オイルドレザー]と[ラフアウトレザー]、[ヌバック]のコンビで仕上げた、存在感抜群のアッパー、やや短め[4インチ]の[ミッドカットブーツ]は、足首をすっぽりと覆う[ロングブーツ]よりも通気性が良く、脱ぎ履きも容易、更に重要なのが、ソール交換を繰り返しても足に馴染んだ履き心地を保つ[ハンドソーンウェルテッド]製法で作られている事!!
まさに、[一生涯]手放せない[相棒]として共に生きて行ける[ブーツ]です!!


それでは、どうぞじっくりとご覧下さい!!


a0132147_212533.jpg

         *画像をクリックして下さい。

------------------------------------------------------------------


a0132147_212679.jpg


[NICK'S BOOTS] "OXFORD 4inch"
Oiled & Rough Out Leather

color : Chocolate
¥90,800+tax

*ブーツの[シャフト](足首を包む部分)には[オイルドレザー]、[ヴァンプ](つま先から甲の革)と[カウンター](踵)部分には[ラフアウトレザー]を使用した[コンビ]仕様の[ミッドカットブーツ]です!!


a0132147_2114222.jpg


*この頑固で手強そうな風情をご覧下さい(笑)!!
じっくりと時間を掛けてあなたの足に馴染ませて下さい!!
その苦労(?)に十二分に応えてくれるブーツです!!


a0132147_2111226.jpg


*[タン]は[シャフト]と一体になっているので雨や泥等の侵入を防いでくれます。


a0132147_2111097.jpg


*この色合い、このレザーの質感、堪りませんね!!
[ラフアウトレザー]は、レザーの内側を表面に出した革なので雨にも強く防水性もあります。
ガンガン履いてより[味わい]と[迫力]を出して下さい!!

*シューレースは[レザー]のタイプも付属します。


a0132147_2104771.jpg


*エッジのステッチは2周。
[ヴァンプ]、[ミッドソール]、[アウトソール]を[ハンドソーンウェルテッド]製法で強固に縫い合わせています。



*ここで[NICK'S BOOTS]に採用されている、
[ハンドソーンウェルテッド]製法について
ご説明させて頂きます・・・。

*[ハンドソーンウェルテッド]製法とは、靴作りが機械化される以前、数百年も前から伝わる手縫い靴の代表的な製法で、現在は、手間と時間と材料費が高価な事から既製靴が店頭に並ぶ事は稀で、高級フルオーダーの靴(10万、20万〜)である事が多い製法です。

*厚みが4mm前後もある[中底](インソール)とその厚みの中に麻糸を通し、[アッパー](甲革)と[ウェルト](細革)を縫い合わせ、その[ウェルト]に対して[底材]を縫い合わせるという複雑な構造をしています。
(文章だけだと解りずらいですね・・・)

*中底が厚く、しっかりとしていて構造的にも頑丈で安定感があり、型くずれせず、何度でも[ソール交換]可能なこの製法は多くの材料と技術、時間が必要な為、コストが掛かってしまいますが、昔から[手縫い靴]は高価であり、何度も修理して履くのが当たり前だったので、修理がしやすい作りになっているのです。

*今でこそ、この手間と時間の掛かる製法を機械化した[グッドイヤー・ウェルテッド]製法が高級靴の中でも一般化されていますが、足の形に馴染んだ[中底]をそのまま使い続ける事が出来る、リペアによるダメージを[インソール]が受けない事が[ハンドソーンウェルテッド]製法の大きな特徴で、履き心地も含めて[一生物の靴]と呼べる靴の製法なのです!!


a0132147_2103251.jpg


*後ろ姿です。
踵上の[フィンガープルループ]は、デザインの面でも全体を引き締め、ブーツを履く時にも靴べら要らずで実用的でもあります。


a0132147_295577.jpg


*[アウトソール]は[Vibram #2021]を使用。
クッション性が高く軽量で、歩行中の足への軽減するソールです。
この厚みが、重量感のあるブーツとバランス良く調和してくれます。


------------------------------------------------------------------


a0132147_292862.jpg


[NICK'S BOOTS] "OXFORD 4inch"
Nubuck & Oiled Leather

color : Black
¥90,800+tax


a0132147_291186.jpg


*こちらはブーツは、[シャフト]には[ヌバック]、[ヴァンプ]と[カウンター]には[オイルドレザー]を使用しています!!


a0132147_28527.jpg


*シンブルなデザインに素材の変化を持たせる事でよりプレミアムな印象に仕上がっています!!


------------------------------------------------------------------


*最後に[NICK'S BOOTS]について
ご説明させて頂きます・・・!!


a0132147_283978.jpg


*1964年創業のブーツメーカー[NICK'S BOOTS](ニックス・ブーツ)は、[Nick Blahcuzyn]氏により、アメリカ・ワシントン州スポーケンにて設立されたカスタム専門ファクトリーです。
彼は、ご存知[WHITE'S BOOTS]社で職人として修行積んだ経験を持つ人物です!!

*[最高品質の物を手作業で作り上げる]をモットーに設立以来約半世紀、世代を超えて受け継がれた伝統技術と選び抜かれた素材で最高品質のブーツを作り続け、[ハンドソーンウェルテッド]、[ステッチダウン]をメインに[グッドイヤー・コンストラクション]の[すくい縫い]も全て[手作業]で行う実力No.1ブーツメーカーです!!

*創業以来、確実にアメリカ全土にシェアを広げ、アメリカ中の[消防士]や[森林警備隊]に最も信用され愛用されているブランドの一つでもあります。


------------------------------------------------------------------


*[NICK'S BOOTS] "OXFORD 4inch" Oiled & Rough Out Leather、如何でしたでしょうか?

*この夏はTシャツにデニムに[NICK'S BOOTS]、これで決まりですね!!
[chocolate]か[Black]か、どちらが良いか店頭でもじっくりご覧下さい(笑)!!


*最後にお知らせです!!
実は、今回ご紹介させて頂いた[NICK'S BOOTS]、まだまだございます!!



a0132147_28222.jpg


[NICK'S BOOTS] "OXFORD"
Oiled & Rough Out Leather

奥から : color : Tan、Walnut、Black、Chocolate
各¥78,000+tax

*こちらは完全な[OXFORD]タイプ(短靴)のブーツです。
もちろん[オールハンドメイド]、[ハンドソーンウェルテッド]製法で作られています!!
こちらも要CHECKお願いします!!



*[twitter]でも随時最新入荷情報をつぶやいております!!
[BLOG]の更新情報もお知らせしておりますので、
フォローどうぞよろしくお願い致します!!

ユーザー名[hts_rs]です!!


本日も、最後までお読み頂きまして、ありがとうございました。
感謝!!


それでは、ご来店を心よりお待ちしております!!


by hts-rs | 2014-05-17 02:29 | OTHERS

NEW : REDWING [FOREMAN] Chocolate "Chrome" & [WORK OXFORD] Hawthorn "Abilene" Roughout !!


RIVER SIDERの皆様、
本日は、[REDWING]2014春の新作シリーズ第二弾!!
注目の限定モデル[FOREMAN](フォアマン)、そして春夏シーズンの[REDWING]と言えばこれ!!
[WORK OXFORD](短靴)の[Hawthorn "Abilene" Roughout ]バージョンをお送り致します!!

*工場で働く[フォアマン](工事現場・工場等の監督, 職長)達の為に開発されたワークブーツ・ラスト(靴型)のオックスフォード・シューズ、[FOREMAN]は、厚みのある革と、ミッドソールを備えたワークブーツ並みの頑丈な作り!!

*[REDWING]のラインナップの中で最もベーシックなカラーの[ラフアウトレザー]、[Hawthorn "Abilene" Roughout ]の[WORK OXFORD]は、発売を待ちわびていた方も多いと思います!!

*[オックスフォード・シューズ]は、毎年春夏シーズンに展開される靴ですが、ブーツよりも脱ぎ履きがスムーズでむれにくい快適さから、一年通じて愛用される方も増えています!!

それでは、どうぞじっくりとご覧下さい!!


a0132147_024328.jpg

         *画像をクリックして下さい。

REDWING [FOREMAN] #8050
color : Chocolate "Chrome"
sole : Nitrille Cork
¥30,400+tax


a0132147_0235275.jpg


*創業間もない頃がら、サービスシューやオックスフォード(短靴)の生産を行っていた[REDWNG]が、工場で働く[フォアマン](工事現場・工場等の監督, 職長)達の為に開発したシューズ[FOREMAN]です!!


a0132147_0233428.jpg


*1940年代に開発されたワークブーツ・ラスト(靴型)を使用したオックスフォード[#533]をルーツとして作られたこのシューズ[FOREMAN]は、[HHH Grade]の厚みのある革と、ミッドソールを備えた、シンプルなデザインながらワークブーツ並の頑丈な作りが特徴です!!



a0132147_0231199.jpg


*ここで使用レザー、[Chocolate "Chrome"]について
ご説明させて頂きます・・・!!

[Chocolate "Chrome"](チョコレート"クローム")
表面を軽くバフがけして平らにならした後、顔料と合成樹脂を塗って仕上げたレザーです。
独特な艶を持ち、非常に丈夫な事から20世紀初頭からワークブーツに多用されていました。

*履き込んだ時の仕上がりが素晴らしいレザーです!!
[REDWING]の中でも個性的な素材、人とは一味違った[REDWING]をお探しの方にもおすすめです!!


a0132147_022535.jpg


*後ろ姿をじっくりご覧下さい。
踵の縫い目の上部、内側に革が被さるような形状は、
通称[ドッグテール]と呼ばれています。
(ちょっと見えずらいでしょうか・・・?)
ステッチ箇所にかかる負担を回避する為の作りで、元は[POSTMAN OXFORD]等のサービスシューズに採用されていました。


a0132147_0223344.jpg


*アウトソールには[Nitrille Cork]を採用しています。


*ここで[Nitrille Cork](ニトリル・コルク)について
ご説明させて頂きます・・・!!

*[コルク・ソール]は、樹脂に[コルク片]を混ぜて軽量化とグリップ性を高めたもので、20世紀初頭から80年代にかけてワークブーツの靴底として最も一般的に使用されていました。
現在ではウレタンやEVA等の新たな軽量素材が開発され、[コルク・ソール]を使用した製品も減少しました。

*しかし、[ニトリル・コルクソール]の主原料である[ニトリルゴム]は、自動車部品のオイルシール等にも使われる程高い[耐油性]があり、油田地帯で働くワーカー達最も適したソールとして採用されています。


a0132147_022840.jpg


*その[ニトリルゴム]の軽量化を計るため、現在も[コルク]を混入したソールを使用続けています。
ヒール部分を見ると[コルク]が混じっている様子が解りますね。


------------------------------------------------------------------


a0132147_0214791.jpg


REDWING [WORK OXFORD] #8097
color : Hawthorn "Abilene" Roughout
¥30,400+tax


a0132147_0213368.jpg


*1950年に誕生した、アメリカを代表するワークブーツ、ご存知[アイリッシュ・セッター]、その4年後、新たなラインナップに加わったのがこの[OXFORD](ローカットタイプ)でした。
様々なモデルが淘汰されていく中で、70年代に入り一度は姿を消しますが、80年代に再生産され、現在も高い人気を誇る品番です。


a0132147_021320.jpg


*[WORK OXFORD]ならではのディテールの一つ、このモカシン部分の縫い合わせもご覧下さい。

*これは通常の2枚革の縫い合わせでは無く、1枚の革にエンボス(型押し)加工を施し、[アドラーミシン]
(上糸2本、下糸1本で皮を盛りあげながら縫っていくミシンです)で縫い上げたモカシンで、革の切れ目が無く、泥等が詰まる事もありません。


a0132147_0204365.jpg


*このモデルにも[ドッグテール]、付いてますね!!


*使用素材の[Hawthorn "Abilene" Roughout]について、
ご説明させて頂きます・・・!!


*[Hawthorn "Abilene" Roughout](ホーソーン"アビレーン"ラフアウト)

一見すると[スエード]に見えますが、作りは全く異なります!!
多くのシューズメーカーでは、スエードの靴に、一枚革を二枚に薄くスライスし、内側の起毛面のみを使いますが、[REDWING]では、厚手の革をそっくり裏返しにして革の[銀面]を内側に、床面を表にした[ラフアウト]レザーを使用します!!
密な繊維層を持つ[銀面]をそのまま残す為、驚く程頑丈なブーツとなるのです。
単なるスエードとは(失礼!)一線を画す、粗削りな独特の風合いが特徴です。

*[REDWING]では、この[ラフアウト]レザーの事を[アビレーン]と呼んでいます。
[アビレーン]とは、かつて荒くれ者が集う町として名高かったテキサスにある町の名前から取られています。
なんとなく雰囲気が伝わって面白いですね!!

*このベージュ色の[ラフアウト]レザーは、汚れを気にせずガンガン履き込んで頂いた方が、このレザーの持つ魅力が増します!!


a0132147_0202286.jpg


*ソールは[トラクショントレッド]クッション・ウェッジソールを採用。
[アイリッシュセッター]に代表されるお馴染みのソールです。
クレープソールが持つ[アーチサポート]、軽量性に加え、溝を付ける事でグリップ力を高めています。
元はハンターの為に開発されたソールでしたが、クッション性に富むこのソールのやわらかさを通して足下の状態を感知出来る事から、ワーカー達の大きな支持を集めました!!


------------------------------------------------------------------

*REDWING [FOREMAN] Chocolate "Chrome" HHH Grade Leather & [WORK OXFORD] Hawthorn "Abilene" Roughout、如何でしたでしょうか?

*このところ、Tシャツ、靴、Tシャツ、と交互にご紹介している気がしますが、本日、3/13(木)に[POST]の[CRUZER JKT-W]や[ROYAL TRAVELER]新入荷致します!!
今シーズンはどんな素材が使われているか、まずは見てのお楽しみ、
どうぞご期待下さい!!



*[twitter]でも随時最新入荷情報をつぶやいております!!
[BLOG]の更新情報もお知らせしておりますので、
フォローどうぞよろしくお願い致します!!

ユーザー名[hts_rs]です!!


本日も、最後までお読み頂きまして、ありがとうございました。
感謝!!


それでは、ご来店を心よりお待ちしております!!


by hts-rs | 2014-03-13 00:47 | Red Wing

NEW : RUSSELL MOCCASIN CO.[Sporting Clays Chukka] "Laramie Suede" & "Driftwood" !!


RIVER SIDEDRの皆様、
本日は、[BLOG]でご紹介したつもりでしていなかった(!)、
[RUSSELL MOCCASIN]を代表する人気の高さを誇る名品、[Sporting Clays Chukka]をご覧頂きたいと思います!!

*ご存知[RUSSELL MOCCASIN](ラッセル・モカシン)は、創業から100年以上経った現在でも[オールハンドメイド]でハイクオリティーなモカシンシューズを作り続けているブランド、この[Sporting Clays Chukka]は、その名の通り[スポーティング・グレー](クレー射撃)用に作られた靴ですが、アウトドアでの使用にも、街でのコーディネートにも大活躍してくれる、優れた機能性とデザイン性、そして抜群の履き易さを兼ね備えた素晴らしいシューズです!!

*素材は、荒削りな一枚革、サンドカラーのバックスキン[Laramie Suede]、そして、しなやかでタフ、独特の[シボ]が美しい[Driftwood]の2種類をご用意させて頂きました!!

*季節を問わず、大人のカジュアルスタイルに欠かす事の出来ない[RUSSELL MOCCASIN]のシューズ、
それでは、どうぞじっくりとご覧下さい!!



a0132147_23195992.jpg

         *画像をクリックして下さい。

RUSSELL MOCCASIN CO.
[Sporting Clays Chukka]

color : Laramie Suede ¥67,800+tax


a0132147_23202897.jpg


*[スポーティング・グレー](クレー射撃)用に作られたチャッカブーツです。
ハンティングやキャンプ他あらゆる用途に対応してくれる、オールハンドメイドのシューズ。
[RUSSELL MOCCASIN]は、創業から100年以上経った今でも[Made in USA]にこだわり続ける信頼のブランドです!!


a0132147_23193731.jpg


*ソフトな感触のレザーが足を包み込むような履き心地は[RUSSELL]のシューズの特徴、足首にあたる革も柔らかく、新品の状態で履いても足の痛みや靴擦れの心配もありません。


a0132147_23191537.jpg


*[レザー]のアップです!!
サンドカラーの[Laramie Suede](ララミー・スエード)は、[RUSSELL]レザーの中でもポピュラーな革、コーディネートもしやすく、汚れる程により味わい深く変化していきます。


a0132147_23194418.jpg


*シューズの内側は[内張りなし]、シンプルな作りのモカシンシューズです。


a0132147_23183676.jpg


*斜め後ろから見ても機能美溢れる美しさ・・・!!


a0132147_2319717.jpg


*ソールの上部、横に張られた[船底]型の革は[モルテッドソール]と呼ばれています。
[内張りなし]の一枚革+[モルテッドソール]の構造は[RUSSELL MOCCASIN]において、[ダブルモカシン]と呼ばれる仕様です。


a0132147_2318247.jpg


*後ろから見ても頑丈な作りがよく解ります。


a0132147_23181584.jpg


*ソールは[2060 Vibram]、[EVA素材]を使用した、より薄く、見た目と履き心地の双方で軽量化を図ったソールです。
あらゆるブーツと相性が良いソールです!!
ソールの交換も可能ですので(国内で行います)お気軽にお申し付け下さい。


------------------------------------------------------------------


a0132147_231725100.jpg


RUSSELL MOCCASIN CO.
[Sporting Clays Chukka]

color : Driftwood / Black ¥66,800+tax


a0132147_2317825.jpg


*こちらは素材違いの[Driftwood / Black]、ソールの構造も同じ[ダブルモカシン]仕様です!!


a0132147_23164847.jpg


*耐久性としなやかさを兼ね備えたレザー[Driftwood](ドリフトウッド)は、[シボ]の入った銀面が特徴、落ち着きと品格を備えたこのシューズ、この雰囲気は[RUSSELL]ならではのものです!!


------------------------------------------------------------------

*最後に[RUSSELL MOCCASIN CO.]について
ご説明させて頂きます!!

*[RUSSELL MOCCASIN](ラッセルモカシン)は、1898年にアメリカのウィスコンシン州に設立されました。
創業者の[Will Russell]氏が、森林伐採作業を行う[木こり]の為に、ハンドメイドでブーツを作ったのが始まりでした。
そのクオリティーは、すぐに他の[猟師]達にも評価されるようになり、[RUSSELL]社の評判が広がります。
その後、1920年代に加わった [Bill Gustin]氏の手腕により、
現在の製品群に近い幅広いラインアップが開発・生産されるようになりました。

*設立から100 年以上たった現在でも、昔とまったく変わらない製法で、少数の熟練した職人によりすべての靴が作られています。
厳選した良質な一枚革を使用し、足全体を包み込むように作るモカシン製法は、耐久性・耐水性、そして最高の履き心地を兼ね備え、長く履きこなせるクオリティの高さは、今も多くの人に支持されています。
一足ごとにハンドメイドにて生産されるため、希少性の高いブランドでもあります。
もちろん、ラスト(靴型)の制作、皮の裁断から縫製にいたるまでの全工程が手作業で行われています。
また自分達が作るモカシンシューズに誇りを持って[True Moccasin Construction](=真のモカシン構造)と呼んでいます。


------------------------------------------------------------------


*RUSSELL MOCCASIN CO.[Sporting Clays Chukka] "Laramie Suede" & "Driftwood"、
如何でしたでしょうか?

*本日ご覧頂いた以外にも[RUSSELL MOCCASIN]のラインナップ、揃っております!!
是非合わせてCHIECKよろしくお願い致します!!



a0132147_23163283.jpg


RUSSELL MOCCASIN CO. ["PREMIER" COUNTRY OXFORD]
color : MULTI /Brown ¥69,800+tax


a0132147_231645100.jpg


RUSSELL MOCCASIN CO.
[Knock-A-Bout Boot with Strap]

color : Laramie Suede ¥69,800+tax


*[twitter]でも随時最新入荷情報をつぶやいております!!
[BLOG]の更新情報もお知らせしておりますので、
フォローどうぞよろしくお願い致します!!

ユーザー名[hts_rs]です!!


本日も、最後までお読み頂きまして、ありがとうございました。
感謝!!


それでは、ご来店を心よりお待ちしております!!


by hts-rs | 2014-03-07 23:36 | RUSSELL MOCCASIN

NEW : REDWING [SuperSole® WORK OXFORD] "Rough & Tough" SG & Oro-Russet "Portage" 2014 SPRING !!


RIVER SIDERの皆様、
早いもので、もう3月になってしまいました!
皆様、2月中もお引き立て頂きまして誠にありがとうございました!
今月は春夏向けアイテムが続々と入荷してきます!!
入れ替わりも早いので、まだ寒いから、なんておっしゃらずに早目のCHECK、どうぞよろしくお願い申し上げます!!

*さて本日は、入荷したての新作[REDWING]の中から、[SuperSole®]を搭載した[OXFORD](短靴)タイプの[店舗限定]モデルをご紹介させて頂きます!!
[#8021] "Rough & Tough" SG、そして[#8020] Oro-Russet "Portage"です!!

*いずれも[OXFORD]タイプ初の画期的[スーパーソール]モデル、細かい型押しが美しい[SG](スコッチグレイン)、現代の[REDWING]を代表する赤茶[オロラセット ポーテージ]を使用した、春夏に活躍してくれる[ローカットタイプ]のブーツです!!


それでは、どうぞじっくりとご覧下さい!!


a0132147_23591040.jpg

         *画像をクリックして下さい。

REDWING [SuperSole® 6" WORK OXFORD]
奥から : #8020 ORO-RUSETT "PORTAGE"
#8021 Copper "Rough & Tough" SG
各 ¥26,600+tax

------------------------------------------------------------------


a0132147_23583791.jpg


REDWING #8021 [SuperSole® 6" WORK OXFORD]
LEATHER : Copper "Rough & Tough" SG
CONSTRUCTION : SuperSole® WELT
¥26,600+tax


a0132147_2358334.jpg


*アメリカ本国では、現在もワークブーツやバイカーブーツのラインナップに加えられている[SuperSole®]製法、日本では1990年代まで発売されていたものの廃盤となっていましたが、
[SuperSole®]の他のソールには無い快適さを知る熱烈なファンのアピールによって(?!)待望の[限定復刻]を遂げました!!


a0132147_23575812.jpg


*そして今シーズンは[OXFORD](短靴)に、このソールを組み合わせた [SuperSole® 6" WORK OXFORD]バージョン、が発売されました!!


a0132147_23575538.jpg


*使用レザーは[Copper "Rough & Tough" SG](スコッチグレイン)、[RUSSELL MOCCASIN]や[Blucher Moccasin]を彷彿とさせる雰囲気を持っています。
一見すると[REDWING]のシューズとは解らないですね・・・!!


a0132147_23575360.jpg


*レザーのアップです。

ここで使用レザーの[Copper "Rough & Tough" SG]について
ご説明させて頂きます・・・!!

*古めかしいビンテージ感のある[Rough & Tough](オイル分を豊富に含んだ革)に、[スコッチグレイン]の型押しを施したレザー。
着用後、革が折れた箇所の色が明るく変化し、革の表情の変化も楽しめます。



*[スコッチグレイン]とは・・・。

皮革の加工方法のひとつ、表面に細かい粒状のエンボスが刻まれる仕上げで、スコットランドで偶然麦(グレイン)の文様が革についてしまったのが始まりとされています。
[リザード](トカゲ革)を思わせる様な独特の質感を持ち、主にドレスシューズに使用されます。


*[WORK OXFORD]ならではのディテールの一つ、このモカシン部分の縫い合わせもご覧下さい。

*これは通常の2枚革の縫い合わせでは無く、1枚の革にエンボス(型押し)加工を施し、[アドラーミシン]
(上糸2本、下糸1本で皮を盛りあげながら縫っていくミシンです)で縫い上げたモカシンで、革の切れ目が無く、泥等が詰まる事もありません。


a0132147_23564195.jpg


*後ろ姿をじっくりご覧下さい。
踵の縫い目の上部、内側に革が被さるような形状は、
通称[ドッグテール]と呼ばれています。
ステッチ箇所にかかる負担を回避する為の作りで、元は[POSTMAN OXFORD]等のサービスシューズに採用されていました。


a0132147_23562116.jpg


*こちらが[SuperSole®]です!!


ここで、[SuperSole®]についてご説明させて頂きます・・・!!


*1970年に[REDWING]から発売されて好調な売れ行きを記録した、ウレタン素材のソールをアッパーに対して直接射出成形する、底付けとソールの成形を同時に行う製法[CAST 88]。

*1977年、それまでの[CAST 88]に改良を加え、誕生したのが[SuperSole®]製法です。
アッパーにウェルトを縫い付けてからソールモールド(ソールの型)にセットし、ウレタンソールを射出成形するこの製法により、耐久性と柔軟性が増し、それまでは接着力の問題で使用出来なかったオイルドレザーがアッパーに使用出来るようになりました。
[REDWING]ではこの[SuperSole®]製法で特許を取得し、社を代表するワークブーツの製法として、今日でも[レッド・ウィング市]にある自社工場で作り続けています。



*[SuperSole®]の製法について書かれた資料を
ご紹介いたします!!


a0132147_2356040.jpg


"スーパーソールを特別なものにしているのは何か?"

それは、柔軟性と衝撃吸収に優れたウレタン素材本体と、それを覆う耐久性と耐摩耗性に優れた外皮が組み合わされていること。
そして、これらの全てがオイルドレザーで組み立てられたアッパーと、強靭なサーモプラスチックウエルトに取り付けられていること。
これがどの様に作られるかをここに紹介する。

1、撥水性能を持ったオイルドレザーのアッパーに、耐油性のサーモプラスチックウエルトが縫い付けられる。

2、足にフィットするように起伏を持たせたモールドに、ウエルトが縫い付けられたアッパーがセットされる。

3、液状のスーパーソールウレタン素材がモールドに注がれる。

4、化学反応によって液状のスーパーソールが発泡して膨らみ、モールドの中を完全に埋め尽くし、スーパーソールがアッパーとウエルトに対して強力に固着される。

5、モールドに接したウレタンが硬化することで強靭な外皮が形成され、高いグリップと耐久性をもたらす。

6、ウレタンの微細な気泡が、幾千もの衝撃吸収エアポケットとなり、歩行時に足を支えるクッションとなる。


------------------------------------------------------------------


a0132147_23553926.jpg


REDWING #8020 [SuperSole® 6" WORK OXFORD]
LEATHER : ORO-RUSETT "PORTAGE"
CONSTRUCTION : SuperSole® WELT
¥26,600+tax


a0132147_23553126.jpg


*こちらは、[アイリッシュ・セッター]のカラー、と言うイメージが定着してる今日の[REDWING]を代表するレザー、[ORO-RUSETT "PORTAGE"]を使用したバージョンです。


a0132147_2355020.jpg


*従来の[ORO-RUSETT "PORTAGE"]よりもやや赤味の強い印象の今回のレザー、履き込む程に深まる味わいをお楽しみ下さい!


a0132147_23543593.jpg


*レザーのアップです。
モカシン部分のステッチは[ホワイト]、赤茶に映えていますね!


------------------------------------------------------------------


*REDWING [SuperSole® WORK OXFORD] "Rough & Tough" SG & Oro-Russet "Portage" 2014 SPRING、
如何でしたでしょうか?

*本日ご紹介させて頂いた以外にも[REDWING]の新作、入荷しております!!
工場で働くフォアマン向けのワークシューズ[FORMAN SHOES]、ラフアウトレザーの[WORK OXFORD]等々、[Twitter]、[BLOG]で順次ご紹介させて頂きますが、是非店頭でもCHECKお願い致します!!



*[twitter]でも随時最新入荷情報をつぶやいております!!
[BLOG]の更新情報もお知らせしておりますので、
フォローどうぞよろしくお願い致します!!

ユーザー名[hts_rs]です!!


本日も、最後までお読み頂きまして、ありがとうございました。
感謝!!


それでは、ご来店を心よりお待ちしております!!


by hts-rs | 2014-03-02 00:20 | Red Wing